Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft 1.19.1 Pre-release 2
22w17a.jpg
Java Edition 1.19.1 Pre-release 2.png
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2022年6月30日

親バージョン

1.19.1

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741919
 hex: 4000005F

データバージョン

3110

1.19.1 Pre-release 2(ランチャー上では1.19.1-pre2)は、2022年6月30日にリリースされた、Java Edition 1.19.1に向けた2番目のプレリリースである[1]。このプレリリースでは、チャットの信頼状況の追加、チャットタイプに対する変更、安全なプロフィールのデフォルトでの有効化、および不具合の修正が行われた。

追加要素[]

全般[]

チャット
  • 安全なチャットシステムで署名がなされていないか、サーバーによって変更が加えられている場合、そのことが示されるようになった。
    • 署名が存在しないか無効であるようなメッセージには、「保護されていません」と示される。
    • 変更が加えられたメッセージには、「変更されています」と示される。
  • メッセージの信頼状況は、色付きのインジケータおよびアイコンの両方で表示される。
    • 色付きのインジケータは常に表示されている。
    • アイコンはチャット画面を開いている時のみ表示される。
  • アイコンの上にカーソルを乗せると、信頼状況に関する詳細が表示される。
    • メッセージが変更されていた場合、変更前のメッセージもツールチップ上に表示される。

変更要素[]

全般[]

チャット
  • chat_typesレジストリに追加されたチャットタイプがプレイヤーのチャットのみに使われるようになり、システムのメッセージには使われなくなった。
    • チャットタイプからsystemgame_infoが削除された。
  • チャットタイプが簡略化され、chatnarrationの装飾の定義にのみ要求されるようになった。
    • オーバーレイがチャットタイプでサポートされなくなった。
    • 代わりにシステムのメッセージがオーバーレイで表示されるようになった。
server.properties
  • 専用のサーバーでは、enforce-secure-profileがデフォルトで有効になった。

修正[]

7個のバグを修正
1.19.1の開発版から
  • MC-253112 – コマンド内でエンティティセレクタを使用すると、チャットパケットの署名が無効であるというログが出力される。
  • MC-253121 – Select Chat Messages to Report画面に、エンティティやその他プレイヤーのチャットでないメッセージが表示される。
以前の開発版から
  • MC-253493 – 通報カテゴリの説明文が見出しと重なっている。
  • MC-253495 – Select Report Categoryメニューの一覧で、Tab ↹キーで選択した場合、選択ボックスに白い枠が表示されない。
  • MC-253497 – 社交設定画面に、エンティティやその他プレイヤーのチャットでないメッセージが表示される。
  • MC-253501 – Select Chat Messages to Report画面に長大なメッセージがあると、選択ボックスやスクロールバーからはみ出す。
  • MC-253517 – オンラインのプレイヤーがオフラインのサーバーに接続しようとすると、「Invalid profile public key signature」として例外が発生する。

トリビア[]

  • リリース候補の後に同じバージョンのプレリリースが公開されたのは、本プレリリースが初である。

脚注[]

  1. 「Minecraft 1.19.1 Pre-Release 2」 – Minecraft.net、2022年6月30日
Advertisement