Minecraft Wiki
Advertisement
beta 1.18.0.24
Bedrock 1.18.0.24 PatchNotes.jpg
Bedrock 1.18.0.24.png
エディション

Bedrock Edition

種類

ベータ版

リリース日

Xbox、Windows 10、Android: 2021年10月27日

親バージョン

1.18.0

プロトコルバージョン

475

Beta 1.18.0.24は、Bedrock Edition 1.18.0の5番目のベータバージョンで、2021年10月27日にリリースされた。このバージョンでは、古いワールドを開く際の警告メッセージの追加、バグ修正が行われた。[1]

変更[]

Mob[]

マグマキューブ
  • アイアンゴーレムに攻撃するようになった。
スライム
  • スノウゴーレムに攻撃しなくなった。

ワールド生成[]

バイオーム
  • 一部のバイオームのID名称が変更された:
以前の名称 新しい名称
lofty_peaks jagged_peaks
mountain_grove grove
mountain_meadow meadow
snow_capped_peaks frozen_peaks
廃坑
  • 木の柱がから丸太に変更された。
シード値
  • 再び調整された。同じシード値のワールドは、以前のベータバージョンとまったく同じようには見えなくなる。[2][3]

全般[]

ワールド選択
  • 古いワールドを開いて更新する際に、ワールドのバックアップオプションを含む警告が表示されるようになった。
    • 有効にすると、ワールドの新たなコピーが作成される。

修正[]

ブロック
  • プレイヤーが「設置」ボタンを長押しして水、溶岩、粉雪を連続で設置できるようになった(MCPE-139671)。
  • ライトブロックがベッドや絵画などの支持が必要なブロックを支持しなくなった(MCPE-144311)。
廃坑
  • 廃坑の柱が溶岩の中に生成されなくなった(MCPE-135221)。
  • 廃坑に土の床が生成されなくなった(MCPE-141583)。
  • 廃坑の柱が丸太ブロックで生成されるようになった(MCPE-125133)。
ゲームプレイ
  • 特定のワールドのサイズが大きくなるとRAM使用率が高くなる問題を修正(MCPE-143156)。
  • 小さなドリップリーフを持ちながら水の下を狙うと、水の色が明るくなっていた問題を修正(MCPE-123373)。
  • 背の高い花が上半分に置かれた水で壊れた場合、アイテムを1個だけドロップするようになった(MCPE-142799)。
  • 地形が透けて見えることがある問題を修正。
  • Education Editionの機能:NPCがアイドル音を出さなくなった(MCPE-141856)。
  • コーラスフルーツが負のY座標で正しく機能するようになった(MCPE-135951)。
アイテム
  • プレイヤーから離れたときの着火したTNT火薬、残留ポーション、スプラッシュポーション、エンチャントの瓶の動きの滑らかさが調整された(MCPE-101102)。
  • Education Editionの複数のアイテムが「craftingScreen.tab.none」のツールチップを表示しなくなった(MCPE-102444)。
  • 地上に生える全ての植物が菌糸の上に設置できるようになった(MCPE-125928)。
Mob
  • 繁茂した洞窟でウーパールーパーがスポーンする確率が増加した。
  • 魚がウーパールーパーから逃げるようになった。
  • マグマキューブはアイアンゴーレムに正しく敵対し、スライムはスノーゴーレムに敵対しなくなった(MCPE-51162)。
  • ファントムが山岳に向かって突っ込もうとした際、止まった後に経路探索できるようになった( MCPE-119773)。
ワールド生成
  • 鉱石生成がJava Editionと一致するよう調整された。
  • 砂利がワールド生成時に正しくディープスレートを置き換えるようになった(MCPE-144080)。.
  • 金鉱石が荒野で多く生成され過ぎなくなった。
  • 溶岩源が凍った海バイオームに生成されなくなった(MCPE-144733)。
  • ディープスレート銅鉱石がワールドに正しく生成されるようになった。
  • 洞窟と崖の新たな山岳バイオームの名称が更新され、Bedrock EditionとJava Editionで一致するようになった。
ユーザーインタフェース
  • テキスト内のアイコンのレンダリングが修正され、色が歪んで表示されなくなった。
技術的
  • JSONで指定されていないMobのデフォルトの召喚性を修正。
  • 移動しないMobに対する「RangedAttackGoal」のパフォーマンスを改善。

脚注[]

Advertisement