Mojam

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
ModJam」あるいは「Mojang」とは異なります。
Mojam
ウェブサイト

https://www.humblebundle.com/

Humble Bundle Mojamは、Mojangの班と他の開発者がビデオゲームの著作集(「バンドル」)を作成し、購入者が決定した価格でオンラインで販売・配布する、年に一度の慈善行事である。バンドルの売り上げは、開発者、創作者、Humble Bundleの運用者、Child's Play、電子フロンティア財団、charity: water、アメリカ赤十字社を含む複数の慈善団体の間で分割され、購入者はこれらのグループの間で収益の分割を決定できる。

Humble Bundle Mojam[編集 | ソースを編集]


最初のMojam行事は2012年2月17日に開催され、60時間に及んだ。この間Mojangは、「Catacomb Snatch」という全く新しいゲームを一から作った。このゲームは、投票の多かった部門と少なかった部門が混在した投票結果を利用しており、「RTS・シューティング」と「スチームパンク・古代エジプト」を題材にしている。Humble Indie Bundleのウェブサイトでは、開発の様子を生配信で紹介し、寄付を募った。バンドルにはOxeye Game Studioの「Fists of Resistance」とWolfire Gamesの「The Broadside Express」も含まれている。Oxeye Game Studioのゲームは投票の二次的な選択肢を利用し、第二次世界大戦後の週末世界を題材にした「dungeon crawler-beat 'em up」を作り、Wolfire GamesはMojangのCatacomb Snatchと同じ部門と題材のゲームを作った。[1]

60時間は44万ドル以上の売り上げで終了し、7万9000個以上のバンドルが販売された。しかし、販売は一時的に延長され、「ラストチャンス」の購入が可能となった。販売は正式に終了し、81581個のバンドルが配布され、合計458329.98ドルの売り上げとなった。全額は4つの慈善団体に寄付された:Child's Play、電子フロンティア財団、charity: water、アメリカ赤十字社[2]

Humble Bundle Mojam 2[編集 | ソースを編集]


2013年2月20日、Mojangは「Humble Bundle Mojam 2」を発表した。[3][4] 最初のMojamと同様、Mojangは潜在的なゲームの構想の提案を受け、78時間でゲームを開発した。今回のMojamでは、Oxeye Game Studio、Wolfire Games、Vlambeer、Grapefrukt Games、Ludosityなどの開発者もゲームを制作している。

収益はすべて電子フロンティア財団とMojangの慈善事業であるBlock by Blockに寄付された。[5] 寄付金の中には匿名の型からの10万ドルの寄付も含まれていた。[6] 50万ドルの目標達成後、Notchは髭を剃った。

Humble Bundle Games Ageinst Ebola[編集 | ソースを編集]

2014年のMojangはMojamを行わず、「Games Against Ebola」に参加した。この行事は、貧困や緊急事態の影響を受けた人々の健康と生活の向上のため、ケアに必要な必須の医療資源を動員した提供を目的とした非営利団体Direct Reliefを支援している。

MojangはDocktorHealthcore EvolvedSnake Oil Stanleyを制作し、元従業員のTobias MöllstamShipment-23を制作した。

Humble Blockjam Bundle[編集 | ソースを編集]

Humble Blockjam Bundle[7]は2016年11月8日15日に開始され、2016年11月11日12時(CET)に終了した。Blockjamには、レッドモンドとストックホルムの両事務所のMojang開発者、Grapefrukt、Ludosity、Oxeye Game Studioの若き成功者の数班が参加した。収益の100%が、世界中の貧しい地域の公共空間に資金を提供するBlock by Blockという発案団体に寄付された。これらの団体社会の加入者はMinecraftを利用して最終的な企画に影響を与えている。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 干草の俵は、Mojam 2のバンドルのゲームの1つであるNuke the Dinosaursのファイル内にある実験用のスクリーンショットで最初に発見された。[8]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. Rose, Mike (2012年2月15日)。 「MojangとHumble Indie Bundleが連携して慈善ゲームを制作」。Gamasutra。2013年3月3日に取得。
  2. Rose, Mike (2012年2月20日). 「MojangとHumble Indie Bundleのゲームジャムが慈善事業の為$458Kを調達」。 Gamasutra。2013年3月3日に取得。
  3. 「Humble Bundle Mojam 2を紹介!」。 Humble Mumble。 Humble Bundle。 2013年2月20日。2013年3月3日に取得。
  4. Owen (2013年2月19日)。 「明日はMojamを開催!」。 Mojang。 2013年3月3日に取得。
  5. Chalk, Andy (2013年2月20日)。 「Humble Bundle Mojam 2 Livestreamsは興奮」。 The Escapist。 2013年3月3日に取得。
  6. 「Mojang班:誰かが10万ドルを寄付!」。 Mojang。 Twitter。 2013年2月21日。 2013年3月3日に取得。
  7. https://www.mojang.com/2016/11/the-humble-blockjam-bundle-is-about-to-begin/
  8. karthus25 (2013年2月24日)。 「Mojam2のファイルの1つに隠されていた新しいブロックを発見しました(詳細はコメントをみて下さい)」。 Reddit。 2013年3月3日に取得。

外部リンク[編集 | ソースを編集]