Minecraft: The Crash

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft: The Crash
MinecraftTheCrashCover.jpg
著者

Tracey Baptiste

朗読

January LaVoy

表紙作家

Ian Wilding

アメリカ合衆国

言語

英語

ジャンル

フィクション

収録

Minecraft (VR)

出版社

デル・レイ・ブックス

出版日

2018年7月10日

メディア

印刷、デジタル

ページ数

272

ISBN

978-0-399-18066-8

OCLC

028223323

Minecraft: The CrashはMinecraftの小説第2弾である。著者はTracey Baptisteで、2018年7月10日にデル・レイ・ブックスから出版された。[1]朗読音声も同日発売され、朗読はJanuary LaVoyが担当。

あらすじ[編集 | ソースを編集]

ビアンカは計画に従うのが苦手だ。今すぐに行動して、結果に対処して後回しするタイプの人である。しかし、ビアンカと親友ロニーが車の大事故に遭い、ビアンカは結果は永遠に後回しにできないことを学んだ。

病院で目を覚ましたビアンカは、けがでほぼ半身不随になっていたが、答えることができない新たな疑問に直面する。かわりに、自分のあらゆる願いに答えてくれ、ワールドを失ったと思ったまさにその瞬間にワールドを操縦できるようになる新しいMinecraftのVR版を試してみることにした。この新しいRealmsを探索していると、ビアンカがロニーであると信じている無言の、バグっているアバターに遭遇する。ビアンカは、病院のサーバーで遊んでいる二人の子供、エスメとアントンとチームを組み、友人を救う。

しかし、回復への道は危険がないわけではない。子どもたちは、自分達の恐怖や不安によって生成されたと思われるMobに囲まれており、ビアンカは自分を悩ませてきた不確実性に対処しなければならなくなった:ロニーは本当にゲームの中にいるのか?そして、ビアンカはロニーが現実に戻ってくるのを助けられるのか?

筋書き[編集 | ソースを編集]

Spoiler warning
ネタバレ注意! この節には、Minecraft: The Crashの楽しみを失わせるような詳細な情報が含まれています。
ご自身の責任で閲覧してください!

1–9章

詳細は「Minecraft: The Crash/1CHP」を参照
[編集]

10–18章

詳細は「Minecraft: The Crash/2CHP」を参照
[編集]

19–27章

詳細は「Minecraft: The Crash/3CHP」を参照
[編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「New Book Alert: The Crash」 – Minecraft.net、2018年3月15日

外部リンク[編集 | ソースを編集]