Minecraft Wiki
Advertisement

このページは、Bedrock Edition 1.19.0の開発版をまとめた一覧である。

beta 1.19.0.20

Beta 1.19.0.20(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.21(Xbox、Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の最初のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月6日にリリースされた。[1]このバージョンではMangrove SwampバイオームやMangrove Wood、各バリエーションのMudの追加やバグ修正などが行われた。

追加要素

ブロック

Mangrove Leaves
  • 新たな種類の葉っぱブロック。
Mangrove Log
  • 新たな種類の丸太で、皮のはがれた丸太も存在する。
  • Mangrove WoodやMangrove Plankの作成に利用できる。
Mangrove Planks
Mangrove Propagule
  • 新たな種類の苗木。
  • 下面が露出したMangrove Leavesに骨粉を使用することで生える。
    • プレイヤーが設置したものでない、自然生成されたMangrove Leavesから生えることもある。
    • 完全に成長するまで4段階があり、骨粉で成長を促進できる。
  • 完全に成長しきったものは破壊でき、これを植えるとでMangrove Treeに成長する。
  • 水中にも設置できる。
  • 植木鉢に設置できる。
Mangrove Roots
  • 葉っぱと同様に透けるブロックだが、浸水可能である。
  • 適正ツールはである。
  • 葉っぱとは異なり、ピストンで押されても破壊されない。
Mangrove Wood
  • 新たな種類の木であり、皮のはがれた木も存在する。
  • Mangrove Planksの作成に利用できる。
Mud
Mud Bricks
Muddy Mangrove Roots
  • 1個のMudと1個のMangrove Rootsから作成できる。
  • Mangrove Rootsとは異なり、不透過ブロックで浸水もしない。
  • 適正ツールはである。
Packed Mud
  • 1個のMudと1個の小麦から作成できる。

アイテム

Mangrove Boat
  • Mangrove Planksから作成できる新たな種類のボート。
  • Mangrove Boat with Chestの作成に利用できる。

ワールド生成

Mangrove Swamp
  • 暖かくて湿度が高い新たなバイオームで、沼地がよく見られる。
  • 新たな種類の木であるMangrove Treesが生成される。現在、Mangrove Logは樫の丸太に置き換えられている。
  • 地面は厚いMudの層で覆われている。

全般

設定
  • 設定画面に「Darkness Effect Strength」のアクセシビリティスライダーが新たに追加された。
    • WardenとSculk ShriekerがDarknessでプレイヤーに与える闇の強さを調整できる。
スプラッシュ
  • 以下のスプラッシュテキストが追加された:
    • 「Shriek like a Sculk Shrieker!」
    • 「Who let the frogs out?」
    • 「RIBBIT!」
    • 「Croak team!」
    • 「Nooooooooooooo!」
    • 「Flower forest TM perfume」
    • 「Hat Fridays!」

変更

ブロック

スカルクセンサー
  • 以下のようなより多くの振動を感知できるようになった:
    • 水中でのスニーク
    • コンテナの開閉
    • キャンドルの設置、点灯、消灯
    • 食料を食べたり、ポーションを飲んだりしているプレイヤー
    • 大きなドリップリーフの状態変化
    • Goat Hornの演奏
    • 投射物の着弾(プレイヤーがスニーク中に発射した場合を除く)
    • 溶岩に落下した音
    • スカルクセンサーの上でのスニーク
Allay
  • アイテムを持っている状態で首ひもと名札を付けられるようになった。
  • 新しい効果音が追加された。
  • 主人に追いかけていないときは動きが遅くなり、以前より離れた所から主人を追いかけるようになった。
Frog
  • Mobを食べながら鳴かなくなった。
オウム
  • Wardenの声真似をするようになった。
行商人
  • ドアの開閉ができなくなった。
  • ランダムに動き回るようになった。
  • ポーションを飲んでいるときの音がJava Editionのものと一致するようになった。
  • 透明化状態になるときと解除するときの音が追加された。
  • 名札で名前を付けられるようになったが、デスポーンを防げるわけではない。
Warden
  • トロッコなどの生物でない物体や、他のWardenに対して怒らなくなった。
  • デスポーンしたエンティティに対する怒りレベルを保持できるようになった。
  • 負傷、死亡、怒り声の効果音が追加された。

ゲームプレイ

Darkness
  • Java Editionと同様、黒い霧が発生するように更新された。

修正

ワイルドアップデート
  • Allayがアイテムを持っているときに首ひもを付けられるようになった(MCPE-153068)。
  • Allayがアイテムを持っているときに名札を付けられるようになった(MCPE-153079)。
  • スカルクセンサーが水中でスニークしているプレイヤーを感知できるようになった(MCPE-117244)。
  • スカルクセンサーがコンテナの開閉を感知できるようになった(MCPE-135140)。
  • スカルクセンサーがキャンドルの設置、点灯、消灯を感知できるようになった(MCPE-141453)。
  • スカルクセンサーが、食料を食べたりポーションを飲んだりしているプレイヤーを感知できるようになった(MCPE-135114)。
  • スカルクセンサーが、大きなドリップリーフの状態変化を感知できるようになった(MCPE-153115)。
モバイル版のタッチ操作
  • クラシック以外のタッチ操作で、ブロックを破壊した指を画面から離し、2本目の指を使って移動した場合に、ブロックのハイライトが残らなくなった。
  • 新しいタッチ操作でボートを操作できない問題を修正(MCPE-152984)。
  • 足場の上にいるときに下降できない問題を修正(MCPE-152989)。
  • 三人称視点のカメラで正面を向いたときの動作の反転が削除された(MCPE-153168)。
全般
  • プレイヤーに乗っているオウムの頭が常にプレイヤー側を向くバグを修正。
  • 落下中にベッドへ入ると落下ダメージを受けるバグを修正(MCPE-153122)。
  • 子供のラマが頭の上から唾を吐くバグを修正(MCPE-144948)。
  • エンティティコンポーネント、「component_groups」、及び「add」/「remove」イベントで、JSON以外のオブジェクトを含むビヘイビアーパックを読み込むとクラッシュする問題を修正(MCPE-151377MCPE-151380)。
  • 柵と壁がベルに接続しなくなった(MCPE-152757)。
描画
  • Wardenの発光テクスチャで、右腕下面の発光色がないテクスチャのバグを修正(MCPE-153664)。
  • Allayが持ったトライデント、弓、双眼鏡、クロスボウ、盾が見えなくなるバグを修正(MCPE-152965)。
  • キツネが咥えたトライデント、弓、双眼鏡、クロスボウが描写されないバグを修正(MCPE-135346)。
  • クモの左脚のテクスチャが反転するようになった(MCPE-152927)。
  • オオカミの左耳と左脚のテクスチャが反転するようになった(MCPE-152931)。
  • 調合台のアームのテクスチャが基板に接触しないバグを修正(MCPE-152932)。
  • 調合台の基板のテクスチャ更新され、基板のUVが移動された。
  • 調合台のアームの回転が修正された。
  • エンドポータルのテクスチャが変更され、エンドポータルとエンドストーンのテクスチャがより自然に移り変わるようになった(MCPE-152930)。
  • 果てのロッドのテクスチャから未使用のピクセルが削除された(MCPE-152929)。
  • 菌糸の側面テクスチャが他の土系ブロックと一致するよう更新された(MCPE-152928)。
  • 果てのクリスタルのビームが標的のブロックより遥か上を向くバグを修正。
  • プレイヤーがMobの頭を装備しているときに、プレイヤーの頭の下側でZファイティングが発生するバグを修正(MCPE-149125)。
行商人
  • 行商人がドアを開閉しないようになった(MCPE-113452)。
  • 行商人がランダムに移動するようになった(MCPE-45756)。
  • 行商人がポーションを飲むときの音がJava Editionのものと一致するようになった(MCPE-47057)。

beta 1.19.0.24

Beta 1.19.0.24(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.25(Xbox、Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の2番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月14日にリリースされた。[2]このバージョンではEcho ShardRevovery CompassSwift Sneakの追加や、Copper Hornの削除、バグ修正などが行われた。

追加要素

アイテム

Echo Shard
  • 現在、サバイバルモードでは発見できない。
  • Recovery Compassの作成に利用できる。
Recovery Compass
  • プレイヤーが死亡した場所を指し示す新たなタイプのコンパス。
  • プレイヤーが所持していないときや死亡していない場合、死亡地点と同じディメンションに居ないときは、針がランダムな方向に回転する。
  • Echo Shard8個とコンパス1個から作成できる。

ゲームプレイ

エンチャント
  • Swift Sneakが追加された。
    • 3つのレベルがある。
    • レギンスにのみ付与できる。
    • スニーク中の歩行速度が上昇する。
    • 現在、サバイバルモードでは入手不可能。

変更

ブロック

Mud
Reinforced Deepslate
  • ピストンで押せなくなった。
Sculk Shrieker
  • Wardenをスポーンさせるかどうかを決定するブロック情報can_summonが追加された。
    • worldgenによって生成されたものはデフォルトでtrueに設定される。
    • プレイヤーに設置されたものやSculkの拡散によって生成されたものは、デフォルトでfalseに設定される。

Mob

Allay
  • 体力が8♥♥♥♥からJava Editionと同じ10♥♥♥♥♥に変更された。
  • 体力が1秒ごとに2♥ずつ回復するようになった。
行商人
Warden
  • プレイヤーの匂いを嗅げる範囲が16ブロックから24ブロックに変更された。

ワールド生成

Mangrove Swamp
  • バイオームの大きさと配置がJava Editionと一致するようになった。
  • Mudが地表から石の層にまで生成されるようになった。
  • 背の高いMangrove Treeが背の低いものより多く見られるようになった。
  • Mangrove TreeのMangrove Rootの上にこけカーペットが生成されるようになった。
  • 水中に熱帯魚がスポーンするようになった。
  • 水の色が通常の沼地と同じ黄色からシアンに変更された。

全般

パノラマ
  • The Wild Updateに伴い、Mangrove Swampが表示されるようになった。
    • ゲーム内ではベータバージョン及びPreviewのパノラマが表示されるため、この変更は確認できない。

試験的

これらの追加要素と変更は「通常のMinecraftでの実験」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

変更

アイテム
Copper Horn
  • 削除された。

修正

Sculk Shrieker
  • Sculk Shriekerの叫びのパーティクルが調整された(MCPE-153007)。
  • レッドストーン信号によって起動しなくなった。
  • Wardenをスポーンさせるかどうかを決定するブロック情報can_summonが追加された。このブロック情報がTrueに設定されるのは、ワールド生成時にDeep DarkとAncient Cityに生成されたSculk Shirekerのみである(MCPE-153801)。
  • 叫んでいる途中にSculk Shriekerから逃げても、Wardenのスポーンを防げなくなった。
  • 難易度ピースでSculk shriekerがWardenをスポーンさせなくなった。
  • 最も近いプレイヤーではなく、周辺にいるプレイヤーの間で最も高い警戒レベルを拡散するようになった。
Warden
  • ダメージを受けたときに負傷のアニメーションを再生するようになった(MCPE-153575)。
  • 胸郭のUVが右の触角のUVと重なっていたバグを修正(MCPE-153797)。
  • 怒り状態の場合に、Mobよりプレイヤーを優先するようになった。
  • 標的を追いかける動作が改善され、匂いを「嗅ぐ」範囲が拡大した。
  • クリエイティブモードでWardenがスポーンした場合に、プレイヤーにDarknessの効果が与えられなくなった(MCPE-153536)。
Reinforced Deepslate
  • ピストンで押せなくなった(MCPE-153548)。
Frog
  • FroglightとFrogspawnに新たな効果音が追加された(MCPE-153195MCPE-153193)。
  • 「Frog Spawn」が「Frogspawn」に改名された(MCPE-153210)。
Goat Horn
  • Goat Hornの音がすぐに鳴るようになった。
  • ピリジャーの前哨基地に様々なバリエーションのGoat Hornが生成されるようになった。
タッチ操作
  • プレイヤーがボートに乗っている間にホットバーのアイテムスロットを変更可能になった(MCPE-153762)。
Allay
  • Allayが主人を追いかけている間に、主人以外のプレイヤーからアイテムを受け取るとクラッシュすることがある問題を修正。
  • 体力が1秒間に2ずつ回復するようになった。
Boat with Chest
  • インベントリで、Boats with Chestのグループ名が正しい翻訳で表示されるようになった(MCPE-153345)。
  • Mangrove Boat with Chestのクラフトレシピが追加された(MCPE-153738)。
Mud Bricks
  • 1回の作成で4個のMud Bricksが得られるようになった。
ゲームプレイ
  • 調合完了時に入力スタックが上書きされるのを防ぐため、調合台の出力スロットのスタック制限が1に設定された。
  • block_placerコンポーネントのブロックパラメータが不明なブロックだった場合のクラッシュを修正。
  • 重力の影響を受けるブロックが、置き換え可能なブロックの場所に正しく落下するようになった(MCPE-152937)。
  • ハーフブロックを連続して設置できるようになった(MCPE-151887)。
全般
  • 「新しい世界を作成」画面のボタンの最上部のピクセルを押しても、その動作が正しく作動しない問題を修正(MCPE-153239)。
描画
  • クリエイティブモードで、プレイヤーが溶岩の入った大釜の中に立っている際、炎のアニメーションがちらつく問題を修正(MCPE-148999)。
アイテム
  • 白の染料、黒の染料、茶色の染料、青の染料の名前の誤りを修正(MCPE-153522)。
安定性とパフォーマンス
  • ポケットUIプロファイルのエンチャントオプションが表示されない問題を修正。
技術的
  • コマンドセレクターが、プレイヤーをネームタグではなく名前で正しく識別するようになった。
  • クライアントが参加する前に実行されたTitleコマンドが無視されずに実行されるようになった。
  • Actorが移動している場合にis_movingフィルタが正しい値を返すようになった。
  • 「consume animation」が「Consume duration」に関連付けられた。

beta 1.19.0.26

Beta 1.19.0.26(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.27(Xbox、Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の3番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月20日にリリースされた。[3]このバージョンでは、新たな音楽やWardenの遠距離攻撃の追加、 Ancient Cityの刷新に加え、バグ修正が行われた。

追加要素

全般

音楽

変更

ブロック

Mangrove RootsMangrove Propagule
  • 堆肥化可能になった。
Mud
Muddy Mangrove Roots
音ブロック
Sculk Shrieker
  • モデルと側面のテクスチャが変更された。

アイテム

ボートBoat with Chest
  • 全てのボートとBoat with Chestのテクスチャが変更された。
Echo Shards
  • Ancient Cityの戦利品のチェストに生成されるようになった。

Mob

Warden
  • プレイヤーが高所や壁の後ろに居るとき、または近接攻撃が届かない場合に、遠距離攻撃をするようになった。
    • Wardenの胸郭が開き、壁を貫通する音波のような遠距離攻撃を放つ。
    • 難易度ノーマルでのダメージは30♥ × 15で、射程は水平方向に15ブロックである。
    • 一度に1つのターゲットにしか当たらない。
  • プレイヤーの匂いをより遠くから感知するようになった。
  • Wardenが匂いを嗅いで怒り状態になる垂直方向の距離が、6ブロックから20ブロックになった。
  • プレイヤーだけでなく接触した全てのMobに怒るようになった。

ワールド生成

Ancient City

全般

音楽
  • 以下の音楽が再生される場面が変更された:
    • 「Stand Tall」、「Wending」、「Infinite Amethyst」がメインメニューで再生されなくなった。
    • 「Left to Bloom」と「One More Day」がメインメニューで再生されなくなり、全ての種類の森林、ジャングル、タイガの原生林で再生されるようになった。
    • 「Floating Dream」と「Comforting Memories」が全ての種類の森林、ジャングル、タイガの原生林で再生されるようになった。

修正

サウンド
  • The Wild Updateの新たな楽曲が追加された。
  • Frogが全てのダメージ音を使用するようになった(MCPE-152629)。
  • Froglightの破壊音が正しくなった(MCPE-153943)。
Ancient City
  • Ancient Cityの空気ブロックに魂のランタンが生成されなくなった(MCPE-153586)。
  • City Centerの構造が完全なReinforced Deepslateの長方形を形成するようになった(MCPE-153567)。
  • 戦利品のチェストにEcho Shardが生成されるようになった。
  • Ancient Cityの構造がJava Editionのものと一致するようになった。
Warden
  • Wardenにソニックブーム攻撃が追加され、当たったターゲットに範囲ダメージとノックバックを与えるようになった。
  • ターゲットが居るときにWardenが「嗅ぐ」動作をしなくなった。
  • Wardenがターゲットの匂いを嗅いだときに、地中に潜らなくなった。
  • Wardenを他のMobが押せるようになった。
  • Wardenが接触したMobに対して怒るようになった(MCPE-153839)。
  • Wardenに攻撃するときにゲームモードを切り替えるとクラッシュする問題を修正。
  • Wardenが正しい量の経験値をドロップするようになった(MCPE-153564)。
Allay
  • Allayのインタラクトツールチップの表示が「Give item to Allay」になった(MCPE-153035)。
ブロック
  • ウィザーがReinforced Deepslateを破壊できなくなった(MCPE-153542)。
  • エンダードラゴンがReinforced Deepslateを破壊できなくなった(MCPE-153545)。
  • クリエイティブインベントリで、Reinforced Deepslateが「性質」タブに移動された(MCPE-153543)。
Mud Brickのブロック
  • Mud Brickの階段、ハーフブロック、壁が正しくグループ化されるようになった(MCPE-153719)。
ゲームプレイ
  • 物質還元器を使用するとゲームがクラッシュする問題を修正(Education Editionの機能)。
  • 水中のライトブロックを内側から破壊できなくなった(MCPE-148393)。
  • かまどの使用中に、間違ったスロットからアイテムを取ると経験値を得られる問題を修正(MCPE-152227)。
  • Mangrove RootsとMangrove Propaguleが堆肥化可能になった(MCPE-153782MCPE-153912)。
  • MudとMuddy Mangrove Rootsの上に全ての花、苗木、竹、サトウキビ、大きなドリップリーフ、スイートベリーの低木設置できるようになった(MCPE-153916)。
  • Mangrove Rootsが積雪を通り抜けて生成されるようになった(MCPE-153913)。
  • Tadpoleがスライムボールで誘引可能になった。
タッチ操作設定
  • ジョイスティックの移動トグルが無効化されたときに、静的ジョイスティックのトグルが無効化されないようになった(MCPE-153201)。
描画
  • ボートとBoat with Chestのアイテムテクスチャが変更され、Java Editionと一致するようになった(MCPE-153353)。
襲撃
  • 邪悪な村人が他の村に移動した際に襲撃が進行するようになった(MCPE-151310)。
JSON
  • 音楽にWeightが適用されない問題を修正。

beta 1.19.0.28

Beta 1.19.0.28(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.29(Xbox、 Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の4番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月28日にリリースされた。[4]このバージョンでは、新たな音楽ディスク「5」の追加やAllaySculkWardenの変更、バグ修正が行われた。

追加要素

アイテム

Disc Fragment
  • 新たな音楽ディスク「5」の欠片。
音楽ディスク
  • Samuel Åbergの楽曲「5」の音楽ディスクが追加された。
    • 「Disc Fragment 5」9個のクラフトからでのみ入手できる。

全般

実験トグル
  • 「スペクテイターモード」の実験トグルが追加された。

変更

ブロック

カーペット
  • ウールと同様に設置したり、破壊されてアイテム化したりしても振動を発さなくなった。
  • カーペットの上で走ったりジャンプしたりしても振動を発さなくなった。
Mangrove Leaves
  • ハサミで破壊されるとアイテム化するようになった。

アイテム

Goat horn
  • 試験的なゲームプレイが無効でも利用可能になった。

Mob

Allay
  • アイテムを投げる際の効果音が追加された。
シュルカー
  • 炎によるダメージを受けないようになった。
Warden
  • 遠距離攻撃の変更:
    • 盾と防具を貫通するようになった。
    • 与えるダメージが6♥♥♥(イージー)/ 10♥♥♥♥♥(ノーマル)/ 15♥ × 7.5(ハード)から、16♥ × 8(イージー)/ 30♥ × 15(ノーマル)/ 45♥ × 22.5(ハード)に変更された。
    • 攻撃のクールタイムが5秒から2秒に短縮された。
    • 新たな死亡メッセージが追加された:「<player> was obliterated by a sonically-charged shriek」
  • 死亡時にSculk Catalystをドロップするようになった。

試験的

この変更は、「スペクテイターモード」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

変更

ゲームプレイ
スペクテイター
  • 実験トグルへ移行された。

修正

Warden
  • 投射物に気を取られると怒りレベルが増加するようになった(投射物が頻繁に当たらない場合は10、頻繁に当たる場合は35増加する)。
  • Wardenが矢以外の投射物に反応するようになった。
  • Wardenが矢以外の投射物に気を取られるようになった(MCPE-153549)。
  • Wardenが接触した全てのMobに怒るようになった(MCPE-153839)。
Sculk
  • Sculk CatalystとSculk Shriekersの爆発耐性がJava Editionと一致するようになった(MCPE-153208)。
  • 誤って削除されたSculk関連のサウンドが復元された(MCPE-153296)。
  • Sculk Shriekerの叫び声がブロックサウンドとして正しく分類されるようになった(MCPE-154130)。
  • スカルクセンサーの起動音と解除音がブロックサウンドとして正しく分類されるようになった(MCPE-115395)。
  • スカルクセンサーが釣り竿を使用しているプレイヤーを正しく感知するようになった。
  • Sculk Shriekerが手に持たれているときや、額縁に入っているときに、どの面でもZファイティングを示さなくなった(MCPE-145580
  • ピストンがSculk Shrieker、スカルクセンサー、Sculk Catalystを押せなくなった(MCPE-154056)。
  • スカルクセンサーの採掘時に、壊れるアニメーションが触覚の周りに表示されなくなった(MCPE-121492)。
Mangrove
  • Mangrove Propaguleに骨粉を無限に使用することができなくなった(MCPE-153707)。
  • 上に障害物がある場合、Mangrove Treeが成長しなくなった。
  • mangrove_propagule_hangingmangrove_propaguleにマージされ、「Hanging」のブロック状態が使用されるようになった。
  • Mangrove WoodとMangrove Logが葉っぱの減衰を防ぐようになった(MCPE-153948)。
  • Mangrove Treeの群葉のJava Editionと一致するようになった。
  • Mangrove Treeが、枝にMangrove Logが無い状態で生成される問題を修正(MCPE-153948)。
  • Mangrove Woodのブロックのほとんどが炎の影響を受けないバグを修正。
  • Mudの上にあるMangrove以外の苗木に骨粉を使用すると、完全な木に成長するようになった。
  • Mangrove Leavesがハサミで破壊された際にアイテム化するようになった(MCPE-153787)。
  • Mangrove Woodからたき火と燻製器を作成可能になった(MCPE-153811)。
Allay
  • Allayから受け取ったスタック可能なアイテムをスタックに追加することが可能になった(MCPE-153540)。
  • Allayがアイテムを投げる効果音が追加された。
Frog
  • FrogがMudの上で経路探索に失敗することがなくなった。これは仮の修正であり、正式な経路探索の修正が実装されるまでは、Mudの上でエンティティが沈まないようになる(MCPE-153961)。
  • スライムやマグマキューブを食べているFrogの頭部でZファイティングが起こるバグを修正(MCPE-151539)。
Froglight
  • Froglightがどの通路で破壊されても正しくアイテム化されるようになった。
  • Froglightが正しい色でマップ上に表示されるようになった(MCPE-154315)。
  • Froglightの採掘時間が正しくなった。
Frogspawn
  • Frogspawnが水流によって破壊されるようになった。
ゲームプレイ
  • Mobが再びボタンの上にスポーンできなくなった(MCPE-153897)。
  • アメジストのかたまりが、Sculk Shriekerなどの上面を支持しないブロックの上に設置できなくなり、下面を支持するブロックの下に正しく設置できるようになった(MCPE-145676)。
  • 金床で耐久値が減っていないツルハシなどの道具の名前を変更した後、その道具を初めて使用する際に正しく動作しないバグを修正(MCPE-152637)。
  • チェスト付きトロッコ、ホッパー、TNT火薬が不定形レシピになった。
  • 吸収効果をオンにした状態で大きな致命的ダメージを受けると、ソフトロックが発生する問題を修正。
バニラパリティ
  • シュルカーが炎の影響を受けなくなった(MCPE-33236)。
  • シュルカーが乗り物に乗った状態で直立姿勢を保つようになった(MCPE-115269)。
  • 相対的な負のy座標とx座標に他のシュルカーが居る場合に、シュルカーがスポーンに失敗することがなくなった。
タッチ操作
  • 「クラシック」タッチ操作で、ジャンプとスニークを入れ替えた際に、移動方向からスライドしてジャンプできるようになった(MCPE-151149)。
描画
  • RTXワールドで太陽の方向が更新されない問題を修正(MCPE-153958)。
行商人のラマ
  • 行商人のラマが俵を与えられた後に繁殖できるようになった。
  • 行商人の首ひもから外れた行商人のラマが存在し続けなくなった(MCPE-102302)。
安定性とパフォーマンス
  • 切断されたプレイヤーと最後に取引した村人と取引する際に発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • iOS版で、村の中で発生する可能性のあったクラッシュを修正。
ユーザーインタフェース
  • かまど、溶鉱炉、燻製器、エンチャントテーブル、石臼、調合台、金床、ビーコン、鍛治台の使用時に、インベントリ画面左側の濃い灰色の領域をクリックするとアイテムがドロップされることがある問題を修正。
  • 注目のサーバーのメッセージテキストが中央に表示されなくなった。
コマンド
  • 「/loot」コマンドに「replace entity」のオーバーロードが追加された。

beta 1.19.0.30

Beta 1.19.0.30(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.31(Windows、iOS/iPadOS)、Preview 1.19.0.65(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の5番目のベータバージョン及びプレビューで2022年5月4日にリリースされた。[5]このバージョンでは新たな実績の追加や、 スペクテイターモードの変更、バグ修正が行われた。

追加要素

ゲームプレイ

実績
  • 限定要素:新たに4つの実績が追加された。
    • 「It spreads」
    • 「Birthday song」
    • 「With our powers combined!」
    • 「Sneak 100」

変更

Mob

Frog
  • プレイヤーに倒されたときに経験値をドロップするようになった。

Mob以外のエンティティ

Boat with Chestチェスト付きトロッコTNT付きトロッコホッパー付きトロッコ
  • 壊れた際にそれ自身がドロップするようになった。

試験的

これらの追加要素と変更は「スペクテイターモード」、「ゲームテストフレームワーク」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

追加要素

コマンドフォーマット
/script_profiler
  • GameTestスクリプトのパフォーマンストレースの作成に使用できる。

変更

ゲームプレイ
スペクテイターモード
  • スペクテイターモードにカスタムインプットマッピングが追加された。
  • 以下の動作ができなくなった:
    • 攻撃
    • 建築
    • アイテムを落とす
    • アイテムを使用する
    • インベントリを開く
    • 入力によるワールドへの干渉
    • チェストなどのコンテナのUIへの干渉
  • 地上からスペクテイターモードに切り替えたとき、飛行速度が遅くならなくなった。
  • スペクテイターモードに切り替えられたとき、プレイヤーが引っかからずに飛行できるようになった。
  • スペクテイターモードに切り替えられたとき、プレイヤーが騎乗、アイテムの使用、就寝、飛行を中止するようになった。
  • ジャンプボタンを2回した際にスペクテイターモードが解除されなくなった。

修正

アクセシビリティ
  • フィードバックの送信ボタンがText-To-Speechでリンクとして説明されるようになった。
  • メインメニュー画面でも「コントローラーの接続が切れました」のポップアップが表示されるようになった。
Allay
  • 首ひもが付けられたAllayが、遠くのアイテムの所へ移動しようとする際に動きを止めなくなった。
Ancient City
  • Ancient Cityが頻繁に水や溶岩で満たされなくなった(MCPE-153568)。
  • 水中でDarknessの効果が発動している際に、光源の周りにカラフルな跳びはねる線が表示されなくなった(MCPE-145696)。
  • Darknessの効果のフェードインが突然起きなくなった(MCPE-153708)。
  • 起動したSculk Shriekerを破壊してもWardenのスポーンを止められなくなった(MCPE-154000)。
  • 周囲をSculk Veinに囲まれたAncitnt Cityで、ストラクチャーヴォイドが生成されなくなった(MCPE-153541)。
  • Ancient Cityの地下にあるトラップ機構の変形が正しく機能するようになった(MCPE-154409)。
  • Sculk Shriekerが再び浸水可能になった。
Warden
  • Wardenが6秒ごとにDarknessの効果を与えるようになった。
  • Wardenが経験値オーブに対して怒り、ターゲッティングしなくなった(MCPE-154210)。
  • WardenがトライデントなどMob以外のActorに攻撃しなくなった。
  • WardenがSculk Shriekerの叫びを感知できるようになった。
  • Wardenは匂いを嗅いだ後、最も近くに居るMobを調べるようになった。
  • 攻撃されて怒り状態になったときに、Wardenが怒りのサウンドを発さなくなった。
  • Wardenの心音が、Wardenのターゲットまたは最も怒りレベルの高いMobにのみ反映されるようになった。
  • Wardenが地面から出現した際に小さくジャンプするバグを修正(MCPE-154544)
  • 超音波のパーティクルが新しいテクスチャに変更された。
スカルクセンサー
  • ウミガメの卵やハーフブロックを既に設置されている場所に追加したときに、スカルクセンサーが正しく感知するようになった(MCPE-153109)。
  • 上にエンティティが乗っている際にスカルクセンサー繰り返し動作するようになった(MCPE-153818)。
  • 投射物がウールやカーペットに当たったときに振動が発生しなくなった。
  • プレイヤーが手懐けられた動物を見たときに振動が発生しなくなった。
  • オフハンドに盾を持ってスニークしたときに振動が発生しなくなった(MCPE-153971)。
  • 土、粗い土、根のついた土をくわで耕した際にスカルクセンサーが正しく感知するようになった(MCPE-153734)。
  • スカルクセンサーがボートの移動を感知できるようになった。
  • スカルクセンサーが気泡柱の上で水飛沫を上げているボートを感知できるようになった。
  • 土、粗い土、根のついた土に水のビンを使用してMudに変換した際に、スカルクセンサーが正しく感知するようになった(MCPE-154057)。
  • スカルクセンサーが再び浸水可能になった。
  • スカルクセンサーの下面が他のブロックを支持できるよになった。
  • スカルクセンサーが別のスカルクセンサーの上でスニークしたプレイヤーを感知できなくなった。
Mangrove
  • Mangrove PropaguleがMangrove Treeに成長する速度がJava Editionと一致するようになった(MCPE-154001)。
  • Mangrove Propaguleに対してハチが受粉できるようになった(MCPE-153783)。
  • Stripped Mangrove LogからMangrove Plankを作成可能になった(MCPE-154017)。
  • Mangroveのブロックが他のオーバーワールドの木の隣にソートされるようになった(MCPE-153835)。
  • クリエイティブインベントリで、Mangrove Rootsが「原木」セクションに配置されなくなった。
  • Mangrove Woodのマップ上の色がJava Editionと一致するようになった(MCPE-153802)。
  • Mangrove LogとStripped Mangrove Logのマップ上の色がJava Editionと一致するようになった(MCPE-153799)。
  • Mangrove Rootsが可燃性になった(MCPE-153742)。
Mud Block
  • 重力の影響を受けるブロックがMudの上に落下した際に壊れるようになった(MCPE-153812)。
  • 土がMudに変化したときに水飛沫のサウンドが鳴るようになった(MCPE-153716)。
  • クリエイティブインベントリで、Mudが土の隣に配置されるようになった(MCPE-153836)。
  • Mud Brick Slabを1つに重ねた際にサウンドが鳴るようになった(MCPE-153775)。
Frog
  • Frogがウシやヤギと同等の経験値をドロップするようになった(MCPE-154185)。
  • Frogspawnがランダムティック速度の影響を受けなくなった(バニラパリティ)。
  • Tadpoleのダメージを受けるサウンドと成長するサウンドが鳴るようになった(MCPE-151538)。
ゲームプレイ
  • ネザーでエンダーマン、ピグリン、スケルトン、ウィザースケルトンがより広い明るさレベル(0〜11)でスポーンするようになった。
  • ベルにたいまつを設置できなくなった。
  • Wild Updateの実績「It spreads」、「Birthday song」、「With our powers combined!」、「Sneak 100」が追加された。
描画
  • 首ひもがガラスの上に描写されるバグを修正(MCPE-145764)。
  • 現在のアートディレクションに従い、ミラーリングされたオオカミのMobパーツが元に戻された。
アイテム
  • Boat with Chestが壊れたとき、ボートとチェストが個別にドロップせずに、1つのアイテムをドロップするようになった(MCPE-153392)。
  • Mangrove Rootsがかまどの燃料として使用できなくなった。
  • チェスト付きトロッコ、ホッパー付きトロッコ、TNT付きトロッコが壊れたとき、2つのアイテム(チェストとトロッコなど)に分かれずに、それ自体がドロップするようになった。
経路探索
  • Mobが開いたトラップドアで引っ掛からなくなった(MCPE-154106)。
安定性とパフォーマンス
  • とげのエンチャントが付与された防具を装備しているプレイヤー同士が戦闘している際に発生する可能性のあるクラッシュを修正(MCPE-153593)。
  • 空気で満たされたチャンクがあるワールドのブレンドする際に発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 分割画面でのプレイ時に発生する可能性のあるクラッシュを修正。

beta 1.19.0.32

Beta 1.19.0.32(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.33(Windows、iOS/iPadOS)、Preview 1.19.0.66(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の7番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年5月12日にリリースされた。[6]このバージョンではバグ修正が行われた。

追加要素

設定
  • アクセシビリティの設定に「Notificaton duration」が追加された。デフォルトでは3秒に設定されている。
    • 通知の表示時間を変更するのに使用される。

修正

Allay
  • 現在、Allayは主人と一緒にネザーへ移動することができない。これは、ディメンションを移動する際にAllayがブロックの中にテレポートし、窒息する問題を修正するまでの一時的な変更である(MCPE-155678)。
ブロック
  • 自然生成したものでないSculk Shriekerが、自然生成したものと同じく発動ごとにクールタイムが発生するようになった(MCPE-153944)。
  • Sculk Shriekerとスカルクセンサーをシルクタッチで採掘した際に経験値をドロップしなくなった(MCPE-153359MCPE-153965)。
  • Java Editionに合わせて、Reinforced Deepslateの破壊にかかる時間が増加し、使用する道具によって異なるようになった(MCPE-154097)。
  • Sculkが炎や魂の炎を通じて拡散しなくなった。
  • コマンドブロックで、他のコマンドブロックをその上に複製する際の動作を修正(レッドストーン信号を受けるまで、複製したコマンドブロックはコマンドを発動しない)。
Mangrove Swamp
  • Mangrove Treeが負のY座標で正しく成長するようになった(MCPE-154983)。
描画
  • Android版での描画の破損を修正(MCPE-155509)。
  • エモートを複数回使用すると重大な視覚的バグが発生する問題を修正(MCPE-155049)。
運動
  • 移動予測を使用するActorがスムーズにテレポートできるようになった。
安定性とパフォーマンス
  • 特定のAndroid端末でゲームパフォーマンスが改善された(MCPE-142934)。
  • バイオームデータに依存するブロックをレンダリングしようとするとクラッシュすることがある問題を修正。
ユーザーインタフェース
  • Shiftキーを押しながらアイテムをクリックすると、再び同じアイテムが1つのスタックにまとまるようになった(MCPE-153992)。
ゲームテストフレームワーク(試験的)
  • 専用サーバーが更新され、スクリプト実行時に読み込ませたいスクリプトモジュールを明確にリスト化できるようになった。デフォルトの設定ファイルは「/config/default/permissions.json」にある。このファイルが無い場合、全てのスクリプトモジュールはデフォルトで無効化される。

beta 1.19.0.34

Beta 1.19.0.34(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.35(Windows、iOS/iPadOS)、Preview 1.19.0.67(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の7番目のベータ/プレビューバージョンで、2022年5月19日にリリースされた。[7]このバージョンではバグ修正が行われた。

修正

アクセシビリティ
  • 進行中の画面でコントローラーの接続が切断された場合は、進行中の画面の後に「コントローラーの接続が切れました」のポップアップが表示されるようになった。
Deep Dark
  • Sculk ShriekerとSculk CatalystがJava Editionと同じ割合で生成されるようになった(MCPE-153525)。
  • Ancient CityとDeep DarkでSculkの塊がより大きく、より頻繁に生成されるようになった(MCPE-154229)。
  • Deep DarkでSculkの塊がワールドの高度に関係なく生成されるようになった(MCPE-155213)。
マーケットプレイス
  • ウィッシュリストを表示する際に発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 星評価アイコンが正しく塗り潰されないことがある問題を修正。
  • ダウンロードがキューで停止する問題を修正(MCPE-54531)。
  • 新規ワールド作成時にテンプレートの使用が妨げられる問題を修正(MCPE-155883)。
ユーザーインタフェース
  • クラシックUIで、一部のカスタムGUIの外側にアイテムをドロップできないバグに対処するため、ポケットUIでアイテムグリッドの周りの濃い灰色の領域にアイテムをドロップできるようになった(MCPE-155813)。
技術的
  • 一部のコンテンツパックで、ブロックのデータ値0に変更される、ブロックのシリアル化の問題を修正。

Preview 1.19.0.68

Preview 1.19.0.68(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の8番目のプレビューバージョンで、2022年5月21日にXboxにのみリリースされた。[8]このバージョンではバグ修正が行われた。

修正

  • スタート画面でゲームがフリーズしなくなった。

beta 1.19.0.20

Beta 1.19.0.20(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.21(Xbox、Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の最初のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月6日にリリースされた。[9]このバージョンではMangrove SwampバイオームやMangrove Wood、各バリエーションのMudの追加やバグ修正などが行われた。

追加要素

ブロック

Mangrove Leaves
  • 新たな種類の葉っぱブロック。
Mangrove Log
  • 新たな種類の丸太で、皮のはがれた丸太も存在する。
  • Mangrove WoodやMangrove Plankの作成に利用できる。
Mangrove Planks
Mangrove Propagule
  • 新たな種類の苗木。
  • 下面が露出したMangrove Leavesに骨粉を使用することで生える。
    • プレイヤーが設置したものでない、自然生成されたMangrove Leavesから生えることもある。
    • 完全に成長するまで4段階があり、骨粉で成長を促進できる。
  • 完全に成長しきったものは破壊でき、これを植えるとでMangrove Treeに成長する。
  • 水中にも設置できる。
  • 植木鉢に設置できる。
Mangrove Roots
  • 葉っぱと同様に透けるブロックだが、浸水可能である。
  • 適正ツールはである。
  • 葉っぱとは異なり、ピストンで押されても破壊されない。
Mangrove Wood
  • 新たな種類の木であり、皮のはがれた木も存在する。
  • Mangrove Planksの作成に利用できる。
Mud
Mud Bricks
Muddy Mangrove Roots
  • 1個のMudと1個のMangrove Rootsから作成できる。
  • Mangrove Rootsとは異なり、不透過ブロックで浸水もしない。
  • 適正ツールはである。
Packed Mud
  • 1個のMudと1個の小麦から作成できる。

アイテム

Mangrove Boat
  • Mangrove Planksから作成できる新たな種類のボート。
  • Mangrove Boat with Chestの作成に利用できる。

ワールド生成

Mangrove Swamp
  • 暖かくて湿度が高い新たなバイオームで、沼地がよく見られる。
  • 新たな種類の木であるMangrove Treesが生成される。現在、Mangrove Logは樫の丸太に置き換えられている。
  • 地面は厚いMudの層で覆われている。

全般

設定
  • 設定画面に「Darkness Effect Strength」のアクセシビリティスライダーが新たに追加された。
    • WardenとSculk ShriekerがDarknessでプレイヤーに与える闇の強さを調整できる。
スプラッシュ
  • 以下のスプラッシュテキストが追加された:
    • 「Shriek like a Sculk Shrieker!」
    • 「Who let the frogs out?」
    • 「RIBBIT!」
    • 「Croak team!」
    • 「Nooooooooooooo!」
    • 「Flower forest TM perfume」
    • 「Hat Fridays!」

変更

ブロック

スカルクセンサー
  • 以下のようなより多くの振動を感知できるようになった:
    • 水中でのスニーク
    • コンテナの開閉
    • キャンドルの設置、点灯、消灯
    • 食料を食べたり、ポーションを飲んだりしているプレイヤー
    • 大きなドリップリーフの状態変化
    • Goat Hornの演奏
    • 投射物の着弾(プレイヤーがスニーク中に発射した場合を除く)
    • 溶岩に落下した音
    • スカルクセンサーの上でのスニーク
Allay
  • アイテムを持っている状態で首ひもと名札を付けられるようになった。
  • 新しい効果音が追加された。
  • 主人に追いかけていないときは動きが遅くなり、以前より離れた所から主人を追いかけるようになった。
Frog
  • Mobを食べながら鳴かなくなった。
オウム
  • Wardenの声真似をするようになった。
行商人
  • ドアの開閉ができなくなった。
  • ランダムに動き回るようになった。
  • ポーションを飲んでいるときの音がJava Editionのものと一致するようになった。
  • 透明化状態になるときと解除するときの音が追加された。
  • 名札で名前を付けられるようになったが、デスポーンを防げるわけではない。
Warden
  • トロッコなどの生物でない物体や、他のWardenに対して怒らなくなった。
  • デスポーンしたエンティティに対する怒りレベルを保持できるようになった。
  • 負傷、死亡、怒り声の効果音が追加された。

ゲームプレイ

Darkness
  • Java Editionと同様、黒い霧が発生するように更新された。

修正

ワイルドアップデート
  • Allayがアイテムを持っているときに首ひもを付けられるようになった(MCPE-153068)。
  • Allayがアイテムを持っているときに名札を付けられるようになった(MCPE-153079)。
  • スカルクセンサーが水中でスニークしているプレイヤーを感知できるようになった(MCPE-117244)。
  • スカルクセンサーがコンテナの開閉を感知できるようになった(MCPE-135140)。
  • スカルクセンサーがキャンドルの設置、点灯、消灯を感知できるようになった(MCPE-141453)。
  • スカルクセンサーが、食料を食べたりポーションを飲んだりしているプレイヤーを感知できるようになった(MCPE-135114)。
  • スカルクセンサーが、大きなドリップリーフの状態変化を感知できるようになった(MCPE-153115)。
モバイル版のタッチ操作
  • クラシック以外のタッチ操作で、ブロックを破壊した指を画面から離し、2本目の指を使って移動した場合に、ブロックのハイライトが残らなくなった。
  • 新しいタッチ操作でボートを操作できない問題を修正(MCPE-152984)。
  • 足場の上にいるときに下降できない問題を修正(MCPE-152989)。
  • 三人称視点のカメラで正面を向いたときの動作の反転が削除された(MCPE-153168)。
全般
  • プレイヤーに乗っているオウムの頭が常にプレイヤー側を向くバグを修正。
  • 落下中にベッドへ入ると落下ダメージを受けるバグを修正(MCPE-153122)。
  • 子供のラマが頭の上から唾を吐くバグを修正(MCPE-144948)。
  • エンティティコンポーネント、「component_groups」、及び「add」/「remove」イベントで、JSON以外のオブジェクトを含むビヘイビアーパックを読み込むとクラッシュする問題を修正(MCPE-151377MCPE-151380)。
  • 柵と壁がベルに接続しなくなった(MCPE-152757)。
描画
  • Wardenの発光テクスチャで、右腕下面の発光色がないテクスチャのバグを修正(MCPE-153664)。
  • Allayが持ったトライデント、弓、双眼鏡、クロスボウ、盾が見えなくなるバグを修正(MCPE-152965)。
  • キツネが咥えたトライデント、弓、双眼鏡、クロスボウが描写されないバグを修正(MCPE-135346)。
  • クモの左脚のテクスチャが反転するようになった(MCPE-152927)。
  • オオカミの左耳と左脚のテクスチャが反転するようになった(MCPE-152931)。
  • 調合台のアームのテクスチャが基板に接触しないバグを修正(MCPE-152932)。
  • 調合台の基板のテクスチャ更新され、基板のUVが移動された。
  • 調合台のアームの回転が修正された。
  • エンドポータルのテクスチャが変更され、エンドポータルとエンドストーンのテクスチャがより自然に移り変わるようになった(MCPE-152930)。
  • 果てのロッドのテクスチャから未使用のピクセルが削除された(MCPE-152929)。
  • 菌糸の側面テクスチャが他の土系ブロックと一致するよう更新された(MCPE-152928)。
  • 果てのクリスタルのビームが標的のブロックより遥か上を向くバグを修正。
  • プレイヤーがMobの頭を装備しているときに、プレイヤーの頭の下側でZファイティングが発生するバグを修正(MCPE-149125)。
行商人
  • 行商人がドアを開閉しないようになった(MCPE-113452)。
  • 行商人がランダムに移動するようになった(MCPE-45756)。
  • 行商人がポーションを飲むときの音がJava Editionのものと一致するようになった(MCPE-47057)。

beta 1.19.0.24

Beta 1.19.0.24(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.25(Xbox、Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の2番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月14日にリリースされた。[10]このバージョンではEcho ShardRevovery CompassSwift Sneakの追加や、Copper Hornの削除、バグ修正などが行われた。

追加要素

アイテム

Echo Shard
  • 現在、サバイバルモードでは発見できない。
  • Recovery Compassの作成に利用できる。
Recovery Compass
  • プレイヤーが死亡した場所を指し示す新たなタイプのコンパス。
  • プレイヤーが所持していないときや死亡していない場合、死亡地点と同じディメンションに居ないときは、針がランダムな方向に回転する。
  • Echo Shard8個とコンパス1個から作成できる。

ゲームプレイ

エンチャント
  • Swift Sneakが追加された。
    • 3つのレベルがある。
    • レギンスにのみ付与できる。
    • スニーク中の歩行速度が上昇する。
    • 現在、サバイバルモードでは入手不可能。

変更

ブロック

Mud
Reinforced Deepslate
  • ピストンで押せなくなった。
Sculk Shrieker
  • Wardenをスポーンさせるかどうかを決定するブロック情報can_summonが追加された。
    • worldgenによって生成されたものはデフォルトでtrueに設定される。
    • プレイヤーに設置されたものやSculkの拡散によって生成されたものは、デフォルトでfalseに設定される。

Mob

Allay
  • 体力が8♥♥♥♥からJava Editionと同じ10♥♥♥♥♥に変更された。
  • 体力が1秒ごとに2♥ずつ回復するようになった。
行商人
Warden
  • プレイヤーの匂いを嗅げる範囲が16ブロックから24ブロックに変更された。

ワールド生成

Mangrove Swamp
  • バイオームの大きさと配置がJava Editionと一致するようになった。
  • Mudが地表から石の層にまで生成されるようになった。
  • 背の高いMangrove Treeが背の低いものより多く見られるようになった。
  • Mangrove TreeのMangrove Rootの上にこけカーペットが生成されるようになった。
  • 水中に熱帯魚がスポーンするようになった。
  • 水の色が通常の沼地と同じ黄色からシアンに変更された。

全般

パノラマ
  • The Wild Updateに伴い、Mangrove Swampが表示されるようになった。
    • ゲーム内ではベータバージョン及びPreviewのパノラマが表示されるため、この変更は確認できない。

試験的

これらの追加要素と変更は「通常のMinecraftでの実験」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

変更

アイテム
Copper Horn
  • 削除された。

修正

Sculk Shrieker
  • Sculk Shriekerの叫びのパーティクルが調整された(MCPE-153007)。
  • レッドストーン信号によって起動しなくなった。
  • Wardenをスポーンさせるかどうかを決定するブロック情報can_summonが追加された。このブロック情報がTrueに設定されるのは、ワールド生成時にDeep DarkとAncient Cityに生成されたSculk Shirekerのみである(MCPE-153801)。
  • 叫んでいる途中にSculk Shriekerから逃げても、Wardenのスポーンを防げなくなった。
  • 難易度ピースでSculk shriekerがWardenをスポーンさせなくなった。
  • 最も近いプレイヤーではなく、周辺にいるプレイヤーの間で最も高い警戒レベルを拡散するようになった。
Warden
  • ダメージを受けたときに負傷のアニメーションを再生するようになった(MCPE-153575)。
  • 胸郭のUVが右の触角のUVと重なっていたバグを修正(MCPE-153797)。
  • 怒り状態の場合に、Mobよりプレイヤーを優先するようになった。
  • 標的を追いかける動作が改善され、匂いを「嗅ぐ」範囲が拡大した。
  • クリエイティブモードでWardenがスポーンした場合に、プレイヤーにDarknessの効果が与えられなくなった(MCPE-153536)。
Reinforced Deepslate
  • ピストンで押せなくなった(MCPE-153548)。
Frog
  • FroglightとFrogspawnに新たな効果音が追加された(MCPE-153195MCPE-153193)。
  • 「Frog Spawn」が「Frogspawn」に改名された(MCPE-153210)。
Goat Horn
  • Goat Hornの音がすぐに鳴るようになった。
  • ピリジャーの前哨基地に様々なバリエーションのGoat Hornが生成されるようになった。
タッチ操作
  • プレイヤーがボートに乗っている間にホットバーのアイテムスロットを変更可能になった(MCPE-153762)。
Allay
  • Allayが主人を追いかけている間に、主人以外のプレイヤーからアイテムを受け取るとクラッシュすることがある問題を修正。
  • 体力が1秒間に2ずつ回復するようになった。
Boat with Chest
  • インベントリで、Boats with Chestのグループ名が正しい翻訳で表示されるようになった(MCPE-153345)。
  • Mangrove Boat with Chestのクラフトレシピが追加された(MCPE-153738)。
Mud Bricks
  • 1回の作成で4個のMud Bricksが得られるようになった。
ゲームプレイ
  • 調合完了時に入力スタックが上書きされるのを防ぐため、調合台の出力スロットのスタック制限が1に設定された。
  • block_placerコンポーネントのブロックパラメータが不明なブロックだった場合のクラッシュを修正。
  • 重力の影響を受けるブロックが、置き換え可能なブロックの場所に正しく落下するようになった(MCPE-152937)。
  • ハーフブロックを連続して設置できるようになった(MCPE-151887)。
全般
  • 「新しい世界を作成」画面のボタンの最上部のピクセルを押しても、その動作が正しく作動しない問題を修正(MCPE-153239)。
描画
  • クリエイティブモードで、プレイヤーが溶岩の入った大釜の中に立っている際、炎のアニメーションがちらつく問題を修正(MCPE-148999)。
アイテム
  • 白の染料、黒の染料、茶色の染料、青の染料の名前の誤りを修正(MCPE-153522)。
安定性とパフォーマンス
  • ポケットUIプロファイルのエンチャントオプションが表示されない問題を修正。
技術的
  • コマンドセレクターが、プレイヤーをネームタグではなく名前で正しく識別するようになった。
  • クライアントが参加する前に実行されたTitleコマンドが無視されずに実行されるようになった。
  • Actorが移動している場合にis_movingフィルタが正しい値を返すようになった。
  • 「consume animation」が「Consume duration」に関連付けられた。

beta 1.19.0.26

Beta 1.19.0.26(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.27(Xbox、Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の3番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月20日にリリースされた。[11]このバージョンでは、新たな音楽やWardenの遠距離攻撃の追加、 Ancient Cityの刷新に加え、バグ修正が行われた。

追加要素

全般

音楽

変更

ブロック

Mangrove RootsMangrove Propagule
  • 堆肥化可能になった。
Mud
Muddy Mangrove Roots
音ブロック
Sculk Shrieker
  • モデルと側面のテクスチャが変更された。

アイテム

ボートBoat with Chest
  • 全てのボートとBoat with Chestのテクスチャが変更された。
Echo Shards
  • Ancient Cityの戦利品のチェストに生成されるようになった。

Mob

Warden
  • プレイヤーが高所や壁の後ろに居るとき、または近接攻撃が届かない場合に、遠距離攻撃をするようになった。
    • Wardenの胸郭が開き、壁を貫通する音波のような遠距離攻撃を放つ。
    • 難易度ノーマルでのダメージは30♥ × 15で、射程は水平方向に15ブロックである。
    • 一度に1つのターゲットにしか当たらない。
  • プレイヤーの匂いをより遠くから感知するようになった。
  • Wardenが匂いを嗅いで怒り状態になる垂直方向の距離が、6ブロックから20ブロックになった。
  • プレイヤーだけでなく接触した全てのMobに怒るようになった。

ワールド生成

Ancient City

全般

音楽
  • 以下の音楽が再生される場面が変更された:
    • 「Stand Tall」、「Wending」、「Infinite Amethyst」がメインメニューで再生されなくなった。
    • 「Left to Bloom」と「One More Day」がメインメニューで再生されなくなり、全ての種類の森林、ジャングル、タイガの原生林で再生されるようになった。
    • 「Floating Dream」と「Comforting Memories」が全ての種類の森林、ジャングル、タイガの原生林で再生されるようになった。

修正

サウンド
  • The Wild Updateの新たな楽曲が追加された。
  • Frogが全てのダメージ音を使用するようになった(MCPE-152629)。
  • Froglightの破壊音が正しくなった(MCPE-153943)。
Ancient City
  • Ancient Cityの空気ブロックに魂のランタンが生成されなくなった(MCPE-153586)。
  • City Centerの構造が完全なReinforced Deepslateの長方形を形成するようになった(MCPE-153567)。
  • 戦利品のチェストにEcho Shardが生成されるようになった。
  • Ancient Cityの構造がJava Editionのものと一致するようになった。
Warden
  • Wardenにソニックブーム攻撃が追加され、当たったターゲットに範囲ダメージとノックバックを与えるようになった。
  • ターゲットが居るときにWardenが「嗅ぐ」動作をしなくなった。
  • Wardenがターゲットの匂いを嗅いだときに、地中に潜らなくなった。
  • Wardenを他のMobが押せるようになった。
  • Wardenが接触したMobに対して怒るようになった(MCPE-153839)。
  • Wardenに攻撃するときにゲームモードを切り替えるとクラッシュする問題を修正。
  • Wardenが正しい量の経験値をドロップするようになった(MCPE-153564)。
Allay
  • Allayのインタラクトツールチップの表示が「Give item to Allay」になった(MCPE-153035)。
ブロック
  • ウィザーがReinforced Deepslateを破壊できなくなった(MCPE-153542)。
  • エンダードラゴンがReinforced Deepslateを破壊できなくなった(MCPE-153545)。
  • クリエイティブインベントリで、Reinforced Deepslateが「性質」タブに移動された(MCPE-153543)。
Mud Brickのブロック
  • Mud Brickの階段、ハーフブロック、壁が正しくグループ化されるようになった(MCPE-153719)。
ゲームプレイ
  • 物質還元器を使用するとゲームがクラッシュする問題を修正(Education Editionの機能)。
  • 水中のライトブロックを内側から破壊できなくなった(MCPE-148393)。
  • かまどの使用中に、間違ったスロットからアイテムを取ると経験値を得られる問題を修正(MCPE-152227)。
  • Mangrove RootsとMangrove Propaguleが堆肥化可能になった(MCPE-153782MCPE-153912)。
  • MudとMuddy Mangrove Rootsの上に全ての花、苗木、竹、サトウキビ、大きなドリップリーフ、スイートベリーの低木設置できるようになった(MCPE-153916)。
  • Mangrove Rootsが積雪を通り抜けて生成されるようになった(MCPE-153913)。
  • Tadpoleがスライムボールで誘引可能になった。
タッチ操作設定
  • ジョイスティックの移動トグルが無効化されたときに、静的ジョイスティックのトグルが無効化されないようになった(MCPE-153201)。
描画
  • ボートとBoat with Chestのアイテムテクスチャが変更され、Java Editionと一致するようになった(MCPE-153353)。
襲撃
  • 邪悪な村人が他の村に移動した際に襲撃が進行するようになった(MCPE-151310)。
JSON
  • 音楽にWeightが適用されない問題を修正。

beta 1.19.0.28

Beta 1.19.0.28(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.29(Xbox、 Windows、iOS/iPadOS)は、Bedrock Edition 1.19.0の4番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年4月28日にリリースされた。[12]このバージョンでは、新たな音楽ディスク「5」の追加やAllaySculkWardenの変更、バグ修正が行われた。

追加要素

アイテム

Disc Fragment
  • 新たな音楽ディスク「5」の欠片。
音楽ディスク
  • Samuel Åbergの楽曲「5」の音楽ディスクが追加された。
    • 「Disc Fragment 5」9個のクラフトからでのみ入手できる。

全般

実験トグル
  • 「スペクテイターモード」の実験トグルが追加された。

変更

ブロック

カーペット
  • ウールと同様に設置したり、破壊されてアイテム化したりしても振動を発さなくなった。
  • カーペットの上で走ったりジャンプしたりしても振動を発さなくなった。
Mangrove Leaves
  • ハサミで破壊されるとアイテム化するようになった。

アイテム

Goat horn
  • 試験的なゲームプレイが無効でも利用可能になった。

Mob

Allay
  • アイテムを投げる際の効果音が追加された。
シュルカー
  • 炎によるダメージを受けないようになった。
Warden
  • 遠距離攻撃の変更:
    • 盾と防具を貫通するようになった。
    • 与えるダメージが6♥♥♥(イージー)/ 10♥♥♥♥♥(ノーマル)/ 15♥ × 7.5(ハード)から、16♥ × 8(イージー)/ 30♥ × 15(ノーマル)/ 45♥ × 22.5(ハード)に変更された。
    • 攻撃のクールタイムが5秒から2秒に短縮された。
    • 新たな死亡メッセージが追加された:「<player> was obliterated by a sonically-charged shriek」
  • 死亡時にSculk Catalystをドロップするようになった。

試験的

この変更は、「スペクテイターモード」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

変更

ゲームプレイ
スペクテイター
  • 実験トグルへ移行された。

修正

Warden
  • 投射物に気を取られると怒りレベルが増加するようになった(投射物が頻繁に当たらない場合は10、頻繁に当たる場合は35増加する)。
  • Wardenが矢以外の投射物に反応するようになった。
  • Wardenが矢以外の投射物に気を取られるようになった(MCPE-153549)。
  • Wardenが接触した全てのMobに怒るようになった(MCPE-153839)。
Sculk
  • Sculk CatalystとSculk Shriekersの爆発耐性がJava Editionと一致するようになった(MCPE-153208)。
  • 誤って削除されたSculk関連のサウンドが復元された(MCPE-153296)。
  • Sculk Shriekerの叫び声がブロックサウンドとして正しく分類されるようになった(MCPE-154130)。
  • スカルクセンサーの起動音と解除音がブロックサウンドとして正しく分類されるようになった(MCPE-115395)。
  • スカルクセンサーが釣り竿を使用しているプレイヤーを正しく感知するようになった。
  • Sculk Shriekerが手に持たれているときや、額縁に入っているときに、どの面でもZファイティングを示さなくなった(MCPE-145580
  • ピストンがSculk Shrieker、スカルクセンサー、Sculk Catalystを押せなくなった(MCPE-154056)。
  • スカルクセンサーの採掘時に、壊れるアニメーションが触覚の周りに表示されなくなった(MCPE-121492)。
Mangrove
  • Mangrove Propaguleに骨粉を無限に使用することができなくなった(MCPE-153707)。
  • 上に障害物がある場合、Mangrove Treeが成長しなくなった。
  • mangrove_propagule_hangingmangrove_propaguleにマージされ、「Hanging」のブロック状態が使用されるようになった。
  • Mangrove WoodとMangrove Logが葉っぱの減衰を防ぐようになった(MCPE-153948)。
  • Mangrove Treeの群葉のJava Editionと一致するようになった。
  • Mangrove Treeが、枝にMangrove Logが無い状態で生成される問題を修正(MCPE-153948)。
  • Mangrove Woodのブロックのほとんどが炎の影響を受けないバグを修正。
  • Mudの上にあるMangrove以外の苗木に骨粉を使用すると、完全な木に成長するようになった。
  • Mangrove Leavesがハサミで破壊された際にアイテム化するようになった(MCPE-153787)。
  • Mangrove Woodからたき火と燻製器を作成可能になった(MCPE-153811)。
Allay
  • Allayから受け取ったスタック可能なアイテムをスタックに追加することが可能になった(MCPE-153540)。
  • Allayがアイテムを投げる効果音が追加された。
Frog
  • FrogがMudの上で経路探索に失敗することがなくなった。これは仮の修正であり、正式な経路探索の修正が実装されるまでは、Mudの上でエンティティが沈まないようになる(MCPE-153961)。
  • スライムやマグマキューブを食べているFrogの頭部でZファイティングが起こるバグを修正(MCPE-151539)。
Froglight
  • Froglightがどの通路で破壊されても正しくアイテム化されるようになった。
  • Froglightが正しい色でマップ上に表示されるようになった(MCPE-154315)。
  • Froglightの採掘時間が正しくなった。
Frogspawn
  • Frogspawnが水流によって破壊されるようになった。
ゲームプレイ
  • Mobが再びボタンの上にスポーンできなくなった(MCPE-153897)。
  • アメジストのかたまりが、Sculk Shriekerなどの上面を支持しないブロックの上に設置できなくなり、下面を支持するブロックの下に正しく設置できるようになった(MCPE-145676)。
  • 金床で耐久値が減っていないツルハシなどの道具の名前を変更した後、その道具を初めて使用する際に正しく動作しないバグを修正(MCPE-152637)。
  • チェスト付きトロッコ、ホッパー、TNT火薬が不定形レシピになった。
  • 吸収効果をオンにした状態で大きな致命的ダメージを受けると、ソフトロックが発生する問題を修正。
バニラパリティ
  • シュルカーが炎の影響を受けなくなった(MCPE-33236)。
  • シュルカーが乗り物に乗った状態で直立姿勢を保つようになった(MCPE-115269)。
  • 相対的な負のy座標とx座標に他のシュルカーが居る場合に、シュルカーがスポーンに失敗することがなくなった。
タッチ操作
  • 「クラシック」タッチ操作で、ジャンプとスニークを入れ替えた際に、移動方向からスライドしてジャンプできるようになった(MCPE-151149)。
描画
  • RTXワールドで太陽の方向が更新されない問題を修正(MCPE-153958)。
行商人のラマ
  • 行商人のラマが俵を与えられた後に繁殖できるようになった。
  • 行商人の首ひもから外れた行商人のラマが存在し続けなくなった(MCPE-102302)。
安定性とパフォーマンス
  • 切断されたプレイヤーと最後に取引した村人と取引する際に発生する可能性があったクラッシュを修正。
  • iOS版で、村の中で発生する可能性のあったクラッシュを修正。
ユーザーインタフェース
  • かまど、溶鉱炉、燻製器、エンチャントテーブル、石臼、調合台、金床、ビーコン、鍛治台の使用時に、インベントリ画面左側の濃い灰色の領域をクリックするとアイテムがドロップされることがある問題を修正。
  • 注目のサーバーのメッセージテキストが中央に表示されなくなった。
コマンド
  • 「/loot」コマンドに「replace entity」のオーバーロードが追加された。

beta 1.19.0.30

Beta 1.19.0.30(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.31(Windows、iOS/iPadOS)、Preview 1.19.0.65(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の5番目のベータバージョン及びプレビューで2022年5月4日にリリースされた。[13]このバージョンでは新たな実績の追加や、 スペクテイターモードの変更、バグ修正が行われた。

追加要素

ゲームプレイ

実績
  • 限定要素:新たに4つの実績が追加された。
    • 「It spreads」
    • 「Birthday song」
    • 「With our powers combined!」
    • 「Sneak 100」

変更

Mob

Frog
  • プレイヤーに倒されたときに経験値をドロップするようになった。

Mob以外のエンティティ

Boat with Chestチェスト付きトロッコTNT付きトロッコホッパー付きトロッコ
  • 壊れた際にそれ自身がドロップするようになった。

試験的

これらの追加要素と変更は「スペクテイターモード」、「ゲームテストフレームワーク」の実験トグルをオンにすることで有効になる。

追加要素

コマンドフォーマット
/script_profiler
  • GameTestスクリプトのパフォーマンストレースの作成に使用できる。

変更

ゲームプレイ
スペクテイターモード
  • スペクテイターモードにカスタムインプットマッピングが追加された。
  • 以下の動作ができなくなった:
    • 攻撃
    • 建築
    • アイテムを落とす
    • アイテムを使用する
    • インベントリを開く
    • 入力によるワールドへの干渉
    • チェストなどのコンテナのUIへの干渉
  • 地上からスペクテイターモードに切り替えたとき、飛行速度が遅くならなくなった。
  • スペクテイターモードに切り替えられたとき、プレイヤーが引っかからずに飛行できるようになった。
  • スペクテイターモードに切り替えられたとき、プレイヤーが騎乗、アイテムの使用、就寝、飛行を中止するようになった。
  • ジャンプボタンを2回した際にスペクテイターモードが解除されなくなった。

修正

アクセシビリティ
  • フィードバックの送信ボタンがText-To-Speechでリンクとして説明されるようになった。
  • メインメニュー画面でも「コントローラーの接続が切れました」のポップアップが表示されるようになった。
Allay
  • 首ひもが付けられたAllayが、遠くのアイテムの所へ移動しようとする際に動きを止めなくなった。
Ancient City
  • Ancient Cityが頻繁に水や溶岩で満たされなくなった(MCPE-153568)。
  • 水中でDarknessの効果が発動している際に、光源の周りにカラフルな跳びはねる線が表示されなくなった(MCPE-145696)。
  • Darknessの効果のフェードインが突然起きなくなった(MCPE-153708)。
  • 起動したSculk Shriekerを破壊してもWardenのスポーンを止められなくなった(MCPE-154000)。
  • 周囲をSculk Veinに囲まれたAncitnt Cityで、ストラクチャーヴォイドが生成されなくなった(MCPE-153541)。
  • Ancient Cityの地下にあるトラップ機構の変形が正しく機能するようになった(MCPE-154409)。
  • Sculk Shriekerが再び浸水可能になった。
Warden
  • Wardenが6秒ごとにDarknessの効果を与えるようになった。
  • Wardenが経験値オーブに対して怒り、ターゲッティングしなくなった(MCPE-154210)。
  • WardenがトライデントなどMob以外のActorに攻撃しなくなった。
  • WardenがSculk Shriekerの叫びを感知できるようになった。
  • Wardenは匂いを嗅いだ後、最も近くに居るMobを調べるようになった。
  • 攻撃されて怒り状態になったときに、Wardenが怒りのサウンドを発さなくなった。
  • Wardenの心音が、Wardenのターゲットまたは最も怒りレベルの高いMobにのみ反映されるようになった。
  • Wardenが地面から出現した際に小さくジャンプするバグを修正(MCPE-154544)
  • 超音波のパーティクルが新しいテクスチャに変更された。
スカルクセンサー
  • ウミガメの卵やハーフブロックを既に設置されている場所に追加したときに、スカルクセンサーが正しく感知するようになった(MCPE-153109)。
  • 上にエンティティが乗っている際にスカルクセンサー繰り返し動作するようになった(MCPE-153818)。
  • 投射物がウールやカーペットに当たったときに振動が発生しなくなった。
  • プレイヤーが手懐けられた動物を見たときに振動が発生しなくなった。
  • オフハンドに盾を持ってスニークしたときに振動が発生しなくなった(MCPE-153971)。
  • 土、粗い土、根のついた土をくわで耕した際にスカルクセンサーが正しく感知するようになった(MCPE-153734)。
  • スカルクセンサーがボートの移動を感知できるようになった。
  • スカルクセンサーが気泡柱の上で水飛沫を上げているボートを感知できるようになった。
  • 土、粗い土、根のついた土に水のビンを使用してMudに変換した際に、スカルクセンサーが正しく感知するようになった(MCPE-154057)。
  • スカルクセンサーが再び浸水可能になった。
  • スカルクセンサーの下面が他のブロックを支持できるよになった。
  • スカルクセンサーが別のスカルクセンサーの上でスニークしたプレイヤーを感知できなくなった。
Mangrove
  • Mangrove PropaguleがMangrove Treeに成長する速度がJava Editionと一致するようになった(MCPE-154001)。
  • Mangrove Propaguleに対してハチが受粉できるようになった(MCPE-153783)。
  • Stripped Mangrove LogからMangrove Plankを作成可能になった(MCPE-154017)。
  • Mangroveのブロックが他のオーバーワールドの木の隣にソートされるようになった(MCPE-153835)。
  • クリエイティブインベントリで、Mangrove Rootsが「原木」セクションに配置されなくなった。
  • Mangrove Woodのマップ上の色がJava Editionと一致するようになった(MCPE-153802)。
  • Mangrove LogとStripped Mangrove Logのマップ上の色がJava Editionと一致するようになった(MCPE-153799)。
  • Mangrove Rootsが可燃性になった(MCPE-153742)。
Mud Block
  • 重力の影響を受けるブロックがMudの上に落下した際に壊れるようになった(MCPE-153812)。
  • 土がMudに変化したときに水飛沫のサウンドが鳴るようになった(MCPE-153716)。
  • クリエイティブインベントリで、Mudが土の隣に配置されるようになった(MCPE-153836)。
  • Mud Brick Slabを1つに重ねた際にサウンドが鳴るようになった(MCPE-153775)。
Frog
  • Frogがウシやヤギと同等の経験値をドロップするようになった(MCPE-154185)。
  • Frogspawnがランダムティック速度の影響を受けなくなった(バニラパリティ)。
  • Tadpoleのダメージを受けるサウンドと成長するサウンドが鳴るようになった(MCPE-151538)。
ゲームプレイ
  • ネザーでエンダーマン、ピグリン、スケルトン、ウィザースケルトンがより広い明るさレベル(0〜11)でスポーンするようになった。
  • ベルにたいまつを設置できなくなった。
  • Wild Updateの実績「It spreads」、「Birthday song」、「With our powers combined!」、「Sneak 100」が追加された。
描画
  • 首ひもがガラスの上に描写されるバグを修正(MCPE-145764)。
  • 現在のアートディレクションに従い、ミラーリングされたオオカミのMobパーツが元に戻された。
アイテム
  • Boat with Chestが壊れたとき、ボートとチェストが個別にドロップせずに、1つのアイテムをドロップするようになった(MCPE-153392)。
  • Mangrove Rootsがかまどの燃料として使用できなくなった。
  • チェスト付きトロッコ、ホッパー付きトロッコ、TNT付きトロッコが壊れたとき、2つのアイテム(チェストとトロッコなど)に分かれずに、それ自体がドロップするようになった。
経路探索
  • Mobが開いたトラップドアで引っ掛からなくなった(MCPE-154106)。
安定性とパフォーマンス
  • とげのエンチャントが付与された防具を装備しているプレイヤー同士が戦闘している際に発生する可能性のあるクラッシュを修正(MCPE-153593)。
  • 空気で満たされたチャンクがあるワールドのブレンドする際に発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 分割画面でのプレイ時に発生する可能性のあるクラッシュを修正。

beta 1.19.0.32

Beta 1.19.0.32(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.33(Windows、iOS/iPadOS)、Preview 1.19.0.66(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の7番目のベータバージョン及びプレビューで、2022年5月12日にリリースされた。[14]このバージョンではバグ修正が行われた。

追加要素

設定
  • アクセシビリティの設定に「Notificaton duration」が追加された。デフォルトでは3秒に設定されている。
    • 通知の表示時間を変更するのに使用される。

修正

Allay
  • 現在、Allayは主人と一緒にネザーへ移動することができない。これは、ディメンションを移動する際にAllayがブロックの中にテレポートし、窒息する問題を修正するまでの一時的な変更である(MCPE-155678)。
ブロック
  • 自然生成したものでないSculk Shriekerが、自然生成したものと同じく発動ごとにクールタイムが発生するようになった(MCPE-153944)。
  • Sculk Shriekerとスカルクセンサーをシルクタッチで採掘した際に経験値をドロップしなくなった(MCPE-153359MCPE-153965)。
  • Java Editionに合わせて、Reinforced Deepslateの破壊にかかる時間が増加し、使用する道具によって異なるようになった(MCPE-154097)。
  • Sculkが炎や魂の炎を通じて拡散しなくなった。
  • コマンドブロックで、他のコマンドブロックをその上に複製する際の動作を修正(レッドストーン信号を受けるまで、複製したコマンドブロックはコマンドを発動しない)。
Mangrove Swamp
  • Mangrove Treeが負のY座標で正しく成長するようになった(MCPE-154983)。
描画
  • Android版での描画の破損を修正(MCPE-155509)。
  • エモートを複数回使用すると重大な視覚的バグが発生する問題を修正(MCPE-155049)。
運動
  • 移動予測を使用するActorがスムーズにテレポートできるようになった。
安定性とパフォーマンス
  • 特定のAndroid端末でゲームパフォーマンスが改善された(MCPE-142934)。
  • バイオームデータに依存するブロックをレンダリングしようとするとクラッシュすることがある問題を修正。
ユーザーインタフェース
  • Shiftキーを押しながらアイテムをクリックすると、再び同じアイテムが1つのスタックにまとまるようになった(MCPE-153992)。
ゲームテストフレームワーク(試験的)
  • 専用サーバーが更新され、スクリプト実行時に読み込ませたいスクリプトモジュールを明確にリスト化できるようになった。デフォルトの設定ファイルは「/config/default/permissions.json」にある。このファイルが無い場合、全てのスクリプトモジュールはデフォルトで無効化される。

beta 1.19.0.34

Beta 1.19.0.34(Xbox、Windows、Android)、Preview 1.19.0.35(Windows、iOS/iPadOS)、Preview 1.19.0.67(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の7番目のベータ/プレビューバージョンで、2022年5月19日にリリースされた。[15]このバージョンではバグ修正が行われた。

修正

アクセシビリティ
  • 進行中の画面でコントローラーの接続が切断された場合は、進行中の画面の後に「コントローラーの接続が切れました」のポップアップが表示されるようになった。
Deep Dark
  • Sculk ShriekerとSculk CatalystがJava Editionと同じ割合で生成されるようになった(MCPE-153525)。
  • Ancient CityとDeep DarkでSculkの塊がより大きく、より頻繁に生成されるようになった(MCPE-154229)。
  • Deep DarkでSculkの塊がワールドの高度に関係なく生成されるようになった(MCPE-155213)。
マーケットプレイス
  • ウィッシュリストを表示する際に発生する可能性のあるクラッシュを修正。
  • 星評価アイコンが正しく塗り潰されないことがある問題を修正。
  • ダウンロードがキューで停止する問題を修正(MCPE-54531)。
  • 新規ワールド作成時にテンプレートの使用が妨げられる問題を修正(MCPE-155883)。
ユーザーインタフェース
  • クラシックUIで、一部のカスタムGUIの外側にアイテムをドロップできないバグに対処するため、ポケットUIでアイテムグリッドの周りの濃い灰色の領域にアイテムをドロップできるようになった(MCPE-155813)。
技術的
  • 一部のコンテンツパックで、ブロックのデータ値0に変更される、ブロックのシリアル化の問題を修正。

Preview 1.19.0.68

Preview 1.19.0.68(Xbox)は、Bedrock Edition 1.19.0の8番目のプレビューバージョンで、2022年5月21日にXboxにのみリリースされた。[16]このバージョンではバグ修正が行われた。

修正

  • スタート画面でゲームがフリーズしなくなった。

注釈・脚注

  1. 「Minecraft Beta & Preview 1.19.0.20」 – minecraft.net、2022年4月6日
  2. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.24/25」 – feedback.minecraft.net、2022年4月14日
  3. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.26/27」 – feedback.minecraft.net、2022年4月21日
  4. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.28/29」 – feedback.minecraft.net、2022年4月28日
  5. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.30/31」 – feedback.minecraft.net、2022年5月4日
  6. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.32/33」 – feedback.minecraft.net、2022年5月12日
  7. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.34/35」 – feedback.minecraft.net、2022年5月19日
  8. “The update for Minecraft Preview on Xbox should start becoming available for everyone now. It is version 1.19.0.68 (which shows up as 1.19.68.0 in some places).”@jorax79、2022年5月21日
  9. 「Minecraft Beta & Preview 1.19.0.20」 – minecraft.net、2022年4月6日
  10. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.24/25」 – feedback.minecraft.net、2022年4月14日
  11. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.26/27」 – feedback.minecraft.net、2022年4月21日
  12. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.28/29」 – feedback.minecraft.net、2022年4月28日
  13. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.30/31」 – feedback.minecraft.net、2022年5月4日
  14. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.32/33」 – feedback.minecraft.net、2022年5月12日
  15. 「Minecraft Beta & Preview - 1.19.0.34/35」 – feedback.minecraft.net、2022年5月19日
  16. “The update for Minecraft Preview on Xbox should start becoming available for everyone now. It is version 1.19.0.68 (which shows up as 1.19.68.0 in some places).”@jorax79、2022年5月21日
Advertisement