Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft 1.18 Pre-release 3
1.18-pre2.jpg
Java Edition 1.18 Pre-release 3.png
エディション

Java Edition

種類

プレリリース

リリース日

2021年11月17日

親バージョン

1.18

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741875
 hex: 40000033

データバージョン

2849

1.18 Pre-release 3(ランチャー上では1.18-pre3)は2021年11月17日にリリースされたJava Edition 1.18に向けた3番目のプレリリースである[1]。バグの修正が行われた。

変更要素[]

全般[]

サーバー
  • server.jarを空のbundlerMainClassで実行しようとすると、検証とファイルの抽出のみを行って退出するようになった。

修正点[]

16個のバグを修正
1.18以前にリリースされたバージョンから
  • MC-109260 – 全角文字が正しく表示されていない。
  • MC-132285 – 空中に孤立した水ブロックが生成される。
  • MC-185263 – キャッシュメモリ"semi-leak"に存在しないチャンクがある。
  • MC-223840 – 溶岩のAquiferの下を洞窟が通ったとき、その溶岩が更新されず、洞窟内に流れてこない。
  • MC-240229 – 特定の高度の範囲において、雨と雪が同時に降り注ぐブロックがある。
1.18の開発版から
  • MC-236740 – 地図の入った埋もれた宝を生成したり、そのチェストを開けたり破壊したりするとサーバー側でラグが生じることがある。
  • MC-236764 – ワールド生成中の雷にラグが発生する。
  • MC-239397 – 氷山の中に溶岩が生成される。
  • MC-239610 – 1.18のスナップショットで、1.17のチャンクをデシリアライズすることに失敗することで激しいワールドの破壊が発生する。
  • MC-239682 – ワールド生成がJavaのヒープ構造を圧迫しメモリがクラッシュする。
  • MC-239950 – バイオームに対して特徴の確認が実行されず、予期せぬラグが発生している。
  • MC-240483 – Groveにスポーンするキツネが降雪地の種ではない。
  • MC-240589 – 飛行しながらチャンクを読み込んでいると、ゲームが数分フリーズして、その後クラッシュする。
  • MC-241245 – Ore vein、特に鉄のOre veinが深層岩によって置換される。
  • MC-241255 – シングルバイオームのワールドで、ワールドに入った数分後に激しくパフォーマンスが低下する。
  • MC-241352 – ディレクトリの構造物がサーバーとクライアントで一貫性がない。

動画[]

slicedlimeによるアップデート紹介動画(英語)

脚注[]

  1. 「Minecraft 1.18 Pre-Release 3」 – Minecraft.net、2021年11月17日
Advertisement