Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,131
ページ
Minecraft 12w32a
First Beacon Block Image.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2012年8月9日

親バージョン

1.4.2

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

40

12w32aは、2012年8月9日にリリースされたJava Edition 1.4.2の最初のスナップショットである[1]

追加要素[]

村人ゾンビ
セーブデータ
  • ワールドのセーブデータのフォルダに新しく「villages.dat」というファイルが生成されるようになった。
コマンドブロック
  • アドベンチャーマップを意識した追加要素
  • レッドストーン信号によって活性化するとサーバー用のコマンドを実行できる
    • 一番近い位置のプレイヤーを指定するのに @player または @p が使える
  • クラフト不可能で、現在クリエイティブインベントリにも入っていないが、コマンド /give 137 を使うことで入手できる。
コマンド
  • /difficulty <変更する難易度>
  • /gamerule <ルール名> [値(値では false か true かを定義できる)]
    • keepInventory 以外の 全てのルールはデフォルトで true に設定されている
    • 使用可能なルールは以下の通りである
      • doFireTick(false では火は燃え広がらない)
      • mobGriefing(false ではクリーパーの爆発でブロックが破壊されない)
      • keepInventory(true では死亡時にインベントリが空にならない)
      • doMobSpawning(false では Mob がスポーンしない)
      • doMobLoot(false では Mob が落ちているアイテムを拾わない)
      • doTileDrops(false ではブロックを破壊してもアイテム化しない)
    • /spawnpoint [プレイヤー名] [<x> <y> <z>]
    • /weather <clear|rain|thunder> [持続時間(秒)]
ビーコン
  • ゲーム内では「製作中 (Work in Progress)」という名前になっている
    • エメラルドブロックダイヤモンドブロックのような貯蔵ブロックをピラミッド状に積み上げ、ビーコンを頂上に置くことで、プレイヤーはいくつかの効果の恩恵を受けられる
      • もし第一効果の部分でレベル Iのものを選んでいても、完全なピラミッドを作ればレベル IIの効果が得られる
  • 現在はクラフト不可能だが、レシピが計画中である
  • 最小効果範囲は16ブロックである
  • 明るさレベル15のを放つ
  • 効果範囲内のプレイヤーは4秒ごとに選択した効果を得られる
  • ピラミッドを最良の状態にするには、164ブロック用意する必要がある
暗視のポーション

変更要素[]

村人
  • 新しい交易には積極的に反応し、プレイヤーから攻撃された場合には消極的に反応するようになった
    • この効果は、その村人が近くの家を認識している場合、つまり主に自然スポーンした村人にのみ起こる
  • 未使用だが、怒っているように見える村人の顔のパーティクルが追加された:Angry Villager Particle.png
    • 交易内容を削除しなくなったが、他の物を交易するには古いものを更新する必要があるようになった
Mob
ゾンビ
  • 武器を持っているときにはゾンビの攻撃アニメーションが表示されるようになった
アイアンゴーレム
ヒツジ
  • スポーンエッグから、天然色(白、灰、茶、桃など)のヒツジスポーンするようになった
  • クレジット末尾の引用元の記載が「マーク・トウェーン」から「不明」に変更された

修正[]

2個のバグを修正

  • /me コマンドがオペレーター権限者に効かないバグを修正
  • /tell コマンドが動作しないバグを修正

脚注[]

Advertisement