Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft 1.18 Experimental Snapshot 1
1.18 Experimental Snapshot 1 banner.jpg
1.18 Experimental Snapshot 1 reddit.png
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 1 menu.png
エディション

Java Edition

種類

実験的スナップショット

リリース日

2021年7月13日

親バージョン

1.18

ダウンロード

クライアント (.json [fn 1])
サーバー

難読化マップ

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

 dec: 1073741865
 hex: 40000029

データバージョン

2825

1.18 Experimental Snapshot 1は、2021年7月13日にリリースされた、Java Edition 1.18に向けた最初の実験的スナップショットである[1]。新しい地形の生成が導入されており、preview data pack(最新版のみここからダウンロードできる)での要素が実装されている。

追加要素[]

ワールド生成[]

洞窟
  • 大規模に構造が再構成され、以前とは大きく異なる様相を呈している。
  • 下方向にY=-59まで伸びるようになった。
  • 洞窟は高さによって基調となる石が二種類に異なるようになった。
    • Y=0以上の層の洞窟は、通常ので構成されている。
    • 洞窟の基調はY=0からY=-7にかけて石から深層岩に変化する。
    • Y=-8以下、岩盤に至るまでの層では、深層岩が完全に石に置換されている。
  • 帯水層を含め、地下の様々な深さに生成される源は海面の高さY=63に影響を受けない。
    • Y=0以下では水の代わりに溶岩が生成されることがある[2]
  • 従来の洞窟を発展させ、様々な種類の洞窟が追加された[3]
  • チーズ洞窟、スパゲッティ洞窟、ヌードル洞窟の三種類の新しい洞窟が追加された。
    • 従来の洞窟も、新しい洞窟に良く合うように微調整されてはいるものの存在する。
    • チーズ洞窟には洞窟の天井から底に伸びる大きな石の塔が生成される。
      • 比較的広く、エリトラで飛行することが可能である。
      • 源泉や帯水層、鉱石に富んでいる。
    • スパゲッティ洞窟は長細い洞窟であり、小さな帯水層を持つ。
    • ヌードル洞窟はスパゲッティ洞窟より更に窮屈な洞窟である。
山岳
鉱脈

技術的情報[]

デバッグ画面
  • 新たにMultinoise(マルチノイズ)とTerrain(地形)の欄が追加された。
    • プレイヤーが生成にマルチノイズを用いているディメンションにいる場合のみ表示される。
    • マルチノイズの欄ではプレイヤーの現在いる位置で、バイオームを決定するために使用されたパラメータが表示されている。Cは陸地性(continentalness)、Eは浸食性(erosion)、Tは気温(temperature)、Hは湿度(humidity)、 Wは奇異性(weirdness)。
    • 地形欄は地形の生成に関する情報を記している[情報提供依頼]

変更要素[]

ブロック[]

スカルクセンサー
  • クリエイティブインベントリに復活した。

アイテム[]

バンドル
  • クリエイティブインベントリに復活した。
  • 再びクラフトできるようになった。

Mob[]

ウーパールーパー
ヤギ
  • 新しい山岳バイオームでスポーンするようになった。[情報提供依頼]
全般
  • 敵対的Mobは光レベルが0の場所でのみスポーンするようになった。
    • この変更はブロックの明るさについての変更であり、日光に関しては適用されない[4]

ワールド生成[]

オーバーワールド
  • マルチノイズ式バイオーム生成を用いるようになった。
繁茂した洞窟鍾乳洞
  • 地下または丘や山岳の内部にのみ生成されるようになった。
    • ツツジの木が繁茂した洞窟の地上に生成されるようになった。
暖かい深海
  • 自然に生成されるようになった。
沼地
  • 正常に生成されていない。今後の実験的スナップショットで修正されるだろう[5]
下位バイオーム

1.18 Experimental Snapshot 1での新しい鉱石生成。

鉱石分布
  • 新しい鉱石分布が実装された。以下に1.17からの変更点を記す。
    • 全ての鉱石について、従来はある高度の範囲で一定の割合で生成されていた(均一分布)鉱石が、従来のラピスラズリ鉱石と同様、ある高度の範囲内で連続的に分布量が変化するようになった(斜状分布)。ただし、一部の鉱石は従来の均一分布制を併せ持っているなど複数の生成システムをもつ。詳細は以下の通り。
  • 石炭鉱石     ・Y=136~256で均一分布
             ・Y= 0~192で斜状分布(最大Y=96)
  • 鉄鉱石      ・Y=128~256で斜状分布(最大Y=256)
             ・Y=-24~ 57で斜状分布(最大Y=16)
             ・Y=-64~ 72で均一分布
  • 銅鉱石      ・Y= 0~ 96で斜状分布(最大Y=48)
  • 金鉱石      ・Y=-64~ 32で斜状分布(最大Y=-16)※荒野の特殊分布は未変更  
  • レッドストーン鉱石・Y=-64~ 15で均一分布
             ・Y=-64~-32で斜状分布(最大Y=-64)
  • ラピスラズリ鉱石 ・Y=-64~ 64で均一分布
             ・Y= 32~-32で斜状分布(最大Y=0)
  • エメラルド鉱石  ・Y= 0~256で斜状分布(最大Y=256)※山岳バイオームのみ
  • ダイヤモンド鉱石 ・Y=-64~ 16で斜状分布(最大Y=-64)
全般
  • 地形の生成はバイオームからは独立するようになり、生成過程を通じてバイオームの特徴が生成された地形に適用される、という仕様になった[6]
    • これにより、個々のバイオームにおいて形状や標高の意味で多様な地形が生成されることになる。
      • 例えば、砂漠が丘を生成するために独自のバイオームを必要としなくなった。
    • さらにこれによりバイオーム間の滑らかな変化がみられるようになった。
  • 地形自体もより滑らか、あるいは突出したものになっている。

全般[]

建築高度制限
  • 下限はY=-64、上限はY=320となり、縦方向に計384ブロックの領域で建築、冒険を楽しめるようになった。
    • これに伴い、奈落でダメージを受ける高度がY=-64からY=-128に変更された。
ワールドタイプ

ギャラリー[]

問題点[]

  • このバージョンはバグトラッカーにサポートされていないため、問題点が『無効』として処理されている[7]

トリビア[]

  • 今回実に10年以上振りに、光度に関する敵対Mobのスポーン条件が変更された。「光度7以下」という従来のルールはMinecraftがまだIndevだった頃の2010年2月4日に実装され、スポーン条件が高度によって規定されていたJava Edition Alpha v1.2.0からJava Edition Alpha v1.2.0_02を除いてずっと保持されてきた。
  • このスナップショットは初めて「実験的スナップショット(Experimental Snapshot)」という語を用いた開発版であり、通常のスナップショットのアップデートが始まるのは今年の9月ごろになるだろう[1]
  • 今回は2018年のJava Edition 1.13以来初めて地形に変更が加えられ、また地形が完全に構成し直されたのは2013年のJava Edition 1.7.2以来である。

脚注[]

注釈[]

  1. このファイルを .minecraft/versions フォルダに展開する。
Advertisement