Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft 21w05a
21w05a.png
Java Edition 21w05a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2021年2月3日

親バージョン

1.17

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741836
 hex: 4000000C

データバージョン

2690

21w05aは2021年2月3日にリリースされたJava Edition 1.17の7番目のスナップショットである。このスナップショットでは、lush caveに関連する要素が追加され、いくつかのバグが修正された。[1]

追加要素[]

ブロック[]

Azalea
  • 草ブロックに植える事の出来る低木のようなブロックである。
  • 花が咲いていないものと桃色の花が咲いているものの2種類がある。
  • Moss Block骨粉を使用することでAzaleaに成長させることができる。
Azalea Leaves
  • 花が咲いていないものと桃色の花が咲いているものの2種類がある。
  • 壊れる時にAzaleaをドロップする。
Cave Vines
  • Glow berriesが生っている時10レベルの光を発する光源ブロックになる。
  • Glow berriesを落とす。
    • 骨粉を使って成長を促進させることができる。
    • Berryは右クリックで収穫可能である。
  • Glow berriesをブロックの下側に使う事で植え、延長することが可能である。
  • ツタと違い上ることは出来ない。
Dripleaf
  • Big dripleafとsmall dripleafの2種類がある。
  • エンティティはbig dripleafの上に1.5秒(30tick)だけ乗ることができ、その後は葉が傾いて落っこちてしまう。
    • 傾きには3段階の状態、Unstable、Partial、Fullがあり、F3のデバッグメニューで見ることができる。
      • エンティティが貫通して落っこちてしまう“full”の状態を除いて、固体ブロックである。
      • 何も上に載っていなければ、Noneの段階に属す。
      • Unsatableの状態のdripleafの上でスニークすれば、段階はNoneに戻る。ただし、それ以外の状態(PartialやFull)の上ではスニークしても何の意味もない。
  • Small dripleafは骨粉でbig drioleafに成長させることができる。
    • Small Dripleafはハサミでしか回収できず、それ以外のツールでは壊れてしまう。また、粘土(水中に限ってはにも)にしか置くことができない。
    • Big Dripleafは素手を含め全てのツールで回収可能で、破壊するだけなら発射物を用いる事も出来る。また、、土、粘土、草ブロックに配置可能である。
Flowering Azalea
  • Azaleaの桃色の花をつけた種類。
Hanging Roots
  • ブロックの下側にのみ植えることができる装飾ブロックである。
  • ハサミでしか回収できず、それ以外のツールでは壊れてしまう。
Moss Block
  • 全面が草ブロックに似たテクスチャで覆われている不透過ブロックである。
  • 骨粉を使って、高い草moss carpetと2種類のazaleaを上または近傍に生やすことができる。
  • ピストンで押されると壊れる。
Moss Carpet
  • Moss blockと同じテクスチャだが、厚みが1ピクセル分しかない。
  • Moss blockからクラフトできる。
Rooted Dirt
  • 装飾ブロックである。
  • 土に似たブロックだが、テクスチャには根が描かれている。
  • 粗い土と同様に、菌糸もこのブロックには伝播しない。
Spore Blossom
  • ブロックの下面にのみ配置できる。
  • 開花しているときは下にパーティクルが落ちる。

アイテム[]

Glow Berries
  • 食用で、2 ()の満腹度を回復する。
  • Cave vineに生る。

全般[]

パーティクル
  • 新規パーティクルを追加: falling_spore_blossomspore_blossom_air
タグ
  • azalea_log_replaceableブロックタグを追加.。
    • #flowersブロックタグ、#leavesブロックタグ、草、シダ、スイートベリーの低木、small dripleaf plantsを含む。
  • cave_vinesブロックタグを追加。
    • cave vinesの胴体ブロックとcave vinesの頭ブロックを含む。
  • lush_plants_replaceableブロックタグを追加。
    • #base_stone_overworldブロックタグ、#cave_vinesブロックタグ、土、砂利、砂、moss block、#flowersブロックタグ、草、背の高い草、moss carpet、small driplead、big dripleaf、big dripleaf stem、ツタを含む。
  • fox_foodアイテムタグを追加。
    • スイートベリーとglow berriesを含む。
テクスチャ
  • root_vines_head.pngという名前のテクスチャが追加された。
    • このテクスチャはゲームでは未使用である。

変更要素[]

ブロック[]

Copper blockCut Copper Blockとその亜種
  • 従来は "Copper Block"、"Exposed Copper Block"、"Weathered Copper Block"、"Oxidized Copper Block"という名前であったがBedrock Editionに合わせた。
    • Cut copperとその亜種についても同様である。
  • 酸化速度がrandomTickSpeedのゲームルールに影響を受けるようになった。
コンポスター
  • 新しく以下のアイテムが堆肥化できるようになった。
    • 30%の可能性: non-flowering azalea leaves,、glow berries、moss carpet、small dripleaf、hanging roots
    • 50%の可能性: flowering azalea leaves
    • 65%の可能性: spore blossoms、non-flowering azalea、moss blocks、big dripleaf
    • 85%の可能性: flowering azalea
Powder Snow
  • ピストンや粘着ピストンによって動かされるようになった。
  • 衝突した火矢の火を消すようになった。
Sculk Sensor
  • 振動値に対応して、Sculk Sensorが反応する以下のゲームイベントを追加
振動の種類 振動値
トロッコの移動、ベルを鳴らす、ブロックの変更 6
飲み終える、導火線に着火 7
Mobのインターアクション 8
装備、剪定、ラヴェジャーの唸り声 9
エンティティの設置 12
エンティティの破壊 13
シュルカーが閉じる 14
シュルカーが開く 15
  • ブロックの変更は、プレイヤーまたはディスペンサーがブロックを変更したときのためである。
    • これには、初見台に本を設置したとき、植木鉢にアイテムを設置または除去したとき、焚き火を消火したとき、ケーキにcandleを設置したとき、big dripleafを傾けたとき、candleを消火したときを含む。
  • Mobのインターアクションは、特定のMobがインターアクションして振動を起こした時のためである。
    • これには、弱体化のかかった村人ゾンビに金のリンゴを与えたとき、手懐けたオオカミを治療したとき、アイアンゴーレムに鉄インゴットを与えて治療したとき、動物に食べ物を与えて成功したときのたいていのインスタンスを含む。
  • 導火線に着火は、クリーパーとTNTの両方が当てはまる。
  • 装備時のイベントは、防具立てに防具を立てたとき、useボタンを押してホットバーから防具を装備したときをチェックしている。
    • 手動で防具を装備してもsculk sensorは反応しない。
    • プレイヤーまたは防具立てから防具を取り除いてもsculk sensorは反応しない
    • 例えばウマなど、他のMobにアイテムを装備させてもsculk sensorは反応しない。
石切台
  • Copper blockの亜種を作るのに使えるようになった。

アイテム[]

Bundle
  • 初めてbundleを手に入れた時は、チュートリアルがつくようになった。

Mob[]

ドラウンド
キツネ
  • glow berrieを食べる。
  • powder snowに沈まずに歩くことができるようになった。
スケルトン
行商人

ゲームプレイ[]

進捗
  • Glow berriesを食べる事が進捗「バランスの取れた食事」の達成に必要になった。
NBTデータ
  • すべての飛翔体エンティティデータは、HasBeenShotというフィールドを持つようになった。
    • もしこのフィールドがfalseならば、次の瞬間に飛翔体エンティティは飛翔体ショットというゲームイベントを発動し、付近のsculk sensorを反応させる。

全般[]

ゲームイベント
  • 防具立てにアイテムを追加、食べ終える、エンティティの衝突、火打石と鉄の使用イベントを削除。
  • 次の各イベントを追加。ブロックの変更、飲み終える、食べる、エンティティのダメージ、エンティティの破壊、エンティティの設置、装備、Mobのインターアクション、トロッコの移動、導火線に着火、ラヴェジャーの唸り声、ベルが鳴る、剪定、シュルカーが閉じる、シュルカーが開く。
リソースパック
  • アイテムモデルに対して多数のoverridesがある場合のパフォーマンスを改善。
  • toasts.png GUIテクスチャは、バンドルチュートリアル用の新規アイコンを持つようになった。
タグ
  • azalea leavesとazalea leaves flowersをleavesブロックとアイテムタグに追加。
  • キツネをpowder_snow_walkable_mobsエンティティタイプタグに追加。
  • ignore_vibrations_stepping_carefullyにイベントタグを付与するよう変更。
    • ignore_vibrations_sneakingに名前を変更。
    • swim eventを追加。
  • vibrationsゲームイベントタグをゲームイベントのフルリストに合致するように更新(上記参照)。

修正[]

94個のバグを修正
1.17以前にリリースされたバージョンから
  • MC-96114 – シュルカーがMobを持ち上げる。
  • MC-103430 – ツタの破壊が遅すぎる(エンチャント済みのハサミ)。
  • MC-130098 – デバッグワールドにおいて、全ブロックが存在するy=70の代わりに、プレイヤーがy=2にスポーンする。
  • MC-142711 – 子どものカメが天井に押し付けられるとダメージを受ける。
  • MC-148432 – 水中と溶岩に同時にいると不快な音がすること。
  • MC-149495 – ゲームを再読み込みした直後に、フグがトリップワイヤー接触していないのに起動させてしまう。
  • MC-152265 – サーバー起動時に"unable to resolve BlockEntity for ItemStack"というエラーが表示される。
  • MC-153254 – 子供ゾンビまたはピグリンが、立ち上る泡で天井に押し付けられるとダメージを受ける。
  • MC-163673 – 子供ハスク、ピグリン、ゾンビ、村人ゾンビ、ゾンビピグリンが、硬いブロックが頭上にある空間にジャンプで入るとダメージを受ける。
  • MC-165846 – フグがふくらむと窒息ダメージを受ける。
  • MC-172466 – エンティティが大きくなると位置ずれを起こす。
  • MC-186879 – 火と水の中に立つと、消火の際に不快な音がする。
  • MC-190454 – 他のMobに乗っているウマにプレイヤーが乗って、そのMobが死ぬと位置ずれする。
  • MC-191714 – プレイヤーがウマまたはボートに乗っているときに耕地の上にいて、耕地が土に変化するとプレイヤーがウマまたはボートから降ろされ、位置ずれを起こす。
  • MC-198432 – ワールドに再接続するとフグがブロックを貫通する。
  • MC-199356 – options.txtのchatDelayにおいて、コロンと値の間にスペースがある。
  • MC-200906 – ワールドに再接続するとフグの当たり判定がおかしくなる。
  • MC-205477 – サーバーが遅延している際に、ボートに乗り降りしようとすると、時々位置ずれを起こす。
  • MC-205735 – 子供のウシが階段で窒息することがある。
  • MC-209361 – タケノコの下にあるブロックをクリックして他の竹と入れ替た直後にゲームがクラッシュする。
  • MC-209625 – 子どものラマがカーペットの上にいるときに、硬いブロックの下で窒息することがある。
  • MC-212291 – クライアントがサーバーから独立して乗り物から降りることができ、位置ずれを起こす。
1.17の開発版から
  • MC-203555 – "Weathered Copper BlocK"の誤字。
  • MC-203594 – copper blocksのスペル不一致。
  • MC-204301 – Lightning rodが取り付けられたブロックに十分な動力を与えていない。
  • MC-204446 – 不一致: Lightning rodの光源がその他の物と不一致を起こす(影がない)。
  • MC-204801 – 大量のcopperブロックがサーバーを遅延させ、ワールドのセーブが永久に終わらない。
  • MC-205079 – 一部のバイオームにおいて、大釜がpowder snowで満たされない。
  • MC-205401 – 日光で火のついたMobがpowder snow上にいると、"Fire extinguishes"の音が繰り返し再生される。
  • MC-206113 – Powder Snowが落下ブロックとZファイティングを起こす。
  • MC-207258 – Sculk sensorが走行しているトロッコに反応しない。
  • MC-207261 – ベルが鳴るイベントが振動と認識されない。
  • MC-207262 – 物を食べることは振動を発生させるのに、ポーションやミルクを飲むことはそうでない。
  • MC-207263 – 不一致: 大釜を液体やpowder snowで満たしても、sculk sensorが検出しない。
  • MC-207277 – ファイヤーチャージで火をつけても、Sculk sensorが検出できない。
  • MC-207283 – 焚き火を消火しても、sculk sensorが検出しない。
  • MC-207300 – エンダーマンがブロックを置いたり持ったりしても、sculk sensorが検出しない。
  • MC-207329 – 他のMobが物を食べても、Sculk sensorが正常に検出しない。
  • MC-207340 – 魚入りバケツが空になっても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207358 – シュルカーが開閉しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207384 – 火のついた矢がくりかえしsculk sensorを作動させる。
  • MC-207387 – プレイヤーが泳いでいなくても水中でスニークして移動すると、Sculk sensorが検出する。
  • MC-207391 – Sculk sensorが特定の飛行Mobを検出しない。
  • MC-207397 – プレイヤーが火と氷の上にいると、消火音が繰り返し再生される。
  • MC-207407 – 村が最低でもy=0に生成される。
  • MC-207417 – 火を直接消してもsculk sensorは反応しないが、火の付いたブロックを破壊すると正常に反応する。
  • MC-207418 – 絵画、額縁、glow item framesを設置するとsculk sensorは反応するが、それらを破壊すると反応しない。
  • MC-207445 – Sculk sensorが泳いでいるイカを検出しない。
  • MC-207473 – ガストが火の玉を発射しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207520 – Sculk sensorがラヴェジャーの唸り声に反応しない。
  • MC-207521 – ヤマネコとネコがスニーク状態でも、振動を放つことができる。
  • MC-207592 – スニーク状態でフレイムをエンチャントした弓を放つと、sculk sensorが作動する。
  • MC-207600 – Sculk sensorが釣竿の音を誤って検出する。
  • MC-207670 – Sculk sensorがボートとトロッコの設置を検出しない。
  • MC-207671 – ケーキにcandleを設置しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207672 – クリーパーを火打石と打ち金で着火しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207673 – TNTを火打石と打ち金で着火しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207674 – 植木鉢に物を設置しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207675 – 初見台に本を設置しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207677 – 瓶で水を集めても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207678 – 瓶でハチミツを集めても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207679 – クリエイティブモードで、ミツバチの巣と養蜂箱をを破壊しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-207745 – エンダードラゴンが火の玉を発射しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-208193 – 植木鉢から物を取り除いても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-208194 – ケーキにcandleを設置しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-208477 – 最大高度制限より高度が高い空間に入るとゲームがクラッシュする。
  • MC-208602 – コマンドで呼び出したAxolotlがすぐに乾燥してダメージを受ける。
  • MC-209903 – 羊、キノコ、スノウゴーレムにハサミを使っても、Sculk sensorが作動しない。
  • MC-209926 – ドラゴンブレスを集めても、Sculk sensorが作動しない。
  • MC-209953 – candleを消しても、Sculk sensorが作動しない。
  • MC-210000 – ブレイズが火の玉を発射しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-210282 – シルバーフィッシュとエンダーマイトが地面を移動しても、Sculk sensorが作動しない。
  • MC-210495 – 焚き火やcandleにファイヤーチャージで火をつけても、Sculk sensorが作動しない。
  • MC-210815 – シュルカーが弾を発射しても、Sculk sensorが作動しない。
  • MC-211119 – ウィザーがウィザーの頭蓋骨を発射しても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-212384 – ケーキを食べても、Sculk sensorが検出しない。
  • MC-212432 – スポーンエッグを使用しても、Sculk sensorが作動しない。
  • MC-212449/summonを使用してスポーンさせた魚、イカ(あるいはGlow Squid)がすぐに乾燥してダメージを受ける。
  • MC-213512 – bedrock editionからCopperブロックの名前が異なっている。
以前の開発版から
  • MC-212117 – 溶岩にglow lichenを設置すると、水源とともにglow lichenが設置される。
  • MC-212141 – 21w03aにアップグレードすると、シュルカーが回転して向きが変わる。
  • MC-212149 – プレイヤーがネザーポータルを通ってテレポートし、シュルカーのいるチャンクを再読み込みすると、シュルカーの向きがおかしくなることがある。
  • MC-212211 – クリエイティブのインベントリで、ツタとGlow lichenが一緒にあるとスタックされない。
  • MC-212215 – Glow Lichenの採掘速度が効率強化の影響を受けない。
  • MC-212284 – 密集したエンティティが成長して大人になると、ブロックを通り抜けてしまう。
  • MC-212290/setblock/fillのコマンドが高度1024以上で実行されないことがある。
  • MC-212331 – ボートから降りるときに、プレイヤーの方向へ降りていたものが、ボートの方向へ降ろされる。
  • MC-212347 – カスタムワールドのインポート時、高度制限が2048ではなく2047になっている。
  • MC-212422 – 高度制限を増加させてワールドを生成するとゲームがクラッシュする。
  • MC-212532 – シュルカーの弾がほかのシュルカーに当たると、そのシュルカーの向きが少しおかしくなってスポーンする。
  • MC-212537 – シュルカーの近くにプレイヤーがいると、シュルカーが開いたときにプレイヤーを持ち上げてしまう。
  • MC-212541 – シュルカーが生成されると、向きがよくおかしくなる。
  • MC-213257 – ドラウンドがcopperをドロップしない。
  • MC-213268 – ハーフブロック、階段、cut copperなど、石切台でCopperブロックの亜種がクラフトできない。

脚注[]

  1. "Minecraft Snapshot 21w05a" – Minecraft.net、2021年2月3日
Advertisement