Minecraft Wiki
Advertisement
beta 1.18.20.25
Bedrock 1.18.20.25 PatchNotes.jpg
Bedrock 1.18.20.25.png
Bedrock 1.18.20.26.png
エディション

Bedrock Edition

種類

ベータ版

リリース日

Xbox、Windows、Android、iOS/iPadOS: 2022年2月9日

親バージョン

1.18.30

プロトコルバージョン

491

Beta 1.18.20.25(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.18.20.26(iOS/iPadOS、Xbox、Windows)は、Bedrock Edition 1.18.30 [fn 1]の3番目のベータバージョンで、2022年2月9日にリリースされた[2]。このバージョンでは、満腹度システムの変更やバグ修正が行われた。

追加要素[]

コマンドフォーマット[]

/placefeature
  • 設定された構造物や生成物を任意の場所に配置するのに使用できる。
  • まだ完全にコマンドが実装されていないため、次のベータバージョンで削除された[3]

変更[]

ゲームプレイ[]

満腹度
  • ビヘイビアーパック(add-on)により、空腹時の減少量が変更可能になった。
  • 満腹度消耗値:空腹時の減少量がJava Editionに合わせて変更され、プレイヤーがダッシュしたり泳いだりした際の減少量が適切になり、ジャンプ時の減少率が大きく下がった。
動作 以前の値 新しい値 単位
泳ぐ 0 0.01  1メートルあたり
ダッシュ 0 0.1 1メートルあたり
ブロックの破壊 0.025 0.005 ブロック1つあたり
ジャンプ 0.4   0.05  1回あたり
Mobを攻撃する 0.3   0.1   1回あたり
ダッシュ中のジャンプ 1.6   0.2   1回あたり

アイテム[]

ボート
  • トウヒのボートのテクスチャがSpruce Boat (item) BE4.pngからSpruce Boat (item) JE3 BE5.pngに変更された。しかし、この変更はゲーム内では確認できない[4]

試験的なゲームプレイ[]

これらの追加要素と変更は、 「ワイルド アップデート」、「今後のクリエイター機能」、「ゲームテスト フレームワークを有効にする」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

変更[]

ブロック[]

Frogspawn
  • 下から見た際に視認できなくなった。
  • カエルとカメを垂直方向から誘引可能になった。
Froglight
  • ランダムに回転しなくなった。
  • 横向きに設置できるようになった。
  • Pearlescent Froglight BE2.pngVerdant Froglight BE2.pngOchre Froglight BE2.png テクスチャが変更された。

アイテム[]

ヤギの角
  • ヤギの角が折れた際に音が鳴るようになった。
  • 一人称視点と三人称視点で使用した際にアニメーションが表示されるようになった。

技術的[]

ゲームテストフレームワーク
  • BlockInventoryComponent
    • ラージチェスト内のアイテムへアクセスするとクラッシュしたり、一貫性が無かったりする問題を修正。
  • nameTagpropertyが追加された
  • idpropertyが追加された
  • MinecraftDimensionTypeswithにビルトインディメンションのIDの定数が追加された
  • ディメンションにItemStackを生成するspawnItemtoが追加された
  • Entitiesに以下のコンポーネントが追加された:
    • minecraft:can_climb
    • minecraft:can_fly
    • minecraft:can_power_jump
    • minecraft:fire_immune
    • minecraft:floats_in_liquid
    • minecraft:is_dyable
    • minecraft:is_baby
    • minecraft:is_charged
    • minecraft:is_chested
    • minecraft:is_hidden_when_invisible
    • minecraft:is_ignited
    • minecraft:is_illager_captain
    • minecraft:is_saddled
    • minecraft:is_shaking
    • minecraft:is_sheared
    • minecraft:is_stackable
    • minecraft:is_stunned
    • minecraft:is_tamed
    • minecraft:wants_jockey
Volume
  • Volume定義がレベルディレクトリではなく、ビヘイビアーパックで保存、読み込みが行われるようになった。

修正[]

ゲームプレイ
  • アメジストのかたまりを設置したときに、余分なブロックから水が消滅するようになった(MCPE-148394)。
  • ウチワサンゴの経路の修正が元に戻された。
  • 満腹度の減少率がJava Editionのものに合うよう調整された(MCPE-56031)。
    • ダッシュ時や水泳時に満腹度が適切に減少するようになった。
    • ジャンプ時の減少率が下がった。
    • ビヘイビアーパックで満腹度消耗値を調整できるようになった。
Mob
  • エンティティが火炎耐性の効果を受けても火のダメージを防げない問題を修正。
  • ボートに乗っているMobがJumpToBlockGoalなどを使用できなくなった(MCPE-150750)。
ユーザーインタフェース
  • リスポーン後にスニーク状態になるのを防ぐため、プレイヤーが死亡するとスニーク状態が解除されるようになった。
  • ワールド新規作成画面に「リソースパック」タブが追加された。
技術的
  • /playanimationコマンドを使用して、人形表示とインベントリのキャラクターを更新できるようになった(MCPE-137353)。
  • Fogの設定を上書きする際、デフォルトでバイオーム固有のバニラのFog設定を使用するようになった。
  • クライアントの参加前に実行されたTitleコマンドは、無視されずに表示されるようになった。
  • RTXが有効なワールドの終了時、レイトレーシングのリソースが早期に破壊されるケースを修正。

注釈[]

  1. Bedrock Edition 1.18.20のゲームバージョンは1.18.30に統合され、ベータバージョンは1.18.30の一部になった。[1]

脚注[]

Advertisement