Minecraft Wiki
Advertisement
Gear (item).gif
この記事は作業中です。 
この記事を編集して、記事の作成にご協力ください。
議論ページには何か提案があるかもしれません。
訳註 
亀甲括弧内の日本語訳は確定したものではありません。今後変更が行われる場合があります。
Book and Quill.png
このページは翻訳途中です。 
あなたが内容を翻訳してみませんか?
Minecraft 22w12a
22w12a.jpg
Java Edition 22w12a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2022年3月24日

親バージョン

1.19

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741899
 hex: 4000004B

データバージョン

3082

22w12aは2022年3月24日にリリースされた、Java Edition 1.19に向けた2番目のスナップショットである,[1]。このスナップショットでは水没状態をとれるようになったほか、Boat with Chest〔チェスト付きのボート〕、Warden〔ウォーデン〕、Darkness〔暗闇〕の効果、Swift Sneak〔スニーク速度上昇〕のエンチャントの追加、バグの修正が行われた。

追加要素[]

アイテム[]

スポーンエッグ
  • Wardenのスポーンエッグが追加された。

Mob[]

Warden〔ウォーデン〕
  • Minecraftで最初の、完全に盲目のMobである。
    • 嗅覚を有し、「匂いをかぐ」動作をすることでプレイヤーやMobを検知し、その大体の位置を把握し向かってくる。
      • 最も近いエンティティではなく、Wardenが最も怪しんでいるエンティティを優先して匂いを嗅ぐ。
    • 振動を感知することができ、何らかの動きを感知するとその動きの元に対して向かっていく。
      • 振動を発したプレイヤー、Mob、その他のエンティティを追跡し攻撃を行う。
      • 振動を感知すると、スカルクセンサーと同様に頭部の触覚がカラカラと音を立てて光る。
        • 何らかの飛翔体(例:雪玉など)がWardenの近くに落下すると、Wardenは飛翔体が落下した地点を確認しようとする。これは、飛翔体がかなり大きな振動を発するためであり、これを利用してWardenの気を逸らすことができる。
      • スニークしているプレイヤーは検知できない。
    • 視覚ではなく振動や匂いによってエンティティを検知するため、透明化の効果を持っているエンティティでも検知できる。
  • 振動や匂いによってそのエンティティの位置を検知した回数が多いほどそのエンティティを怪しむようになり、そのエンティティに対する疑念がある程度まで高まるとその正確な位置を特定する。これによってWardenは怒り、そのエンティティを攻撃するために向かってくる。この状態になると他の振動で気を逸らすことができない。
  • プレイヤーが3回Sculk Shrieker〔スカルクシュリーカー〕を起動させるとスポーンする。
    • Deep Darkバイオームにスポーンする唯一のMobである。
  • Sculk shriekerによってスポーンさせられると、地面から「現れ」る。
    • 60秒間何の振動も検知しないと、地面を掘って戻っていく。
      • 通常のエンティティに名札を用いるとデスポーンを防ぐことができるのと同様、名札を付けたWardenは地面に戻っていかなくなる。
  • 500♥ × 250ポイントの体力を持ち、難易度がノーマルでも30♥ × 15のダメージを与える。これは、ネザライトの防具をすべて装備したプレイヤーでも満タンの体力(20♥ × 10)から7♥♥♥♥まで削られるダメージである。
  • Wardenは3.5ブロック分の身長があり、アイアンゴーレムエンダーマンを超えてゲーム内で最も背が高く、また横幅のあるMobである。
  • Wardenの近接攻撃のリーチは広く、4ブロック分の柱の上にいるプレイヤーも攻撃することができる。このため、柱を積み上げた上から攻撃するなどの最終戦法が意味をなさない。
  • Wardenの拳による攻撃を受けると、盾の防御が解除される。
  • Wardenは倒すよりも寧ろ逃げることを目的として追加されたMobなので、Wardenを倒しても「モンスターハンター」の実績には反映されないほか、実績「モンスター狩りの達人」の達成条件にも要求されない。
  • Wardenの胸にはDarkness〔暗闇〕のエフェクトに伴って点滅する核のようなものがある。
    • 核は点滅に伴って低い拍動音を発す。またWardenの特定のエンティティに対する疑念が高まったり、攻撃しようとエンティティに近づいたりする際に核のアニメーションと拍動音が小刻みになる。
  • 溶岩に耐性がある。
  • ノックバック耐性があるほか、水中でも減速しない。

非Mobエンティティ[]

Boat with Chest〔チェスト付きのボート〕
  • チェスト付きトロッコと同様の機能を持つボートであり、物を運びながら水上を旅することができる。
  • チェストと各種のボートからクラフトできる。
  • Boat with Chestのインベントリを開くか、破壊するかすると周囲の大人のピグリンが敵対化する。
  • チェスト付きトロッコがチェストトロッコとして別々にアイテム化するのに対し、破壊するとアイテム化したBoat with Chestそのものと、中に入っていたアイテム全てがドロップする。
  • エンティティは1体しか乗ることができない。

ゲームプレイ[]

ステータス効果
  • Darkness〔暗闇〕
    • Sculk Shriekerによって引き起こされるステータス効果であり、プレイヤーの画面が暗くなり、視界が制限される。
    • Lowers the gamma down at an equivalent of “Moody” while having this effect.
エンチャント
  • Swift Sneak〔スニーク速度上昇〕のエンチャントが追加された。
    • 3段階のレベルがある。
    • レギンスにのみ付与することができる。
    • スニーク時のプレイヤーの移動速度を高めることができ、レベルⅢでは通常の歩行の75%まで速度が上昇する。

全般[]

設定
  • 「Daekness Pulsing」〔暗闇の脈動〕という名前のスライダーがアクセシビリティ設定に追加された。
    • WardenやSculk Shriekerによる暗闇の効果下での、拍動の程度を調整できる。
パーティクル
  • 新しいパーティクルshriekが追加された。
タグ
  • 新しいアイテムタグchest_boatsが追加された。
  • ゲームイベントタグwarden_events_can_listenが追加された。
    • イベントタグ#vibrationsflap以外の全てと、sculk_sensor_tendrils_clickingおよびshriekを含む。

変更要素[]

ブロック[]

  • 水没の状態を取れるようになった。
Sculk Catalyst〔スカルクカタリスト〕
Sculk Shrieker〔スカルクシュリーカー〕
  • 機能が追加された。
    • 環状の音波のようなパーティクルを発して「叫ぶ」(Shriek)ことができる。
    • スカルクセンサーレッドストーン信号、プレイヤーの足音で起動する。
    • 起動されるとプレイヤーにDarknessの効果を与える。
    • 3回起動されると、Wardenが地面から召喚される。
      • 半径48ブロック以内に別のWardenがいない場合のみ召喚できる。

アイテム[]

ボート
  • Mangrove Boat〔マングローブのボート〕を除いて、全てのボートのアイテムのアイコンが変更された。
    • 櫂の色がそれぞれの板材の色に対応するようになったほか、Bedrock Editionに合わせてボートの縁の色が暗くなった。

Mob[]

オウム
  • Wardenの真似をするようになった。

ワールド生成[]

Deep Dark〔ディープダーク〕
  • 周囲の領域よりも浸水した状態で生成される可能性が低くなった。

全般[]

全般
  • 描画距離をホットキーで変更するデバッグ機能が削除された。

修正[]

31個のバグを修正
1.19以前にリリースされたバージョンから
  • MC-94161 – ボートの櫂の色がそれぞれの対応する板材の色ではなくオークのものになっている。
  • MC-149805 – 本の編集中に、Ctrl + HomeCtrl + Endを使ってテキストの終わりまで移動することができない。
  • MC-165503 – 塀の間のフェンスゲートに環境遮蔽(スムースライティング)が適用されていない。
  • MC-176081 – ストライダーにタグNoAIを付けても寒がる。
  • MC-177321 – ソウルサンドに環境遮蔽(スムースライティング)が適用されていない。
  • MC-179916 – 雷雨時にキツネが原点(0,0)に向かう。
  • MC-190661 – 「実験的な設定」の警告画面でEscを押すか、キャンセルボタンを使用するとメインメニューに戻ってしまう。
  • MC-197854 – 看板の編集画面でCtrl + ← Backspaceを用いて前のスペースまでを一気に消すことができない。
  • MC-236149 – 本と羽根ペンの編集画面でCtrl + ← Backspaceを用いて前のスペースまでを一気に消すことができない。
  • MC-236212 – 本と羽根ペンの編集画面でCtrl + Arrowを用いて次のスペースまでカーソルを移動することができない。
  • MC-238009 – エンドシティが地面から浮いた状態で生成されることがある。
  • MC-239019 – コマンド/locatebiomeが指定する最寄りのバイオームが、洞窟バイオームについて一貫しない。
  • MC-248621TagKeyの作成によってメモリーリークが発生する。
以前の開発版から
  • MC-249073 – Mangrove Fence Gate〔マングローブのフェンスゲート〕とMangrove Fence〔マングローブのフェンス〕がクリエイティブインベントリの間違ったタブに入っている。
  • MC-249081 – Mangrove Propagule〔マングローブのむかご〕に重ねて水を設置するとMangrove Propagleが壊れる。
  • MC-249098 – Mud Brick Slab〔泥レンガのハーフブロック〕が従来の石のサウンドを使用している。
  • MC-249112 – エンダードラゴンとの戦闘がエンドへの侵入と同時に発動しない。
  • MC-249134 – 字幕の"Tadpole hatches"〔オタマジャクシが孵化する〕であるべきところが"Frog hatches"〔カエルが孵化する〕になっている。
  • MC-249143 – Mud〔泥〕とMangrove Roots〔マングローブの根〕系のブロックのサウンドの音量が他のブロックに比べて大きい。
  • MC-249171 – Mangrove Log〔マングローブの原木〕の地図上の色が間違っている。
  • MC-249172 – Mangrove Slab〔マングローブのハーフブロック〕の地図上の色が間違っている。
  • MC-249173 – Mangrove Trapdoor〔マングローブのトラップドア〕の地図上の色が間違っている。
  • MC-249174 – Mud Bricks〔泥レンガ〕、Mud Brick Stairs〔泥レンガの階段〕、Mud Brick Wall〔泥レンガの塀〕の地図上の色が間違っている。
  • MC-249181 – パワードレールとアクティベーターレールの更新の順番が逆になっている。
  • MC-249184 – Mangrove Fence〔マングローブのフェンス〕のレシピが他のフェンスとグループ化されていない。
  • MC-249195 – Mangrove Propaguleが、接続していたMangrove Leaves〔マングローブの葉〕が消滅した後も浮いたままになっている場合がある。
  • MC-249253 – ミツバチが水没したMangrove Propaguleから花粉を取ろうとして死亡する。
  • MC-249270 – Mangrove leavesの適正ツールとしてクワが設定されていない。
  • MC-249303 – Mangrove Leavesがコンポスターに使用できない。
  • MC-249312 – Mud Brick Slabの採掘速度が他のMud系のブロックに比べて遅い。
  • MC-249316 – Mangrove Fence、Mangrove Fence Gate、Mangrove Boat〔マングローブのボート〕を燃料として使用することができない。

脚注[]

  1. "Minecraft Snapshot 22w12a" – Minecraft.net、2022年3月24日
Advertisement