Minecraft Wiki

Minecraft Wikiは、Microsoftから公式ウィキとみなされなくなったため、ウィキのロゴを含むいくつかの変更が必要となりました。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

もっと見る

Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,153
ページ
Book and Quill.png
このページは翻訳途中です。 
あなたが内容を翻訳してみませんか?
Bedrock Edition 1.17.1」とは異なります。
v1.17.10
Bedrock 1.17.10 PatchNotes.png
Bedrock 1.17.10.png
エディション

Bedrock Edition

サーバーバージョン

1.17.10.04

内部バージョン番号

Android: 1.17.10.04
PS4: 2.26
Windows 10: 1.17.1004.0

リリース日

2021年7月13日

開発版
ベータ版 (1)

ダウンロード

Server
Windows Linux

プロトコルバージョン

448

1.17.10Bedrock Editionで2021年7月13日に公開されたマイナーアップデートである。このアップデートには、キャンドルなどのJava Editionと同様の要素の追加などが含まれている[1]

追加要素[]

ブロック[]

キャンドル
  • ハニカムでクラフト可能
  • 16色と無着色タイプが存在する。
  • 火を起こす(火打ち石と打ち金など)アイテムを使用することで照らすことができる。
  • シーピクルスと同様に、最大4つまでを1つのブロックに配置することができ、最大光レベルを12にすることができる。
    • 同じ色のキャンドルのみ同じ場所に設置することができる。
  • ケーキの上に置いて火をつけることができるのは1つだけ
    • ケーキを食べると、キャンドルが飛び出す。

コマンドフォーマット[]

/dialogue
  • ダイアログJSONファイルを介してNPCの分岐ナラティブを使用して複数のページのダイアログを作成する際に使用される。

変更要素[]

ブロック[]

ツツジ開花したツツジ
  • 植木鉢に入れることができるようになった。
クォーツのブロック作業台磨かれたブラックストーンのレンガひびの入った磨かれたブラックストーンのレンガ、そしてスカルクセンサー
  • テクスチャが更新され、Java Editionと一致するようになった。
青い氷エンチャントテーブル
  • 発光しなくなった。
根付いた土
  • の動作と一致させるために、ランダムに回転するようになった。
看板
  • 看板の発光する文字は外側に光り、暗い色の文字が暗闇の中でも見やすくなった。

アイテム[]

乾燥した昆布ネザライトの斧ネザライトのブーツネザライトのクワネザライトインゴットネザライトのツルハシネザライトの剣
  • テクスチャが更新され、Java Editionと一致するようになった。

Mob[]

ウーパールーパー
  • 熱帯魚のバケツを与えられたときに、空のバケツではなく水入りバケツに置き換えるようになった。
  • ヒットボックスが少し小さくなり、見た目と一致するようになった。
  • 死んだフリをしている間、尻尾などを動かさないようになった。
ヤギ
  • 誘惑されたヤギはJava Editionヤギと同様の速度で移動するようになった。
  • ヤギの落下ダメージの軽減は、Java Editionと同等になった(-10の落下ダメージの減少)。
スケルトン
  • スケルトンがパウダースノーに入った時、45秒後ではなく20秒後にストレイに変わるようになった。

Mobではないエンティティ[]

エンドクリスタル
  • モデルが修正され、ガラスが2つではなく3つになりJava Editionと一致するようになった。

ワールド生成[]

砦の遺跡
  • チェストの戦利品が更新された。
    • 戦利品が全体的に改善された。希少なアイテムの重量が増加し、ほとんどのアイテムの量が増加した。
    • 「empty」戦利品エントリが削除された。
    • ダメージが入ったアイテムの平均耐久値が上昇した。
    • さまざまな戦利品に、エンチャントされた黄金の斧、金のニンジン、エンチャントされた金のリンゴ、鉄ブロックを追加された。
    • 鉄の延べ棒を戦利品から削除された。
    • 戦利品の中のエンチャントされていないダイアモンドの防具はすでに耐久値が減っているということがなくなった。

全般[]

Realms
  • ワールドアップロードスロットを追加。
    • 1個のワールドを有効にすることができ、3個のワールドスロット間で切り替えることができる。
設定
  • アクセシビリティ設定のアイコンが更新された。
スプラッシュテキスト
  • Java 1.17-pre1のいくつかのスプラッシュテキストを追加:
    • "[this splash text has been delayed until part 2]"
    • "Contains simulated goats!"
    • "Home-made!"
    • "There's <<a cat on ,my keyboard!~"[ママ]
    • "The cutest predator you'll ever meet!"
    • "Now you are thinking with pistons!"
    • "Get to the coppah!"
    • "Board game version also available!"
    • "Honey, I waxed the copper!"
    • "Plant-based light sources!"
    • "Made by "real" people!"

技術的[]

全般
  • query.show_bottom 追加- エンティティの下部が描写されるかを確認するためのクエリ。
  • query.death_timeを追加 - Mobが死んでから経過したティックを確認するためのクエリ。
  • math.min_angleを追加 - 度単位を[-180 ~ 180]の範囲に最小化するための数式。
チャンク
  • 必要な場合を以外のチャンクの書き込みを制限するようになった。古いフォーマットから更新されたチャンクは、読み込み時に自動的に保存されることはないが、そのチャンク内が編集(たとえば、ブロックまたはアクターを介して)されると、保存用にマークされる。
ゲームプレイ
  • シード値が0のワールド上の戦利品チェストの中身は同じ座標に配置された場合に正しくランダム化されるようになった。
    • バニラの戦利品チェストを開く前にブロック選択しても、NBTでシードを0に設定しない限り、各コピーで中身が同じ戦利品になることに注意してほしい。
データ駆動型Mob
グラフィックス
  • 9_3以下の最大D3D11機能レベルをサポートするグラフィックハードウェアは対応されなくなった。
安定性とパフォーマンス
  • JSON解析のエラー処理が改善された。アイテムとloot tableの解析のコンテンツエラーが追加された。
  • 新しく表示されるタイプの受信クライアントシンクプロパティが、クライアント側のアクタープロパティマネージャグループに正しく登録されるようになった。

実験的[]

以下の変更と更新などは「洞窟と崖」と、「ゲームテスト フレームワーク」トグルを有効にすることで適用される。

全般[]

  • 洞窟と崖をベータ版ではないプレイヤーにもアクセス可能になった。

ブロック[]

スカルクセンサー

アイテム[]

ヤギの角
  • ヤギがブロックにぶつかった時ドロップする。
  • 短時間使用し続けると、襲撃時に聞こえるホーンと同じサウンドが再生される。

ワールド生成[]

洞窟
  • Y軸-59まで続く。
  • ドリップストーン洞窟繁茂した洞窟などの洞窟内のバイオームが追加された。
  • 海面に関係なく、帯水層などのさまざまな高さに水域が含まれている(Y=63)。
    • Y=0未満の帯水層は水ではなく溶岩が設置されていることがある。
  • 古い洞窟を改良して新しいワールドジェネレーションの洞窟とうまく調和させた。
  • チーズ、スパゲッティー、ヌードルの3つの形で生成する新しいノイズ洞窟が追加された。
    • 元の洞窟はまだ存在しているようで、ノイズ洞窟とうまく調和するようにワールドジェネレータがわずかに微調整されている。
    • チーズ洞窟には洞窟の底から上の方へ伸びる巨大な石の塔が存在する。
      • 非常に大きいため、ほとんどの場合はエリトラで飛ぶことができるほどのサイズである。
      • 帯水層や鉱石などが豊富だ。
    • スパゲッティ洞窟は長く薄い洞窟であり、帯水層が小さく、古い洞窟に似ている。
廃坑
  • 廃坑が完全に空に浮いていると完全に生成されなくなった。
  • 廃坑の足場には柱として原木の柱、あるいは必要に応じて吊り下げ対応としてチェーンとオークのフェンスが設置されるようになった。
  • クモの巣は隣接するブロックがない場合、空中に浮いてしまうため生成されなくなった。
山(新)
  • 地形の高さに依存するバイオーム。
  • 改良されたため、地上にはいくつかの新しい小さなトウヒの木があり、山頂の上の氷塊青氷が生成されている。
  • ヤギウサギ雪ブロック、雪の層、粉雪が存在する。
  • 鉄鉱石エメラルド鉱石石炭鉱石が豊富にあるため、入手しやすい。
    • エメラルド鉱石は1つ以上生成されるようになったため、以前のように1つだけポツンと生成されることはなくなった。
  • 地形はY=256まで生成可能になった。
  • 新しいサブバイオームを生成するようになった。
鉱石生成の分布
  • すべての鉱石の生成分布を変更し、ラピスラズリ鉱石のようなスプレッド値を与えられた。スプレッドワールドジェネレーションと並んで線形世代を保持させているものもある。
  • 石炭鉱石エメラルド鉱石、および銅鉱石は、Y=0未満に生成されなくなった。
    • 銅鉱石はY=0~96の間で生成され、他の全ての鉱石と同じように、スプレッド値を使用する。 Y=48が多いことになる。
    • エメラルド鉱石には、スプレッドとしてY=32を超えて生成され、Y=256で多く生成されることがなくなり、Y座標が下がるにつれて量が減る。
    • 石炭鉱石は2回生成させようとする。1回目は、高度Y=136~256の間で均等に生成される。 広がりとしてY=96の高度で多く生成されることがなるなる。Y=0~192の高度の間で生成される。
  • 別の鉱石も異なって生成される。
    • 鉄鉱石は3回生成しようとする。1回は高度Y=256で大量に生成されるスプレッドとして、Y=128を以上で生成される。 もう1つは、Y =6で大量に生成され、一番すくなめの高さがY=-24、最大の高さがY=57で生成される広がりはY=-64とY=-32の高度の間で均等に広がる少なめの広がりである。
    • 金鉱石はY=32からY=-64の間で生成され、16でピークを迎える。荒野で生成される金鉱石はそのままである。
    • ラピスラズリ鉱石はY=32からY=-32の間で生成され、0でピークを迎えるのと、Y=64から-64の間で古代の残骸のように埋もれて生成されて2回生成しようとする。
    • レッドストーン鉱石はY=15から-64に頻繁に生成され、高度-64でピークを迎える。高度32以下で生成されるものもあり、2回生成しようとする。
    • ダイヤモンド鉱石は散らばって生成されている。16以下から生成され、-64でピークを迎える。つまり、深ければ深くなるほど生成数が増える。
  • 閃緑岩安山岩花崗岩は大きさと位置が調整された。
    • これらは少し大きくなり、球状になるようにされたが、あまり見られない。

バイオーム[]

鍾乳洞
  • 自然生成するようになった。
  • ポインテッドドリップストーン(鍾乳石と石筍の両方)とドリップストーンブロックが存在する。
  • ドリップストーン クラスターが多く見られる。
繁茂した洞窟
Mountains
  • Come in 5 sub-biomes:
    • Mountain Meadow
    • Mountain Grove
    • Snowy Slopes
      • The second highest layer of a mountain.
      • Covered in snow, snow blocks, powder snow and ice.
    • Lofty Peaks
      • The highest layer of a mountain, and will only generate if the mountain is high enough.
      • Generates if the surrounding biomes are too warm for snow capped peaks.
      • Covered in snow and ice.
    • Snow Capped Peaks
      • The highest layer of a mountain, and will only generate if the mountain is high enough.
      • Generates if the surrounding biomes are too cold for lofty peaks.
      • Covered in snow, snow blocks, powder snow, ice and packed ice.

技術的[]

GameTest Framework
  • Updated the /clearall command to also clear tests outside of loaded areas
  • Dimension
    • getEntitiesAtBlockLocation(location : BlockLocation) : Entity[]
      • Returns an array of all entities at the given block location
    • spawnEntity(identifier : String, location : BlockLocation) : Entity
      • Spawns an entity with the given identifier at the given block location
    • [Removed] function getName()
    • property id : String
      • Gets the entity's identifier
    • property nameTag : String
      • Gets or sets the entity's name tag
  • Player
    • property name : String
      • Gets the player's name
  • method getPlayers() : Player[]
    • Returns all players in the server
  • Updates to how blocks are handled in APIs:
    • BlockType, BlockPermutation, and Block instances replace BlockState-based updating
  • Exposed chest block component and Container
  • Added location and velocity read-only properties to Entity
  • function createExplosion(location : Location, radius : number, explosionOptions : ExplosionOptions)
    • Creates an explosion
      • ExplosionOptions : class
        • Provides additional configuration parameters for createExplosion
  • method triggerEvent(eventName : string)
    • Triggers an event on an entity
  • Added thenExecuteFor to GameTestSequence, which repeatedly calls the callback for the specified number of ticks
  • Events
    • Renamed World.event.weatherChanged to World.event.changeWeather
    • Added event World.event.addEffect
      • Fires when an effect is applied to an entity.
    • Added event World.event.createEntity
      • Fires when an entity is added to the world.
    • Removed function World.addEventListener
    • Changed function 'getDuration()' to property 'duration'
    • Changed function 'getAmplifier()' to property 'amplifier'
    • Added property displayName
      • Gets the display name of the effect

修正[]

Performance / Stability
  • Fixed a crash that could occur if a structure was placed with a command in an unloaded area and that structure was deleted
Gameplay
  • Underwater fog is once again dependent on biome and appears as it should (MCPE-124266)
  • Fixed a bug that could cause Nether Portals to sometimes take players to wrong coordinates (MCPE-115933)
  • Fixed split-screen players not able to rename items on Anvils (MCPE-108405)
  • Thunderstorms now happen as often as Java Edition (MCPE-72798)
  • Bastion loot now closely matches Java Edition (MCPE-104330)
  • Players can no longer swim through the air under a platform, though it looked pretty cool (MCPE-48958)
  • Fixed players going through Cobwebs taking fall damage before hitting the ground (MCPE-121550)
  • Descending through Powder Snow with touch controls now uses the same button as descending through Scaffolding
  • Fixed an issue that was causing the player's head to not animate properly with emotes (MCPE-126902)
Mob
  • Empty Buckets can no longer be used to collect Fish
  • Axolotls no longer move their tails while playing dead (MCPE-123309)
  • Feeding Axolotls with Bucket of Tropical Fish now returns a Water Bucket instead of an empty Bucket (MCPE-127382)
  • Axolotls now only spawn in complete darkness to prevent spawning in unwanted places
  • The hitbox on Axolotls is now smaller to match the size of the mob
  • Drowned, Guardians, and Elder Guardians now attacks Axolotls on sight
  • Skeletons now turn into Strays after 20 seconds in Powder Snow, reduced from 45 seconds
  • Strays no longer drop Wither Skeleton Skulls when killed by Charged Creepers (MCPE-35876)
  • Burning mobs can no longer destroy Powder Snow when the Mob Griefing world option is disabled (MCPE-221842)
  • Tempted Goats now move at the same speed as goats in Java Edition, and other similar mobs that are being tempted (MCPE-123261)
  • When Goats are performing a ram attack, mobs no longer retaliate against the Goats (MCPE-129619)
  • Goat fall damage reduction is now in parity with Java Edition (-10 reduced fall damage)
  • Goats can now continue ramming when on Slime Blocks and Honey Blocks
  • Baby Sea Turtles no longer despawn after being hatched (MCPE-70664)
  • Baby Horses, including their variants, are now taller and no longer exhibit Z-fighting from their legs (MCPE-92462)
  • Iron Golems and Evokers are no longer sometimes aggressive on Peaceful difficulty (MCPE-47012)
  • Amphibious mobs no longer get stuck when pathing over slabs and Daylight Sensors
  • Attacked Glow Squids no longer go dark only for the aggressor in multiplayer sessions
  • Glow Squid now darkens to match the surrounding light level when hurt (MCPE-121754)
  • Villagers spawned from Villager spawners on Marketplace worlds that were created after version 1.11 now correctly spawn as V2 villagers
  • Fixed a warning that could appear in split-screen when encountering Guardians
Blocks
  • Falling Anvils and Stalactites now deal damage to mobs when landing in liquid
  • Azaleas can now be Bone Mealed when placed on Clay
  • Using Pick Block on Azalea Leaves and Flowering Azalea Leaves now results in the correct blocks being picked (MCPE-128092)
  • Hanging Roots are now destroyed by water (MCPE-121676) (MCPE-127677)
  • Lightning Rods no longer break falling blocks that land on them (MCPE-116545)
  • Rooted Dirt texture is now randomly rotated, matching the behavior of regular Dirt blocks (MCPE-123197)
  • Small Dripleaf now only drops itself when broken with Shears
  • Glow Lichen now only drops itself when broken with Shears
  • Jukeboxes now only ejects Music Disks into non-solid blocks (MCPE-85635)
Items
  • Projectiles, such as Snowballs and Eggs, no longer cast shadows
  • All dropped items now have a similar floating height
  • Disenchanting an item using the Grindstone once again resets the enchantment cost penalty correctly (MCPE-107211)
  • Data-driven items now swing faster when not targeting blocks (MCPE-119702)
  • Firework Rockets obtained from '/replaceitem' command now have a flight duration (MCPE-109037)
  • Firework Stars obtained from '/replaceitem' command now have proper color values (MCPE-109037)
  • Glowing text on Signs now has an outline (MCPE-129123)
  • Black text on Signs can now be lit by using a Glow Ink Sac (MCPE-128079)
  • Tooltips are now present when holding Ink Sac and Glow Ink Sac when using a controller
  • Ink Sac and Glow Ink Sac can no longer be used indefinitely on signs in Adventure mode
  • Players can no longer dye text on Signs in Adventure mode (MCPE-126489)
  • Pumpkins are once again accepted by Farmer Villagers regardless of their rotation when mined (MCPE-105540)
User Interface
  • Glow Item Frame is now placed after regular Item Frame in the Creative inventory (MCPE-117532)
  • Copper Ore is now placed after other Overworld ores in the Creative inventory (MCPE-119724)
  • Deepslate is now placed after other stones in the Creative inventory (MCPE-127592)
  • Hotbar item tooltip duration now scales with the length of the tooltip's text
  • Added a new Accessibility icon in the Settings menu
  • Items can now be previewed in the Character Creator and equipped using the Equip button
  • Added Equip button to Classic Skins and Capes tabs
  • The profile screen reload button is now properly localized to all supported languages
  • The "Reset to Default" button in the Accessibility settings now resets the Text Background Opacity slider
  • Fixed a typo in the "Loom" section of "How to Play" (MCPE-128735)
  • The counters on empty tabs of the Play screen now display zero instead of an empty, grey box (MCPE-110535)
  • Featured Item thumbnails now fit within the Featured Items window in Character Creator
  • When not signed into a Microsoft Account, players are now presented with a button prompting them to sign in on the Play screen so that they can view Realms
  • Realms Plus content expiration timers now appear properly
  • Realms Plus timers now only appear within 30 days of expiring
Commands
  • '/title clear' now correctly clears the title and subtitle from the HUD (MCPE-97636)
  • Frosted Ice can now be used in any command that accepts a block, such as '/setblock' and '/testforblock' (MCPE-126741)

脚注[]

Advertisement