Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft 1.18 experimental snapshot 2
1.18 Experimental Snapshot 1 banner.jpg
1.18 experimental snapshot 2 reddit.png
Java Edition 1.18 experimental snapshot 2 menu.png
エディション

Java Edition

種類

実験的スナップショット

リリース日

2021年7月20日

親バージョン

1.18

ダウンロード

クライアント (.json [fn 1])
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741866
 hex: 4000002A

データバージョン

2826

1.18 experimental snapshot 2[ママ] は2021年7月20日にリリースされたJava Edition 1.18に向けた二番目の実験的スナップショットである[1][2]。ワールド生成や、スポナーに関する多くの変更がなされた。

追加要素[]

NBTタグ
  • スポナーは新しく CustomeSpawnRules[ママ]のタグを持つようになり、プレイヤーはスポナーによって引き起こされるスポーンの仕様にを変更できるようになった。
    • このタグを用いると、スポナーによってモンスターが湧くことが出来る最大のBlockLightの値を決定するパラメータ BlockLightLimitを設定できる。

変更要素[]

Mob[]

全般

ワールド生成[]

海岸
  • 海岸の幅が拡大された。
    • ただし、景観にバリエーションを生み出すために全く海岸が存在しない部分もある。
高い丘
  • 従来の山岳バイオームは高い丘に改名され、同様に砂利の山も砂利の丘に改名された。
山岳(上記の高い丘とは別物)
  • 草地バイオームでヒツジがスポーンするようになった。
  • 草地バイオームでウサギがより頻繁にスポーンするようになった。
  • 草地バイオームでロバのスポーン率が下がった。
  • 草地バイオームでヒスイランが咲かなくなった。
  • 草地バイオームでは、トウヒの木々の中に稀に単体でオークの木やシラカバ の木が生成され、しばしばミツバチの巣を伴う。
  • 新しい山岳バイオームにも敵対Mobがスポーンするようになった。
  • 新しい山岳バイオームには虫食いの石が生成される。
鉱石の生成
  • エメラルド鉱石が新しい山岳バイオームにも生成されるようになった。
鉱脈
  • 規模がわずかに大きくなり、また生成頻度が上がった。
バイオーム
湿地帯
  • バグが修正され、正しく生成されるようになった。
繁茂した洞窟
  • 僅かに大きさが縮小、生成頻度も下げられた。
全般
  • バイオームの生成が滑らかになった。また、バイオームの規模が全体的に拡大し、バイオームが分断されたり、ぽつんと狭い範囲に生成されるようなケースが減った。
  • 地下のバイオームと地上のバイオーム間の干渉が減少した。ただし現在も時々洞窟の入口が地上に出現する。
  • 山頂の高度が上昇した。
    • 稀にではあるが、Y=260に届く山頂も生成される。
  • 広大な平地が生成される確率がわずかに上昇した。
  • ほとんどの構造物が然るべきバイオームに正しく生成されるようになった。
  • 巨大洞窟の入口が少し縮小され、深層岩の層に到達する可能性が下がった。
  • チーズ洞窟の大きさが平均的に少し縮小され、地表と交差する可能性が下がった。
  • 砂利など落下するブロックが、生成直後に落下するような場所に生成されるケースが下がった。
    • 一部が砂岩に置換されることで対策されている。

全般[]

  • 雲の高さが128から192に上がった。

トリビア[]

問題点[]

  • このバージョンはバグトラッカーにサポートされていないため、問題点が『無効』として処理されている。[3]

脚注[]

  1. Henrik Knibergによる「Javaで利用可能な新しいワールド生成の試験」 Minecraft.net、2021年7月20日
  2. "Minecraft 1.18 experimental snapshot 2 is out!" – u/MrHenrik2、2021年7月20日
  3. MC-231984

注釈[]

  1. このファイルを .minecraft/versions フォルダに展開する。
Advertisement