Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft 22w05a
22w05a.jpg
Java Edition 22w05a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2022年2月2日

親バージョン

1.18.2

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741890
 hex: 40000042

データバージョン

2967

22w05aにリリースされた、Java Edition 1.18.2に向けた2番目のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、1つ前のスナップショットでの荒野に対する変更が撤回されたほか、不具合の修正がなされた。

変更要素[]

ワールド生成[]

荒野
  • 生成変更によるチャンク境界の問題を避けるため、22w03aで行われた変更が、一旦取り消された。
    • この変更は後に再導入される予定である。
スーパーフラット
  • スライムのスポーンを抑えるため、「レッドストーン研究所」のプリセットの最上層の高度がY=-9からY=55に上げられた。

全般[]

タグ
  • ブロックタグ#dripstone_replaceable_blocksからが除外された。

修正[]

21個のバグを修正
1.18以前にリリースされたバージョンから
  • MC-4533 – 斜めに隣接した水が適切に描画されない。
  • MC-70848 – 水が上方向に流れているように描画される。
  • MC-72248 – 落下中の砂によって見えないブロックが発生する。
  • MC-214289 – 生成時に鍾乳石が他のブロックを上書きする。
  • MC-216004 – 廃坑の原木の支柱が鍾乳石の上に乗るように生成される。
  • MC-216589 – 廃坑の生成時に、鍾乳石が撤去されないことがある。
  • MC-232290 – キツネが粉雪の中で眠り、ダメージを受けていても脱出しようとしない。
  • MC-248225BlockPos getSquaredDistance()メソッドの計算が正しくない。
1.18から
  • MC-236775 – バイオーム選択メニューが、英語以外の言語では正しくソートされていない。
  • MC-241232 – ブロックの上に落下した鍾乳石が適切にその形を維持できない。
  • MC-243152 – スーパーフラットの「レッドストーン研究所」のプリセットでスライムがスポーンする。
1.18.1から
  • MC-245772 – 古いバージョンでのチェストのルートテーブルが、ワールドを1.18.1に変換した時に削除される。
  • MC-245910 – 焚き火とホッパーによってチャンクの保存が絶え間なく起こる。
  • MC-247636 – ワールドを削除した際のメッセージがログに出力されなくなっている。
  • MC-248163 – 1.18-pre6でのオートセーブに関する変更以降、サーバーのパフォーマンスが極めて悪化した。
以前の開発版から
  • MC-248181 – 特定の高度でプレイヤーのモデルが消える。
  • MC-248182 – 落下中の鍾乳石が形及び太さを維持できなくなった。
  • MC-248189 – オーバーワールドから別のディメンションのY=0より下の位置にテレポートすると、プレイヤーが死亡するまで、読み込み中の画面のままゲームがフリーズする。
  • MC-248195 – サーバーに接続した時に、/placefeatureコマンドを入力すると、クライアントがクラッシュする。
  • MC-248210 – ワールドを22w03aに変換すると、チャンクの境界に壁ができる。
  • MC-248230 – 建築高度限界の外でワールドを再読み込みすると、「地形情報を読み込み中…」の表示のまま固まる。

脚注[]

  1. "Minecraft Snapshot 22w05a" – Minecraft.net、2022年2月2日
Advertisement