Minecraft Wiki

Minecraft Wikiは、Microsoftから公式ウィキとみなされなくなったため、ウィキのロゴを含むいくつかの変更が必要となりました。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

もっと見る

Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,151
ページ
Minecraft 1.18 experimental snapshot 4
1.18 Experimental Snapshot 1 banner.jpg
1.18 experimental snapshot 4 reddit.png
Java Edition 1.18 experimental snapshot 4 menu.png
エディション

Java Edition

種類

実験的スナップショット

リリース日

2021年8月17日

親バージョン

1.18

ダウンロード

クライアント (.json [fn 1])
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741868
 hex: 4000002C

データバージョン

2828

1.18 experimental snapshot 4は、2021年8月17日にリリースされたJava Edition 1.18に向けた4番目の実験的スナップショットである[1][2]。ワールド生成に関する様々な変更や微調整が行われた。

変更要素[]

ワールド生成[]

メサ
  • 規模が大きくなり、ごく狭域なバイオームとして生成されにくくなった。
  • テラコッタの地層が生成される高度が高くなった。
  • 木の生えたメサにおいて、木や草が生え始める高度が上昇した。
バイオーム
  • バイオームの配置が微調整され、バイオーム間での不自然な接合が減少した。
  • バイオームの配置がやや滑らかになり、かつバイオーム配置に用いられるノイズが弱められたことによって、狭域なバイオームの生成が減少した。
  • surface freezingは気温の高いバイオームでは発生しなくなり、雪が積もりはじめる高度が上がった。
砂漠
  • 規模が大きくなり、ごく狭域なバイオームとして生成されにくくなった。
  • 砂漠のピラミッドは部分的に砂に埋まった状態で生成されやすくなり、また水面の上に生成されることは無くなった。
山岳

(注.ここでの「山岳」とはJava Edition 1.18 experimental snapshot 2でExtreme_hillsに改名された従来の山岳バイオームである。1.18で追加された新しいMountainバイオームとは別のものであることに注意されたい。)

  • 地形の高度がさらに突出(Extreme)し、変わった地形が生成されやすくなったことでExtreme hillsが周囲の地形により合うようになった。
砂漠の寺院
  • の上に生成されなくなった。
鉱石の分布
  • 地表に存在する閃緑岩安山岩花崗岩の塊の量が減った。
  • 銅鉱石の鉱脈は、鍾乳洞においてより大きく生成されるようになった。
  • 新しいMountainバイオームにおける鉄の生成量が増加した。
  • 山がちな地形において、川が渓谷によって途切れて滝のように水が落ちるような現象が起きにくくなった。
  • 川は高地を流れる際「浸食を起こし深く切り立った崖を形成しその間を流れる(フィヨルド)」か、「2つの山頂の間になだらかな斜面を形成しそこをながれる(サドル・バレー)」のどちらかの形式をとる。
Snowy Slopes
Stone shore
Stony peaks
湿地帯
  • バイオームの配置が微調整された。
  • 内陸に広がって生成されにくくなった。

問題点[]

このバージョンはバグトラッカーにサポートされていないため、問題点が『無効』として処理されている[3]

脚注[]

  1. Henrik Knibergによる「New world generation in Java available for testing」 Minecraft.net、2021年8月17日
  2. "Minecraft 1.18 experimental snapshot 4 is out!" – u/MrHenrik2、2021年8月17日
  3. MC-231984

注釈[]

  1. このファイルを.minecraft/versionsフォルダに解凍。
Advertisement