Minecraft Wiki:利用者権限

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Gear (item).gif
このMinecraft Wikiのページは作業中です。 
このMinecraft Wikiのページを編集して、Minecraft Wikiのページの作成にご協力ください。
議論ページには何か提案があるかもしれません。

利用者権限は、利用者に特定の操作を行う権利を与えるためのものです。一部はアカウントの作成時や一定数の編集を行うことで自動的に付与されますが、基本的には管理者やビューロクラットが手動により付与を行います。

権限一覧[ソースを編集]

このページでは、各々の主要な権限がどのような役割を果たすのかを解説することを目的としています。このウィキに存在するすべての権限については特別:利用者グループ権限をご覧ください。

基本的な権限[ソースを編集]

ウィキの特徴の一つとして、基本的にログイン状態に関わらず誰でも編集が行える点があります。ただし、主要なページや荒らしの対象となるページについては、特定の利用者のみが編集できるように保護されている場合があります。また、一定の文字数を超えるの編集や特定の単語をページに含ませる編集を阻止するフィルターも存在します。

ログイン利用者[ソースを編集]

詳細は「MCW:登録利用者」を参照

アカウントを作成した利用者は、ページの移動、ファイルのアップロード、他利用者へのメールの送信などの権限が利用できます。また自動承認された利用者は、半保護されたページの編集やリダイレクトを残さずにページを移動するなど、さらなる編集作業が可能となります。

自動承認された利用者[ソースを編集]

詳細は「MCW:自動承認された利用者」を参照

メールアドレスの登録および認証を行った利用者は、スプライトの編集などが可能になります。

手動で付与される権限[ソースを編集]

オートパトロール[ソースを編集]

オートパトロールは、自身の編集が自動的に巡回されたものとマークされます。通常、巡回はPatrollers(英語)や管理者が最近の更新やページの編集履歴を閲覧した際に、その編集に問題がないかを確認することで行われますが、この権限を持つ利用者が行った編集にはその必要がないと明示されるようになります。この権限は管理者でも利用者に付与することができます。

Patrollers[ソースを編集]

詳細は「MCW:Patrollers(英語)」を参照

Patrollersは、編集を巡回済みとしてマークしたり、利用者の連続した投稿を一括で巻き戻す機能が利用できます。この権限は、信頼のある建設的な編集を行う利用者のうち、他の利用者の編集内容を確認および要求される対処を率先して行うような、この権限の必要性を示した利用者に付与されます。転送ページを作成せずにページ移動できるなど、オートパトロールには含まれない機能を持ち、またこの権限はビューロクラットによって付与されます。現在、日本語版ではこの権限は利用できません。

管理者[ソースを編集]

MCW:管理者一覧」も参照

管理者は、利用者のブロック、ページの保護および削除、全保護されたページの編集、MediaWikiインターフェースの編集、利用者にオートパトロール権限を付与する権利を持ちます。他の権限とは異なり、管理者は一般的にMCT:コミュニティ・ポータル上での議論で一定の支持を得られた利用者に付与されます。ビューロクラットの独断で管理者権限が付与されることは基本ありません。

また、管理者の持つこのウィキでの機能は基本的にGamepedia上で付与されるものと同じです。このページ(英語)では管理者が扱える権利および役割について列挙されています。

ビューロクラット[ソースを編集]

ビューロクラットは、管理者の持つ権利に加え、利用者への権限の付与・除去や、ガイドライン(英語)に準じて特定の編集および記録に関与した内容・要約・利用者の情報を非表示にする機能を持ちます。この権限も管理者同様、コミュニティ・ポータル上での議論において一定の支持を得られ、一定期間管理者を努めた利用者に付与されます。

Directors[ソースを編集]

MCW:Directors」も参照

Directors(ディレクター)は、他言語版ウィキの管理者である利用者に付与される英語版でのローカル権限です。この権限を持つ利用者はDirectors向けに保護されたページを編集する権利を持ち、メインページ(英語)などが編集できます。この権限はビューロクラットによって付与されます。

ボット[ソースを編集]

ボット権限を持つ利用者は、そのアカウントでの編集をボットによる編集としてマークすることができ、最近の更新では既定で非表示の編集となります。これは、ある作業を大量のページに対して行う必要があり、一般利用者が行うと最近の変更がその履歴で埋まってしまうのを防ぐのに有用です。ただし、その目的で一般利用者にこの権限が付与されることは基本なく、通常は信頼を得た利用者が保有するボット専門アカウントに対して与えられます。もしそういった作業が必要な場合は、ボットを保有する利用者に連絡を取ってみることも一つの手です。

ボットの動作には様々なソフトウェアが使用され、代表的なものではAutoWikiBrowserが挙げられます。

その他の権限[ソースを編集]

特別:利用者グループ権限に表示される権限の中には、付与できないようになっているか、未使用の権限も存在します。

利用者調査者[ソースを編集]

利用者調査者は、利用者が編集を行った際のIPアドレスなどの個人情報を閲覧することができます。この権利はMinecraft Wikiを含むGapemedia全体で利用が基本的に認められていません。

インターフェース管理者[ソースを編集]

インターフェース管理者は、サイト全体および個々の利用者のJavaScript、CSS、JSONファイルを編集できる権利を持っています。しかし、この権利は管理者に対し自動的に付与される内容でもあり、管理者ではない利用者への付与が必要となる場面はあまりありません。

ウィジェット編集者[ソースを編集]

ウィジェット編集者は、Widget名前空間を編集できる権利を持っています。しかし、インターフェース管理者と同様に必要となる場面はほとんどないため、この権限が利用されることはありません。

ウィキガーディアン[ソースを編集]

ウィキガーディアンは、Wiki Claim(英語)システムを通じて付与されるもので、主に少人数の管理者で運営可能な小規模ウィキで利用されます。この権限では管理者と同等の権利が利用できますが、ビューロクラットが直接利用者に付与することはできません。基本はGamepediaスタッフが利用者によるClaimを承認した場合のみ、その利用者に対して付与されます。Minecraft Wikiのような大規模なウィキでは、管理者への昇進制度があるためClaimそのものが存在しません。

グローバル利用者権限[ソースを編集]

Global Bots、Global Administrators、Global Bureaucrats、GRASP、Hydra Admins、Gamepediaスタッフはすべてグローバル権限のため、ローカルでは付与できません。