Java Edition 21w06a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Minecraft 21w06a
21w06a.png
Java Edition 21w06a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2021年2月10日

親バージョン

1.17

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741838
 hex: 4000000E

データバージョン

2694

21w06aは、2021年2月10日にリリースされたJava Edition 1.17の9番目のスナップショットである。このスナップショットでは、新しい洞窟の生成法が追加され、ワールドの高さの制限が変わった。

このスナップショットの前に作成されたワールドは、このスナップショットの高さ制限へのアップグレードパスがないため、NBTエディターなしではこのバージョンでロードができない。

追加[編集 | ソースを編集]

ワールドの生成[編集 | ソースを編集]

洞窟
  • 「Spaghetti」と「Cheese」の2種類のノイズ洞窟が追加された。
  • Aquifersを追加した。
  • 古い「Carver」の洞窟は今でも残っている。
Spaghetti caves
Cheese caves
  • ノイズ発生器を利用して生成される。
  • さまざまな大きさの洞窟を生成する。
Aquifers
  • 新しい洞窟で湖を生成する。
  • 現在、Y=31未満で使用されている。つまり、Y=31とY=63の間のノイズ洞窟は水であふれている。これは修正される。
  • 底にマグマブロックが生成されることがある。
  • 古い水中洞窟水中渓谷を置き換える。
  • の地下に生成された場合、がスポーンする。

変更[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

Big Dripleaf
  • スニークしたり、ジャンプしたりしたときに、傾くのが止まらなくなった。
  • 傾くのが速くなった。
  • 発射物が当たった時壊れずに傾くようになった。
  • レッドストーンで操作できるようになった。
    • レッドストーン信号を与えると、傾くのを防ぐことができる。
    • すでに傾斜しているDripleafにレッドストーン信号を与えると元に戻る。
Hanging Roots
Small Dripleaf

ワールドの生成[編集 | ソースを編集]

チャンク
  • オーバーワールドの高さの制限が変わった。
    • 上限がY=256からY=320へ64ブロック高くなった。
    • 下限がY=0からY=-64へ64ブロック低くなった。
    • Y=0未満の鉱石の生成は一時的なものであり、地下の溶岩は適切に生成されない[1]
廃坑

一般[編集 | ソースを編集]

The warning message attached to old worlds.
ワールド選択画面
  • 古いバージョンのワールドを一時的に読み込めなくなった。

修正[編集 | ソースを編集]

2個のバグを修正
1.17の開発版から
  • MC-213813 – Small Dripleafがすべてのブロックを破壊する。
以前の開発版から
  • MC-214346 – 保護されている大きなDripleafも発射物で壊せてしまう。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 高さの制限が変わるのは、12w07a以来9年ぶりである。

脚注[編集 | ソースを編集]