Minecraft Wiki
Advertisement
Gear (item).gif
この記事は作業中です。 
この記事を編集して、記事の作成にご協力ください。
議論ページには何か提案があるかもしれません。
Book and Quill.png
このページは翻訳途中です。 
あなたが内容を翻訳してみませんか?
訳註 
亀甲括弧内の日本語訳は確定したものではありません。今後変更が行われる場合があります。
Minecraft 22w14a
22w14a.jpg
Java Edition 22w14a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2022年4月6日

親バージョン

1.19

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741902
 hex: 4000004E

データバージョン

3088

22w14aは、2022年4月6日にリリースされたJava Edition 1.19に向けた4番目のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、粘土が再生可能資源となったほか、Mangrove Tree〔マングローブの木〕、Mangrove Swamp〔マングローブの沼地〕、Echo Shard〔残響の欠片〕 、Recovery Compass〔復帰コンパス〕の追加、そしてAncient City〔古代都市〕やWarden〔ウォーデン〕に関するバグの修正が行われた。

追加要素[]

アイテム[]

Echo Shard〔残響の欠片〕
  • Ancient City〔古代都市〕のチェストに入っている。
  • Recovery Compass〔復帰コンパス〕のクラフトに使用できる。
Recovery Compass〔復帰コンパス〕
  • プレイヤーが最後に死亡した場所を指し示すことができる、新しい種類のコンパスである。
  • プレイヤーが所持していない場合や、プレイヤーがまだ一度も死んでいない場合、またはプレイヤーが最後に死んだ地点が現在いるディメンションと異なる場合は、コンパスの針はランダムに回転する。
  • 1つのコンパスを8つのEcho Shardで囲うことでクラフトできる。

ワールド生成[]

Mangrove Swamp〔マングローブの沼地〕
  • 青緑色(鴨の羽色)の水をした新しい沼地バイオームであり、ジャングルや砂漠など温かいバイオームの周辺に生成される。
  • 新しい種類の木、Mangrove Tree〔マングローブの木〕が生成される。
    • 独特な形の根を持つ。
    • ハチの巣を伴って生成されることがある。
    • Mangrove Propagule〔マングローブのむかご〕から成長する。
  • 熱帯種のFrog〔カエル〕やスライムが自然にスポーンするが、一方でヒツジやウシ、ブタやニワトリといったMobはスポーンしない。
  • ウィッチの小屋が生成されない。
  • 地表は一層のMud〔泥〕に覆われている。

ゲームプレイ[]

進捗
  • 以下の2つの進捗が追加された。
    • Birthday Song〔バースデー・ソング〕
    • You Got a Friend in Me〔君はともだち〕
      • Allayにアイテムを運んできてもらう
  • 進捗トリガーitem_delivered_to_playerが追加された。
    • Allayがプレイヤーにアイテムを運んできたときに発動する。状況に対応する以下の値をもつ。
      • player:このトリガーを発動させたプレイヤー
  • 進捗トリガーallay_drop_item_on_blockが追加された。
    • Allayがアイテムをブロックに落とした際に発動し、状況に対応する以下の値を持つ。

全般[]

タグ
  • 以下のブロックタグが追加された(コロン以下はそのタグが含む下位タグおよびブロック)。
    • #dead_bush_may_place_on#sand#terracotta#dirtおよびmud
    • #mangrove_logs_can_grow_throughmudmuddy_mangrove_rootsmangrove_rootsmangrove_leavesmangrove_logおよびmangrove_propagule
    • #mangrove_roots_can_grow_throughmudmuddy_mangrove_rootsおよびmangrove_roots
  • 以下のアイテムタグが追加された(コロン以下はそのタグが含むアイテム)。
    • #compassescompassおよびrecovery_compass
  • 以下のエンティティタグが追加された(コロン以下はそのタグが含むエンティティ)。
    • #frog_foodslimeおよびmagma_cube.
  • 以下のゲームイベントタグが追加された(コロン以下はそのタグが含むゲームイベント)。
    • #shrieker_can_listensculk_sensor_tendrils_clicking
  • 以下の「ネコの種類」のタグが追加された(コロン以下はそのタグが含む種類)。
    • #default_spawnstabbyblackredsiamesebritishcalicopersianragdollwhiteおよびjellie
    • #full_moon_spawns#default_spawnsおよびall_black

変更要素[]

ブロック[]

枯れ木
  • Mud〔泥〕の上におけるようになった。
Mangrove Propagule〔マングローブのむかご〕
  • オークの木ではなく、正しくマングローブの木に成長するようになった。
Mud〔泥〕
  • 鍾乳石が下についているブロックの上側に置くと、脱水されて粘土に変化するようになった。

Mob[]

Frog〔カエル〕
  • スライムやマグマキューブを、10の攻撃力を以て実際に倒すようになった。
Warden〔ウォーデン〕
  • プレイヤーに限らず、全ての生きているWardenにぶつかったMobに対して激怒するようになった。

ワールド生成[]

Ancient City〔古代都市〕
  • 既存の子構造物と被っていたので、small_portal_statueintact_horizontal_wall_stairs_upwardtop_piecebottom_pieceとその亜種が削除された。
  • 以下の構造物が変更された。
    • チェスト周辺で発生した振動が必ず下のスカルクセンサーに検知されるように、city_center_2の該当箇所のブロックが微調整された。
    • bottom_1のレッドストーンランプ用のスカルクセンサーが不足していたので追加された。
    • ice_box_1の水色と青色のカーペットが灰色のカーペットで置き換えられた。
  • チェストの中身が以下のように変更された。
    • すべてのチェストについて、1〜3個のEcho Shard〔残響の欠片〕の生成の試行が追加で行われるようになった。
    • city_center_2のチェストの金のニンジン金のリンゴに置き換えられた。

コマンドフォーマット[]

ルートテーブル
  • スライムとマグマキューブのサイズによるドロップアイテムが、サブプレディケートを用いてデータ駆動型になり、ルートテーブルに組み込まれた。
  • Frog〔カエル〕の捕食時のドロップアイテムが、コード内に直接書き込むのではなくそのMobの死亡時のルートテーブルに含まれるようになった。

ゲームプレイ[]

進捗
  • Mangrove swampの踏破が進捗「冒険の時間」の達成に必要になった。
  • player.locationと全く同様に扱われていたため、進捗トリガーlocationslept_in_bedhero_of_the_villageおよびvoluntary_exileからフィールドlocationが削除された。

全般[]

エンティティフォーマット
  • ネコのエンティティフォーマット内のフィールドCatTypevariantに置き換えられた。
    • ネコの種類に対するIDが、従来の数字IDではなく文字列によるIDを用いるようになった(例:5minecraft:calico)。
Player.datフォーマット
  • プレイヤーの最新の死亡地点のブロックの座標を3つの整数で保存するリストposとそのディメンションを保存する文字列dimensionを含むフィールドLastDeathLocationが追加された。
プレディケート
  • フィールドplayerfishing_hooklightning_boltおよびcatTypetype_specificに置き換えられた。
  • type_specificはフィールドtypeplayerfishing_hooklightning_boltまたは catのいずれか)と、削除されたものと同じフィールドをもつ。
  • 従来
 "lightning_bolt": {
   "blocks_set_on_fire": 0
 }
  "type_specific": {
    "type": "lightning",
    "blocks_set_on_fire": 0
  }
  • catTypeは新しいフォーマットに合うように包含され、テクスチャ名ではなくネコの種類名を用いるようになった。
  • 従来
"catType": "minecraft:textures/entity/cat/british_shorthair.png"
 "type_specific": {
    "type": "cat",
    "variant": "minecraft:british"
 }
  • 新しくtype_specificが以下の値を取るようになった。
    • frogにはFrog〔カエル〕の種類(minecraft:warmminecraft:temperateまたは minecraft:cold)に対応したフィールドvariantが追加された。
    • slimeはスライムとマグマキューブに使用され、sizeはスライムの大きさに対応するようになった(最小は1)
タグ
  • バイオームタグ#allows_surface_slime_spawns#has_closer_water_fog#has_structure/mineshaft#has_structure/ruined_portal_swamp#is_overworld#spawns_warm_variant_frogsおよび#water_on_map_outlinesにMangrove Swampが追加された。
  • ブロックタグ#ancient_city_center_replaceableが削除され、その包含物は全てブロックタグ#ancient_city_replaceableに統合された。
  • ゲームイベントタグ#warden_can_listen#warden_events_can_listenに改名された。
    • sculk_sensor_tendrils_clickingが削除された。
    • #shrieker_can_listenが追加された。

修正[]

52個のバグを修正
1.19以前にリリースされたバージョンから
  • MC-207289 – スカルクセンサーに対する羊毛の振動遮蔽効果が、方向によって偏っている。
  • MC-207522 – スカルクセンサーがウマの地面を蹴る音に反応しない。
  • MC-207635 – 方角によってスカルクセンサーに対する羊毛の遮蔽効果の挙動が異なる。
  • MC-209905 – スカルクセンサーが、牛乳をエンティティから貰った時の音に反応しない。
  • MC-228533 – スカルクセンサーが、Mobを手懐けた、または手懐けるのに失敗した際の音を検知しない。
1.19の開発版から
  • MC-249075 – クリエイティブインベントリの「装飾」タブで、Sculk Shrieker〔スカルクシュリーカー〕が他のSculk〔スカルク〕系のブロックと纏められていない。
  • MC-249122block.sculk_catalyst.bloomに字幕が無い。
  • MC-249124block.sculk_shrieker.shriekに現在字幕が無い。
  • MC-249254 – Frog〔カエル〕が名前を付けてあるスライム・マグマキューブを捕食した際にその死亡ログが記録されない。
  • MC-249255 – Sculk catalyst〔スカルクカタリスト〕が、Frogがスライム・マグマキューブを捕食した際に作動しない。
  • MC-249264 – Frogが獲物に近づけず、口も開いていないタイミングでFrog eats〔カエルが捕食する〕のサウンドを鳴らす。
  • MC-249384 – Warden〔ウォーデン〕が地面を掘って帰っていく際に、光ブロックやバリアブロック、ストラクチャーヴォイドのパーティクルが発生してしまっている。
  • MC-249386 – Wardenの影が、実際の体格に対してあまりにも小さい。
  • MC-249387 – Wardenの地面を掘る音が、出現時の音と同じになっている。
  • MC-249400 – 液体中のWardenの鉛直方向の動きが異常に早い。
  • MC-249401 – Wardenのスポーンエッグが正しくアルファベット順に並んでいない。
  • MC-249415 – Wardenは溶岩に耐性があるにも関わらず、溶岩を越えるような目標へのルートを取らない。
  • MC-249422 – Wardenに関する字幕で、所有格を表すアポストロフィーが適切に振られていない(英語版のみ)。
  • MC-249426 – 怒ったWardenを攻撃したとき、「warden takes notice angrily」〔ウォーデンが怒って気付く〕のサウンドがダメージのサウンドの一番最初に鳴る。
  • MC-249430 – クリエイティブモードに移行してもWardenのプレイヤーに対する敵対が消えない。
  • MC-249434 – 複数のエンティティに攻撃されると、Wardenが咆哮をずっと上げ続ける。
  • MC-249447 – 起動したSculk Shrieker〔スカルクシュリーカー〕から逃げると、Wardenの召喚が失敗することがある。
  • MC-249451 – Wardenがスポナー内に表示されない。
  • MC-249455 – 怒ったWardenをシリアライズすると、ログに"Not a string"と記録される。
  • MC-249473 – 一部のWardenのサウンドがピースフルでも再生されることがある。
  • MC-249476 – Wardenが水中にスポーンすることがある。
  • MC-249479 – 通常のMobと異なり、Wardenが自分と同じチームに属するエンティティを攻撃する。
  • MC-249499 – タグsilentを付与して召喚したWardenが、拍動音を鳴らしている。
  • MC-249504 – Warden groans angrily〔ウォーデンが怒って唸る〕のサウンドが「敵対的生物」のサウンドとして音量を調整できない。
  • MC-249509 – スポナーまたはスポーンエッグでWardenを召喚すると、直後の一瞬だけ描画されない。
  • MC-249517 – Wardenにぶつかったプレイヤー以外のエンティティがWardenに検知されない。
  • MC-249526 – 何らかのエンティティに騎乗した状態だと、Sculk shriekerの上に乗っても検知されない。
  • MC-249530 – Wardenの当たり判定がピースフルで表示されている。
  • MC-249531Invulnerableがtrue(一切のダメージを受けなくなる)のエンティティを攻撃する際、Wardenが永続的に咆哮を上げ続ける。
  • MC-249646 – Mobを倒した後、Wardenが執拗に匂いを嗅ぐ。
  • MC-249659 – Sculk CatalystとSculk Vein〔スカルクヴェイン〕が、シルクタッチ付きのクワで破壊したときしかドロップしない。
  • MC-249674 – ワールドを再読み込みするとWardenが標的を忘れる。
以前の開発版から
  • MC-249712 – Allayのスポーンする構造物のあるチャックを読み込むとサーバーが落ちゲームが停止する。
  • MC-249714 – Allayが死亡する際に、Zファイティングが翼の部分で発生する。
  • MC-249720 – Allayの翼が胴体に接続していない。
  • MC-249727 – ワールドを再読み込みするとWardenが振動を検知しなくなる。
  • MC-249728 – Ancient City〔古代都市〕に溶岩が生成され、構造物内の羊毛が燃えてしまったり、構造物が正しく接地しなかったりする場合がある。
  • MC-249729 – Allayの頭部下側でZファイティングが見られる。
  • MC-249751 – WardenのテクスチャのUVマップが、一部被っている。
  • MC-249758 – Allayの腕の付け根でZファイティングが見られる。
  • MC-249761 – Ancient CityのIce Box〔氷の部屋〕のトラップドアがデフォルトで開いたままになっている。
  • MC-249764 – Ancient Cityの中央部の二番目のレッドストーンランプ用のスカルクセンサーが無い。
  • MC-249768 – Ancient Cityの子構造物entrance_path_5が生成されない。
  • MC-249769 – Ancient Cityに使用されていない子構造物がある。
  • MC-249780 – Ancient Cityで、土台の必要なブロックが浮いた状態で生成されることがある。
  • MC-249816 – 出現中や地面に帰っていく時点のWardenの当たり判定が正しくない。
  • MC-249825 – ゲームルールdoMobLootがFrogの挙動に反映されていない。

注釈[]

  1. "Minecraft Snapshot 22w14a" – Minecraft.net、2022年4月6日
Advertisement