Minecraft Wiki
Advertisement
beta 1.18.30.20
Bedrock 1.18.30.20 PatchNotes.jpg
Bedrock 1.18.30.20.png
Bedrock 1.18.30.21.png
エディション

Bedrock Edition

種類

ベータ版

リリース日

Xbox、Windows、Android、iOS/iPadOS: 2022年3月3日

親バージョン

1.18.30

プロトコルバージョン

495

Beta 1.18.30.20(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.18.30.21(iOS/iPadOS、Xbox、Windows)は、Bedrock Edition 1.18.30の6番目のベータバージョンで、2022年3月3日にリリースされた[1]。このバージョンではSculk Shriekerの変更、防具のダメージ軽減の弱体化、バグ修正などが行われた。

変更[]

アイテム[]

防具
  • 新しい防具貫通攻撃の仕組みの影響を最小化するため、防具強度が追加された。
    • ダイヤモンドの防具とネザライトの防具がそれぞれ2と3の防具強度をもつようになった。
    • ネザライトの防具がダイヤモンドの防具よりもダメージを多く軽減するようになった。
  • 防具強度を考慮してダメージ軽減の計算が調整された。
  • 新しい防具貫通攻撃の仕組みによって防具の防御力が下がり、攻撃力が増加するにつれて防御点のカウントが減少するようになった。攻撃によって体力が2♥減少する度に有効な防御点が1 ()減少するが、防御点の20%を下回らなくなった。防御点1つの防御力は常に4%にはならず、0.8%から4%になる。
  • ネザライトの防具のノックバック耐性の値が減少した。各防具のノックバック耐性は22.5%から10%になり、一式装備した場合の値は90%から40%になった。

ゲームプレイ[]

エンチャント
  • 防護が衰弱のような負のステータス効果によるダメージを軽減するようになった。[2]
  • 防護のエンチャントがJava Editionに合わせる形で弱体化され、防護Ⅳの防具一式では最大限の防御力を得られなくなった。[3]

技術的[]

全般
  • データ駆動型ブロックからpreventsjumpingcomponentが削除された。
描画
  • 全てのAndroidとiOSデバイスでRenderDragonがテストされるようになった。
JumpToBlockの動作
  • JumpToBlockの動作がJumpBoostをもつMobの効果に正しく影響されるようになった(MCPE-137432)。
ブロックコンポーネント
  • 試験的なBlockCollisionComponentsで部分指定できない問題を修正。

試験的[]

これらの追加要素と変更は、「ワイルド アップデート」と「ゲームテスト フレームワーク」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

変更[]

ブロック[]

Sculk Shrieker
  • スカルクセンサーの振動パーティクルを感知するようになった。
  • Warden(将来のBeta/Previewで追加予定)をスポーンさせる警戒レベルが、時間経過で減少するようになった。

技術的[]

ゲームテストフレームワーク
  • BlockExplodeEvent
    • destroyedBlockPermutationが削除された。
  • ワールドの音楽管理のために追加された:
    • queueMusic(trackName : string, musicOptions : MusicOptions)
    • playMusic(trackName : string, musicOptions : MusicOptions)
    • stopMusic()
  • MusicOptionsJSクラスにvolume、fadeSeconds、loopプロパティが追加された。
  • エンティティがダメージを受けた際に発動するイベント entityHurt(entityHurtEvent: EntityHurtEvent, options?: EntityEventOptions)が追加された。
  • 「Minecraft」と「GameTest」のインポートが削除された。
    • 現在はmojang-minecraftmojang-gametestが使用される。

修正[]

安定性とパフォーマンス
  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるいくつかのクラッシュを修正。
  • Androidで、アプリを中断した際にクラッシュする可能性がある問題を修正。
ゲームプレイ
  • 横画面分割時に縦の視野が半分にならなくなり、分割プレイ時に本と羽根ペンなどのアイテムが見やすくなった。
  • ワールド生成時の村などの構造物の周囲の地形が調整された(MCPE-145659)。
  • ゲームルール「TNT火薬の爆発」が無効で、ゲームルール「火の延焼」が有効の場合、着火したTNT火薬が消滅しなくなった(MCPE-82485)。
  • 重力の影響を受けるブロックが雪の上に置かれた際、その上に浮遊せずに落下するようになった(MCPE-151407)。
バニラパリティ
  • クリエイティブモードで浮遊中のプレイヤーが液体で流されなくなった(MCPE-84592)。
  • 農民の村人が作物に骨粉を使用できるようになり、コンポスターで余分な種を骨粉に変えられるようになった(MCPE-74079)。
  • 防護のエンチャントが、ほとんどの種類のダメージに対して適切に機能するようになった(MCPE-40651)。
  • 体力が視覚的にしか回復しない原因となる非同期問題を修正。
  • 石筍に着地した際のダメージが落下ダメージとして認識されるようになった(MCPE-151192)。
  • ダメージを受けた際の無敵状態が正しく適用されていなかった問題を修正。
  • 防護のエンチャントで軽減されるダメージが大きすぎる問題が修正され、Java Editionと一致するように変更された(MCPE-113191)。
  • 衰弱の効果を受けている間、衝撃吸収のハートが黄色のままでなくなった(MCPE-131852)。
  • ネザライトの防具が与えるノックバック耐性の量が減少した(MCPE-109408)。
  • パンチのダメージが減少し、Java Editionと一致するようになった(MCPE-152713)。.
描画
  • 発光するイカのテクスチャで、アルファチャンネルの発光部分の分布が誤っているため、光っていないテクスチャのパッチが見つかるバグを修正(MCPE-117507)。
  • ブロックのアウトライン選択が無効の場合にクロスヘアが消える問題を修正。
  • 炎上しているプレイヤーは、ゲーム内のカメラ視点に関係なく、インベントリ画面でプレイヤーの正面に炎が描写されるようになった(MCPE-147777)。
  • 人形表示上に表示される革の防具のハイライト効果が修正された(MCPE-75321)。
アイテム
  • バケツ1杯の熱帯魚は、魚を捕まえた後に間違った名前を表示しなくなった。
マーケットプレイス
  • 商品ページからスキンを適用する際に、スキンの適用に関する注意が表示されるようになった。
Mob
  • ラヴェジャーが行商人を狙って攻撃するようになった(MCPE-44606)。
  • 発射装置からスポーンしたMobが自然消滅しなくなった(MCPE-110521)。
  • シュルカーが別のシュルカーと同じブロックを占めることを好まなくなった(MCPE-43972)。
  • シュルカーがテレポート前に隣接するブロックの面へ優先してくっつくようになった。
  • シュルカーは、現在くっついているブロックの面が有効の場合、直立姿勢に切り替わらずその面にくっついたままになるようになった。
ユーザーインタフェース
  • ワールド新規作成画面で、特定の言語のテキストが正しくレンダリングされない問題を修正(MCPE-151948)。
村人
  • 製図家との取引で常に森林探検家の地図がアンロックされるようになった(MCPE-152725)。
コマンド
  • 読み込まれていない場所の位置で /loot spawnコマンドを使用し、ドロップする戦利品が0の場合、正しいエラー出力が表示されるようになった。
  • /lootコマンドにInsert lootとInsert killのオーバーロードが追加された。
  • クライアントの参加前に実行されたTitleコマンドは、無視されずに表示されるようになった。

脚注[]

  1. 「Minecraft Beta & Preview - 1.18.30.20/21」 – feedback.minecraft.net、2022年3月3日
  2. MCPE-40651
  3. MCPE-113191
Advertisement