Minecraft Wiki
Advertisement

海岸バイオーム。

海岸(英:Beach)は一般的なバイオームであり、陸地から海洋への移行バイオームとして機能する。海岸バイオームには3種類ある。

説明[]

海岸は、陸地のバイオームが海洋に接している場所であればどこでも発生するが、一部例外もある。海岸の種類は気温や隣接するバイオームの高さによって決まる。一部の海岸ではカメがスポーンすることがあり、海岸でスポーンできる唯一の友好Mobであるが、他の友好Mobが周辺のバイオームから海岸に迷い込むことも多い。

海岸はほとんどが無害なバイオームであるが、それ自体にはそれほど多くの資源はない。ほとんどの海岸の下には埋もれた宝が埋まっていることが多く、海岸で難破船が生成されることもある。ただし、敵対Mobとの戦闘がより難しくなってしまうため、プレイヤーは海岸の周辺の水中でスポーンするドラウンドに注意する必要がある。近くの海洋で生成された海底遺跡が海岸に広がることがあり、陸地にも遺跡がいくつか生成されることがある。 大きな海岸には小さな海洋バイオームの塊が生成され、深い湖が形成されることがある。

種類[]

バイオーム族の中には、全部で3種類の海岸バイオームがある。

砂浜[]

砂浜
Beach.png
種類

温帯

出現頻度

一般的

気温

0.8

構造物

埋もれた宝
難破船

ブロック



砂岩
砂利

粘土
サトウキビ

標準的な種類の海岸型バイオームである砂浜(英:Beach)は、ほとんどがで構成されており、河川のようにの下には砂利粘土の塊がある。砂漠の砂のように、下には砂岩が生成され、下の洞窟に落ちないようになっている。砂浜の地形は常に滑らかに水の中へ落ちていくが、その幅や急峻さは様々である。ここではカメがスポーンすることがあり、埋もれた宝難破船、稀に海底遺跡もある。

ワールドタイプビュッフェで生成された砂浜ワールドは、不毛の砂漠のような砂地の風景としてあらわれ、地上では難破船が唯一の目印となっている。

Java Editionでは :

Mobスポーン確率スポーン数
友好カテゴリ
カメ552–5
敵対カテゴリ
クモ1005154
ゾンビ955154
村人ゾンビ55151
スケルトン1005154
クリーパー1005154
スライム[注釈 1]1005154
エンダーマン105151–4
ウィッチ55151
環境カテゴリ
コウモリ10108
  1. スライムチャンク内でのみスポーン試行が成功。

Bedrock Editionでは :

Mobスポーン確率スポーン数
敵対カテゴリ
クモ1004951
ゾンビ954952–4
村人ゾンビ54952–4
スケルトン804951–2
クリーパー1004951
スライム[注釈 1]1004951
エンダーマン104951–2
ウィッチ54951
友好カテゴリ
カメ882–6
  1. スライムチャンク内でのみスポーン試行が成功。


石だらけの海岸[]

石だらけの海岸
Stone Shore.png
種類

冷帯

出現頻度

一般的

気温

0.2

構造物

埋もれた宝[Bedrock Edition限定][1]

ブロック



砂利
安山岩
閃緑岩
花崗岩

亜種石だらけの海岸(英:Stony Shore)は、ノイズパラメータ「Erosion(浸食)」の値が低い山がちな地域で砂浜に代わって生成される。これらはほとんどがで、一部が砂利でできており、通常は下の海洋に向かって急に落ちている。石だらけの海岸の頂上に雪が積もることもあるほど標高が高くなることがあり、これは暖かいバイオームに隣接していても見られる。石だらけの海岸の側面には滝や溶岩の滝が良く生成される。砂浜とは異なり、ここではカメはスポーンしない。高地でも埋もれた宝が生成されることがあり、y-90でも生成されることがある。‌[Bedrock Edition限定]特にプレイヤーが周囲の状況に気づかない場合は、下の海洋への急な落下が発生し、このバイオームが危険なもととなっている。

砂利の帯状構造が生成されることがある。

石だらけの海岸は砂浜と同じMobのスポーン確率である。ただし、カメはスポーンしない。

雪の砂浜[]

雪の砂浜
Snowy Beach.png
種類

氷雪

出現頻度

時々

気温

0.05

構造物

難破船
埋もれた宝

ブロック





砂岩
砂利

粘土

亜種雪の砂浜(英:Snowy Beach)は雪原雪のタイガ、またはそれらの亜種のいずれかが海洋に接している場所であればどこでも生成される。雪の砂浜は地形的には通常の砂浜と似ており、ほとんどが砂でできているが、風景はすべて雪の層で覆われている。雪の砂浜を取り囲んでいる水は、気温が低いため凍ってになる。ここではカメはスポーンしないが、ウサギがスポーンすることがある‌[BE限定]。難破船や埋もれた宝もこの亜種で生成されることがある。

雪の砂浜は砂浜と同じMobのスポーン確率である。ただし、カメはスポーンしない。

Bedrock Editionでは、雪の砂浜では、敵対カテゴリと環境カテゴリは砂浜と同じMobのスポーン確率を使用している。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
友好カテゴリ
ウサギ[注釈 1]442–3
  1. スポーンしたウサギの80%は白く20%は白黒である。


技術的情報[]

ID[]

Java Edition:

名称名前空間ID翻訳キー
砂浜beachbiome.minecraft.beach
石だらけの海岸stony_shorebiome.minecraft.stony_shore
雪の砂浜snowy_beachbiome.minecraft.snowy_beach

Bedrock Edition:

名称名前空間ID数値ID
[表示名なし]beach16
[表示名なし]stone_beach25
[表示名なし]cold_beach26

歴史[]

Java Edition
1.1?適切な海岸バイオームを追加。これ以前は海岸は構造物として扱われていた。
1.2.112w07a海岸の生成を大幅に改善。
1.1318w07a海岸に出現するカメを追加。
18w19a石の海岸の英名をStone BeachからStone Shoreに変更。
雪の海岸の英名をCold BeachからSnowy Beachに変更。
pre5IDをbeachesからbeachに変更。
IDをstone_beachからstone_shoreに変更。
IDをcold_beachからsnowy_beachに変更。
1.18Experimental Snapshot 2海岸バイオームが一般に広くなった。
海岸をより変化に富んだものにするため、場所によって海岸バイオームが生成されなくなるようになった。
Experimental Snapshot 3丘陵地域よりも、平坦な地域の海岸線に生成されやすくなった。
石の海岸が以前より生成されにくくなった。
Experimental Snapshot 4石の海岸に安山岩閃緑岩花崗岩砂利の帯状構造が生成されるようになった。
21w37a石の海岸に安山岩閃緑岩花崗岩の帯状構造が生成されなくなった。[2]
21w40a「石の海岸」が「石だらけの海岸」に改名された。
IDstone_shorestony_shoreに変更された。
21w42a砂漠海洋の間に砂浜が生成されなくなった。[3]
Pocket Edition Alpha
0.1.0海岸を追加。
0.7.0砂利の海岸を追加。
0.8.0build 2大きな海岸が削除され小さなもので置き換えられた。
0.9.0build 1砂利の海岸を削除。
0.13.0build 1雪の海岸に出現するウサギを追加。
Bedrock Edition
1.4.0beta 1.2.14.2海岸と雪の海岸に生成される難破船を追加。
海岸に生成される埋もれた宝を追加。
1.5.0beta 1.5.0.4海岸に出現するカメを追加。
Legacy Console Edition
TU1CU1 1.00 Patch 11.0.1海岸を追加。[要検証]
TU5バイオームの革新の一部として海岸を削除。
TU9海岸を再追加。

ギャラリー[]

関連項目[]

  1. MC-127290
  2. MC-236816 – "Granite, andesite and gravel strips no longer generate in stony peaks, as well as diorite, granite and andesite strips for stone shores" – resolved as "Works As Intended"
  3. MC-238582 – "Beaches generate between desert and ocean" – resolved as "Fixed"
Advertisement