メインメニューを開く

1.16.4は、2020年11月2日にリリースされたJava Editionのマイナーアップデートである。 このアップデートでは、社交設定画面が追加され、バグも修正された。

目次

追加要素編集

全般編集

チャット
  • 一致した名前のチャットを非表示にする設定が追加された。
    • 一部のサーバーでは、チャットメッセージを標準ではない形式で送信している。この設定を有効にすると、ゲームはメッセージのテキスト一致をすることでチャットを非表示にする。
社交設定画面
  • 自分と、その他の特定のプレイヤーとのチャットを無効にする機能であり、そのプレイヤーから受信するメッセージを非表示にする。
  • デフォルトでは、Pで表示できる。
  • サーバーに再参加すると、プレイヤーが非表示になっているかどうかの状態はリセットされる。
  • プレイヤーの情報が、ソーシャルインタラクション画面の名前の下に表示されるようになった。

変更要素編集

アイテム編集

ネザライトのレギンス
  • ネザライトのレギンスの見た目が変更された。

全般編集

アカウント
  • Microsoftアカウントでログインすると、そのアカウントでブロックしているプレイヤーもゲーム内でブロックされるようになり、アカウントの制限が尊重されるようになった。
アクセシビリティ
  • アクセシビリティ設定の画面内に、"Accessibility Guide"ボタンが追加された。
クラッシュ
  • パフォーマンスの低下によりサーバーがクラッシュした場合に備えて、クラッシュログに詳細情報が追加されるようになった。
設定
  • options.txtに、"joinedFirstServer"オプションが追加された。
プロトコルバージョン
  • スナップショットに新しいネットワークプロトコルの案として、上位ビット(ビット30)が設定された。 プロトコルバージョンはスナップショットごとに1ずつ増加するが、ネットワークプロトコルに互換性がある場合、正式リリースでは以前の正式リリースと同じプロトコルバージョンが維持される場合がある。
マルチプレイヤー
  • サーバーとクライアントのバージョンに互換性がない場合、濃い赤のメッセージの代わりに赤いメッセージが表示される。
  • マルチプレイヤーが無効になっている場合、表示されるメッセージが、"Multiplayer is disabled. Please check your launcher settings."から、"Multiplayer is disabled. Please check your Microsoft account settings."へと変更された。
スプラッシュ
  • Black LivesMatterの動きに関連するスプラッシュがsplashes.txtに追加された。これらのスプラッシュはランチャーアップデートを介してゲームに追加されたが、splashes.txtには存在しなかった

修正編集

3個のバグを修正
1.16.1から
  • MC-192434 – 装備されたネザライトのレギンスの3Dモデルが正しく描画されない。
1.16.2から
  • MC-199487 – ワールド生成の行き詰まりにより、ゲームがクラッシュする。
1.16.3から
  • MC-201885 – エンダードラゴンの翼(翼の中央と同じ位置)で生きているエンティティを召喚すると、エンティティに無限の速度が与えられ、サーバーがクラッシュすることがある。

脚注編集


警告: 既定のソートキー「Java Edition 1.16.04」が、その前に書かれている既定のソートキー「1.16.4」を上書きしています。