Minecraft Wiki
Advertisement
the Bedrock Edition folderについては「en:com.mojang」をご覧ください。
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。 

.minecraft(macOSでは単にminecraft) は、Minecraft Java Editionが実行時に作成するフォルダーである。このフォルダには.jarファイル、効果音や音楽、リソースパック、個人設定、ワールドなどが含まれている。

.minecraftを探す[]

以下は、デフォルトで作成される.minecraftディレクトリの場所を示した表である。

OS 場所
Windows %APPDATA%\.minecraft
macOS ~/Library/Application Support/minecraft
Linux ~/.minecraft

.minecraftフォルダを探し見つけることは、リソースパックをインストールしたり、スクリーンショットを見つけるために重要な作業である。

上表の場所は、あくまでデフォルトとした場合に限る。Windowsユーザーで、appdataフォルダの探し方がわからない場合は、以下の手順で探す。

  1. スタート→実行、をクリック。もし見当たらなければ、⊞ Windows + Rキーを押す。
  2. 「名前」に%APPDATA%\.minecraftを入力して"OK"をクリックする。

Macユーザーの場合は、Spotlightからフォルダーを開くことができる。

  1. Finder(ファインダー)を開き、⇧ Shift + ⌘ Command + Gキーを押すか、メニューバーの右側にある虫眼鏡のアイコンからSpotlightをポップアップさせる。
  2. ~/Library/Application Support/minecraftを入力して↵ Enterキーを押す。

LinuxもしくはMacユーザーであれば、パスに~を含むことでルートからホームディレクトリまでのパスを書いたことになる。.で始まるフォルダーは、デフォルトで非表示になっている。ほとんどのファイルマネージャーはCtrl + Hキーを押すことで表示状態が切り替わる。macOS Sierra(10.12)以降、⌘ Command + ⇧ Shift + .キーを押すことで表示状態が切り替わる。

もし、.minecraftフォルダ位置を変更したい場合は、チュートリアル/minecraftディレクトリ位置のカスタム英語版を参照。

.minecraftファイル階層[]

List
  • .minecraft
    • assets
      • indexes
        • version.json
      • log_configs
        • client-version.xml
      • objects
      • skinpacks
      • virtual
    • bin
      • jinput.jar
      • lwjgl.jar
      • lwjgl_util.jar
      • minecraft.jar (it is the client.jar for 1.5.2. The game doesn't use it after the launcher update, though; it uses the "versions" folder instead.)
      • natives
        • (.dll files)
      • [Random ID]
        • (.dll files)
    • debug
      • year-month-day_hour.minute.second.zip
        • deviations
          • <tick_number>@year-month-day_hour.minute.second.txt
        • metrics
          • eventloops.csv
          • frame_times_ms_.csv
          • jvm.csv
          • mailboxes.csv
          • rendering_chunk_dispatching.csv
          • rendering_chunk_stats.csv
          • task_total_duration_ms.csv
        • profiling.txt
    • libraries
      • [Various libraries packaged per Maven convention (without POM files)]
    • logs
      • year-month-day-sessionNumber.log.gz
      • latest.log
    • resourcepacks
    • saves
    • screenshots
      • year-month-day_hour.minute.second.png (or, ...second_instance.png)
    • stats
      • stats_player_unsent.dat
      • stats_player_unsent.old
    • texturepacks
    • texturepacks-mp-cache
    • versions
    • webcache
      • Cache
        • data_0
        • data_1
        • data_2
        • data_3
        • f_<hexa>
      • Cookies
      • Cookies-journal
      • GPUCache
        • data_0
        • data_1
        • data_2
        • data_3
        • index
      • Visited Links
    • debug.stitched_items.png
    • debug.stitched_terrain.png
    • hotbar.nbt
    • lastlogin
    • nativelog.txt (macOS only)
    • nativeUpdaterLog.txt (macOS only)
    • launcher_cef_log.txt
    • launcher_entitlements.json
    • launcher_gamer_pics.json
    • launcher_msa_credentials.json
    • launcher_profiles.json
    • launcher_settings.json
    • launcher_skins.json
    • launcher_ui_state.json
    • options.txt
    • output-client.log
    • output-server.log
    • realms_persistence.json
    • servers.dat
    • textures_0.png
    • textures_1.png
    • textures_2.png
    • textures_3.png
    • textures_4.png
    • usercache.json

リソースパックの使用は、zipファイルにresources.zipという名前を付け、ワールドセーブのルートフォルダーに配置することで強制できます。[1]この機能はシングルプレイヤー専用です。<ref>MC-73716 </ ref>ただし、サーバーがクライアントに必要かどうかを尋ねる別の方法があります サーバーリソースパックを使用します。

Windows OSおよびLinuxの場合、nativelog.txtおよびnativeUpdaterLog.txtの内容は、該当する場合はlauncher_log.txt内にあります(つまり、nativeUpdaterLog.txtは、ランチャーが初めて更新/起動された後、latest_log.txtにのみ存在します

歴史[]

Java Edition Infdev
June 29, 2010Added level.dat_old
Java Edition Alpha
v1.0.11Added session.lock
Java Edition
1.1317w43aRemoved structure data.
Added datapacks folder.
1.1418w47aAdded raids.dat
19w13aRemoved villages.dat and added poi region files.

脚注[]

  1. https://www.mojang.com/2014/ 02 / minecraft-snapshot-14w07a /
Advertisement