Minecraft Wiki

Minecraft Wikiは、Microsoftから公式ウィキとみなされなくなったため、ウィキのロゴを含むいくつかの変更が必要となりました。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

もっと見る

Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,154
ページ
Minecraft 1.18 experimental snapshot 6
1.18 Experimental Snapshot 1 banner.jpg
1.18 experimental snapshot 6 reddit.png
Java Edition 1.18 experimental snapshot 6 menu.png
エディション

Java Edition

種類

実験的スナップショット

リリース日

2021年9月1日

親バージョン

1.18

ダウンロード

クライアント (.json [fn 1])
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741870
 hex: 4000002E

データバージョン

2830

1.18 experimental snapshot 6は2021年9月1日にリリースされた、Java Edition 1.18に向けた6番目のスナップショットである[1][2]。地形生成に変更が導入され、バイオームの配置が微調整された。

変更要素[]

Mob[]

ウマラバロバ
ラマ
  • 干草の俵を手に持ったプレイヤーに追従するようになった。

ワールド生成[]

Aquifer
  • の底から入れるAquiferは、地下の洞窟と繋がっている確率が高くなった。
    • 行き止まりではなく地下のどこかに繋がっている洞窟の入口が、海底で見つかりやすくなった。
    • 一方これにより、海の下にある洞窟のY=0~40の領域が浸水している確率も上がった。
巨大樹のタイガ巨大トウヒのタイガ
  • 寒冷バイオームではなくなった。
    • 全体のバランスを維持するため、雪の降るバイオームと混ざる確率が下げられた。これは、雪のバイオームと混ざることで、他のバイオームを入れ替えてしまう虞があるためである。
Grovesnowy slopes
  • 山頂に生成されにくくなった。
  • 暖かいバイオームからずっと遠くに生成されるよう、生成システムが変更された。
源泉
  • 数がわずかに減少した。
湿地帯
  • 乾燥した地域に生成されるようになった。
  • 分断されて小さなバイオームが生じる確率が減った。
渓谷
  • 水中に生成される渓谷が再び追加された。
    • 生成に際して渓谷専用のシステムを使用することが無くなった。その代わり、通常のノイズを用いて海底に生成されるようになった。
    • 通常の渓谷にもより多くの種類が追加された。
全般
  • 寒冷な極小バイオームが生成されにくくなった。
  • Aquiferの中を潜っている時に空気を手に入れやすいように、水中のマグマブロックの数が増加した。
  • 海底の砂利も削って洞窟が生成できるようになった。

修正[]

問題点[]

このバージョンはバグトラッカーにサポートされていないため、問題点が『無効』として処理されている[3]

脚注[]

  1. Henrik Knibergによる「New world generation in Java available for testing」 Minecraft.net、2021年9月1日
  2. "Minecraft 1.18 experimental snapshot 6 is out!" – u/MrHenrik2、2021年9月1日
  3. MC-231984

注釈[]

  1. このファイルを.minecraft/versionsフォルダに解凍。
Advertisement