Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,143
ページ
Minecraft 1.5.2
Release 1.5.2.png
エディション

Java Edition

リリース日

プレリリース: 2013年4月25日
リリース: 2013年5月2日

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー (.exe)

プロトコルバージョン

61

1.5.2の他の
エディション
  • Java Editionランチャー
  • Realms

1.5.2[1]は、2013年5月2日にリリースされたMinecraftJava Edition)のマイナーアップデートである[2]。このアップデートでは、1.5および1.5.1で発生していた一部のバグやクラッシュが修正された。このバージョンはPowerPC Macコンピュータで動作する最後のMinecraftの正式バージョンである。

また、1.5.2のプレリリースが2013年4月25日にリリースされた[3]。ただし、このプレリリースと正式リリースは同一のものである。

修正[]

24個のバグを修正
1.5以前にリリースされたバージョンから
  • MC-22 – ジュークボックスの音量が減らない
  • MC-502IllegalStateException::エンティティはすでに追跡されています!
  • MC-605 – インベントリインターフェースでの光源バグ
  • MC-748 – オフライン時のPingが悪い
  • MC-1035 – 砂が落ちた時の小さな高原バグ・落下している砂や砂利が紫や黒に変わる
  • MC-1123 – SMP: 英語以外の言語を使用する場合、金床が無駄にレベルを充填する
  • MC-2176 – シングルプレイのFPSの信頼性が非常に低い
  • MC-2652 – /spawnpointやベッドが出現地点を設定しない
  • MC-4253 – 環境ダメージを受けたエンダーマンが敵対的に描画される
  • MC-5564 – ゲームがNPCを止め、ブロックインターフェースが動作しない
  • MC-11984 – ブロックが緑と赤になって点滅する
1.5から
  • MC-8112 – 選択ブロックとかまど
  • MC-8260 – 実績「ホットトピック」のかまどのアイコンの面がない
  • MC-11229 – 金床を無料で使える
  • MC-11735 – インテルHD(ドライバ9.17.10.2xxx):クライアントが終了するまでグラフィックが点滅する・ブロックやMobが白・透明になる
1.5.1から
  • MC-11875 – 1.5HDテクスチャ:32×32以上のパックでの性能が非常に低い
  • MC-12133 – ブロックに撃った矢が浮いて見える
  • MC-12369 – 1.5.1のプレリリースサーバーでゲームがクラッシュする
  • MC-12594 – 256×256の絵画が機能しない
  • MC-12687 – 処理中スケルトンでのクラッシュ100%CPU OOM例外
  • MC-13206 – Minecraftが1フレームや1ティックごとにテクスチャを再作成しているため、テクスチャが高解像度の場合、性能に大きな影響が出る。
  • MC-13259 – スケルトンが矢を1~3本放ち、それが外れるとゲームがクラッシュする
  • MC-14221 – ネザーやエンドに入った1秒後にブロックの更新が止まる
  • MC-16763 – 無限パワーIの弓のバグ

脚注[]

警告: 既定のソートキー「Java Edition 1.05.02」が、その前に書かれている既定のソートキー「1.5.2」を上書きしています。

Advertisement