Minecraft Wiki
Minecraft Wiki
4,120
ページ
(+ ES)
 
159行目: 159行目:
 
[[de:21w07a]]
 
[[de:21w07a]]
 
[[en:Java Edition 21w07a]]
 
[[en:Java Edition 21w07a]]
  +
[[es:Java Edition 21w07a]]
 
[[fr:21w07a]]
 
[[fr:21w07a]]
 
[[pt:Edição Java 21w07a]]
 
[[pt:Edição Java 21w07a]]

2021年6月16日 (水) 12:24時点における最新版

Book and Quill.png
このページは翻訳途中です。 
あなたが内容を翻訳してみませんか?
Minecraft 21w07a
21w07a.jpg
Java Edition 21w07a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2021年2月17日

親バージョン

1.17

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741839
 hex: 4000000F

データバージョン

2695

21w07aは、2021年2月17日にリリースされたJava Edition 1.17の10番目のスナップショットである[1]。このスナップショットでは、Grimstoneの追加や、鉱石と洞窟の生成に関する調整が行われた。

追加要素[]

ブロック[]

Grimstone
  • 新たな種類のである。
  • Y=0未満に生成される。
    • Y=-8以下から完全に地下を埋め尽くしている。
    • Y=0を境に、石からGrimstoneへと徐々に移っていく。
  • 丸石ブラックストーンと同様に、基本的な道具、かまど、醸造台のクラフトに使用できる。
  • 装飾ブロックとしても使用できる。
    • 他の種類の装飾ブロックのクラフトに使用できる。
  • 硬度値はよりも高いが、どの種類のツルハシでの採掘することができる。

全般[]

データパック
  • worldgen/noise_settings/*.json grimstone_enabled が追加された。

変更要素[]

ブロック[]

新たな鉱石のテクスチャ。

ブラックストーン磨かれたブラックストーンレンガひび割れたブラックストーンレンガ階段ハーフブロック
  • テクスチャが一部変更された。
Glow Lichen
  • Grimstoneの上に自然生成されるようになった。
鉱石
ビーコン
  • ビーコンの光線の可視範囲が、256ブロックから1,343ブロックに変更された。

ワールド生成[]

鉱石分布の変更

洞窟
  • ノイズ洞窟および帯水層の出現頻度が下がった。
鉱石分布
  • すべての鉱石の生成が変更され、ラピスラズリ鉱石のような高さによる生成数の変動を持つようになった。ただし、一部は一定の生成のままとなっているものがある。
  • 石炭鉱石エメラルド鉱石、およびCopper Oreが、Y=0未満では生成されなくなった。
    • Copper Oreが、Y=0–96の間に分布して生成されるようになった。出現頻度はY=48が最も高い。
    • エメラルド鉱石が、Y=32以上(カスタムワールドでは上限はY=480)で分布して生成されるようになった。出現頻度はY=256が最も高く、高度が下がるにつれて出現頻度も下がっていく。
    • 石炭鉱石が、次の2回のプロセスにより生成されるようになった。
      • Y=136–256の間に均等に生成される。
      • Y=0–192の間に分布して生成される。この際、出現頻度はY=96が最も高い。
  • その他の鉱石も異なるプロセスで生成されるようになった。
    • 鉄鉱石は、次の2回のプロセスにより生成される。
      • Y=128以上(カスタムワールドでは上限はY=384)で分布して生成される。この際、出現頻度はY=256が最も高い。
      • Y=-16–80の間に分布して生成される。この際、出現頻度はY=32が最も高い。
    • 金鉱石は、Y=-64–32の間に分布して生成される。この際、出現頻度はY=-16が最も高い。ただし、荒野バイオームでの追加の金の生成は変更されていない。
    • ラピスラズリ鉱石は、次の2回のプロセスにより生成される。
      • Y=-32–32の間に分布して生成される。この際、出現頻度はY=0が最も高い。
      • Y=-64–64の間に均等に、古代の残骸のように埋もれた状態で生成される。
    • レッドストーン鉱石は、次の2回のプロセスにより生成される。
      • Y=-64–15の間に均等に生成される。
      • Y=-32以下(カスタムワールドでは下限はY=-96)で分布して生成される。この際、出現頻度はY=-64が最も高い。
    • ダイヤモンド鉱石は、Y=16以下で分布して生成される。高度が下がるにつれて出現頻度は上がっていく。
  • 閃緑岩安山岩花崗岩の生成時の大きさと位置が調整された。
    • 閃緑岩、安山岩、花崗岩のまとまりは、より大きく球体状になったが、出現頻度は下がった。
    • 閃緑岩、花崗岩、砂利、および土が、Y=0未満で生成されなくなった。
  • Grimstoneが、Y=0未満での主要石として生成されるようになった。
    • 安山岩は、閃緑岩、花崗岩、砂利、および土とは異なり生成される。
廃坑
  • 木材の橋が床よりも天井に近いとき、チェーンとオークの柵で支えられるようになった。
  • 木の柱は、の代わりに原木で作られている。
要塞
  • 深さに応じて、grimstoneに包まれている。

全般[]

クリエイティブインベントリ


  • レッドストーンのタブは、頻繫に使用される物を上に表示するようになった。
  • レッドストーンのアイテム・ブロックは、次の方法でグループ化及び順序付けされている。:Essentials、Unique activators、Miscellaneous、Common activators、Openables
データパック
  • 鉱石タイプのバニラ構成機能が変更された。
    • 石炭と鉄は、_upper_lowerと呼ばれる2つの部分に分かれた。
    • 新しいlapis構成機能 ore_lapis_buried
  • glow_lichen 機能は、grimstoneを有効なブロックとしてリストするようになった。
  • range デコレータ構成の変更:
    • bottom_offsettop_offset 、及び maximum フィールドが削除された。
    • Replaced with bottom_inclusive and top_inclusive which are both a new type of vertical anchoring
    • This type can have several forms:
      • absolute 絶対Y値を指定する。
      • above_bottom 世界の最小Y座標より上のオフセットを指定する。
      • below_top 世界の最大Y座標より上のオフセットを指定する。
  • The range_biased and range_very_biased feature decorator are now called range_biased_to_bottom and range_very_biased_to_bottom respectively.
    • Both biased types of ranges now have bottom_inclusive and top_inclusive of the same type, and a cutoff value that's a numeric value
  • The depth_average decorator also now has its baseline field as a vertical anchor instead of an absolute y value.
  • A whole range of decorators no longer exist or have had part of their functionality replaced by using some of the already existing generic decorators:
    • dark_oak_tree decorator no longer does a heightmap check, needs to be done with a heightmap decorator
    • The end_gateway decorator has been split, now used with a combination of chance, square & heightmap - see the end_gateway configuration in the vanilla pack for an example
    • The glowstone_blob feature no longer does its own decoration, instead is used with a combination of square & range. See glowstone_extra in vanilla files for example.
    • The lava_lake feature has also been split, now used with chance, square, and range_biased_to_bottom. See lake_lava for an example.
    • The water_lake decorator has been removed. Now instead chance, square & range
    • The emerald_ore decorator has been removed. Now instead count, square & range
    • The fire decorator has been removed. Now instead range, square & count
    • The carving_mask no longer has a probability field, replaced with a chance decorator
タグ
  • Added grimstone to the base_stone_overworld block tag and the stone_crafting_materialsおよびstone_tool_materials item tags.
  • Added various grimstone variants to the slabsstairsおよびwalls block and item tags.

修正[]

9個のバグを修正
1.17以前にリリースされたバージョンから
  • MC-147589 – ツタがジャングルでランダムに生成されなくなった。
1.17の開発版から
  • MC-208613 – Amount of players who need to sleep to skip the night is calculated incorrectly.
  • MC-208618 – Clicking on a bed immediately skips the night if gamerule playersSleepingPercentage is set to 0.
  • MC-211224 – Seagrass can occasionally replace parts of a swamp hut.
  • MC-214082 – Crash after placing soul sand or magma under 2032-block-tall water.
以前の開発版から
  • MC-214814 – Strongholds generate floating and without walls, floors, or ceilings when inside caves.
  • MC-214885 – Beacon beam only render 256 blocks from source.
  • MC-214973 – Powder snow bucket in a dispenser at Y=319 facing upwards or at Y=-64 facing downwards is replaced with empty bucket, despite no powder snow being placed.
  • MC-214986 – Large dripstones only generate as stalagmites below Y=0.

ギャラリー[]

脚注[]