Minecraft Wiki
Advertisement
Split-arrows.png
このページの内容を、「沼地」および「マングローブの沼地」という名称の複数のページへ分割する提案がなされています。 [議論]
このページで提示されるトピックは、異なるページを正当化するのに十分多様である場合があります。
理由: 賛成意見及び反対意見に対しては議論の行われている英語版の該当議論箇所を参照のこと。

沼地(英:Swamp)は、ウィッチと黒ネコがスポーンするウィッチの小屋が生成されるほか、スライムカエルがスポーンする温帯のバイオームである。メインのバイオームは、地面にはツタ枯れ木キノコヒスイランが生え、オークの木が茂っている。

説明[]

沼地は標高の低いバイオームであり、その大部分が海面より低く湖のようになっている。その湖底には粘土集塊が見られる。陸地は比較的平坦になっており、その地表には高い草オークの木がまばらに生えている。沼地のは表面は灰緑色、水中に潜ると濁ったような淡い黄色に見える。通常のオーバーワールドのバイオームと違ってバイオーム内でも場所によって気温差があり、そのため草ブロックの色も場所によって異なっている。沼地では、枯れ木キノコに加え、浅瀬には表面にツタの生えたオークの木などの植生を見ることができる。水辺にはサトウキビが生え、水底は海草が繁茂しており、タンポポやポピーに加えて、沼地に独特な要素として草の中のヒスイランや湖面のスイレンの葉がある。Bedrock Editionでは、巨大キノコも生えている。

沼地にはウィッチや黒ネコの棲むウィッチの小屋が生成されることがある。ウィッチの小屋の周辺にはウィッチのみがスポーンする。また砂漠と同様に沼地では地中に稀に化石が生成されることがある。

また、沼地のY=50~Y=70の暗い場所にはスライムがスポーンすることがある。なお沼地におけるスライムのスポーン確率は月の満ち欠けに左右され、月の満ちるほど多く、そして新月ではまったくスポーンしない。

沼地バイオームは通常、ノイズパラメータ「Erosion(浸食)」の値が非常に高い、海面付近の高さの平地に生成され、ここを流れる河川を沼地で置き換える。沼地は氷雪地域以外であればどの気温の地域にも生成される。

種類[]

1.18より前に存在していた亜種については「バイオーム/1.18以前 § 沼地の丘陵」をご覧ください。

沼地には2種類のバイオームがある。

沼地[]

沼地
Swamp.png
種類

温帯

出現頻度

時々

気温

0.8(既定、沼地内で異なる)

構造物

沼地の小屋
化石
巨大キノコ[BE限定]

ブロック

草ブロック

スイレンの葉
海草
粘土
ツタ
オークの原木
オークの葉
ヒスイラン
キノコ
枯れ木[JE限定][1]

草の色


 #6A7039 (気温0.1以上)

 #4C763C (気温0.1以下)

葉の色


 #6A7039

水の色


 #617B64‌[JE限定]

 #4C6559‌[BE限定]

水中の色


 #232317‌[JE限定]

 #4C6559‌[BE限定]

沼地バイオームは標準的な種類の沼地である。Java Editionでは、草地の中に1ブロックの水源が点在する湿地のような地形も一部にみられる。夜間には、の満ち欠けによっては他の敵対MobとともにY=50~70でスライムがスポーンすることがあり、地上においては唯一沼地でのみスライムを見ることができる。このバイオームではウィッチの小屋や化石も生成される。

Java Editionでは :

Mobスポーン確率スポーン数
地下水生生物カテゴリ
ヒカリイカ10102–4
友好カテゴリ
ヒツジ12504
ブタ10504
ニワトリ10504
ウシ8504
カエル10502–5
敵対カテゴリ
クモ100517.254
ゾンビ95517.254
村人ゾンビ5517.251
スケルトン100517.254
クリーパー100517.254
スライム[注釈 1]100517.254
エンダーマン10517.251–4
ウィッチ5517.251
スライム[注釈 1]1517.251
スパイダージョッキー1517.251
チキンジョッキー0.25517.251
環境カテゴリ
コウモリ10108
  1. a b 出現は月の満ち欠けに大きく左右される

Bedrock Editionでは :

Mobスポーン確率スポーン数
友好カテゴリ
ヒツジ12502–3
ブタ10501–3
ニワトリ10502–4
ウシ8502–3
カエル10502–5
敵対カテゴリ
クモ1005951
ゾンビ955952–4
村人ゾンビ55952–4
スケルトン805951–2
クリーパー1005951
スライム[注釈 1]1005951
エンダーマン105951–2
ウィッチ55951
スライム[注釈 1]1005951
環境カテゴリ
コウモリ10102
  1. a b 出現は月の満ち欠けに大きく左右される

マングローブの沼地[]

マングローブの沼地
Mangrove Swamp.png
種類

温帯

出現頻度

時々

気温

0.8 (規定値。バイオーム内で変化する。)

ブロック

マングローブの葉
マングローブの原木
マングローブの根
泥だらけのマングローブの根
ツタ
マングローブの芽
ミツバチの巣

草ブロック

枯れ木

スイレンの葉
海草

草の色


 #6A7039

 #4C763C (気温0.1以下)

葉の色


 #8DB127

水の色


 #3A7A6A

水中の色


 #232317

マングローブの沼地(英:Mangrove Swamp)は、ジャングル砂漠などと隣り合って熱帯に生成される沼地バイオームの亜種である。このバイオームでは、マングローブの木の特徴でもある鬱蒼と茂った葉が沼地を覆っている。地面は主にからなっており、一部に草ブロックが点在している。草の色は通常の沼地と同じだが、葉やツタは特徴的な明るい緑色の色調をしており、水も通常の灰色ではなく孔雀石のような深い緑色をしている。このバイオームにスポーンする友好的Mobはカエルのみであり、このバイオームには熱帯種のカエルがスポーンする。

Mobスポーン確率スポーン数
友好カテゴリ
熱帯種のカエル10102–5
水中環境カテゴリ
熱帯魚25258
地下水生生物カテゴリ
ヒカリイカ10102–4
環境カテゴリ
コウモリ10108
敵対カテゴリ
クモ1004174
ゾンビ954174
村人ゾンビ54171
スケルトン1004174
クリーパー1004174
エンダーマン104171–4
ウィッチ54171
スライム14171
スパイダージョッキー14171

技術的情報[]

ID[]

Java Edition:

名称名前空間ID翻訳キー
沼地swampbiome.minecraft.swamp
マングローブの沼地mangrove_swampbiome.minecraft.mangrove_swamp

Bedrock Edition:

名称名前空間ID数値ID
[表示名なし]swampland6
[表示名なし]mangrove_swamp191

歴史[]

Java Edition Alpha
v1.2.0preview湿地帯を含む適切なバイオームを追加。
森林降雨量が40%以上、気温が50%以上70%未満であることで定義される。
Java Edition Beta
1.8Pre-release湿地帯のバイオーム生成を刷新。
湿地帯にが生成されなくなった。
Java Edition
1.0.02011年9月3日Notchが濃い灰色の草ブロックの色と枯れ木がある新しい湿地帯バイオームのスクリーンショットを公開。
1.1?湿地帯バイオームの色の移行が滑らかになった。
1.4.212w40a湿地帯に生成されることがあるウィッチの小屋を追加。
スライムが湿地帯バイオームに出現するようになった。
1.7.213w36a亜種、湿地帯のMとその他のバイオームを追加。草ブロックの色が変化するようになった。
13w38b沼地状の地域と枯れ木が湿地帯バイオームに生成されなくなった。
1.814w26a沼地状の地域が湿地帯に再び生成されるようになった。
1.1016w20a湿地帯に生成される化石を追加。
1.1318w16a「湿地帯M」を「変異した湿地帯」に改名。
18w19a英名を「Swampland」から「Swamp」に改名。
「変異した湿地帯」を「湿地の丘陵」に改名。
pre5IDをswamplandからswampに変更。
IDをmutated_swamplandからswamp_hillsに変更。
1.1418w43a湿地帯では昼間にドラウンドが出現しなくなった。
2021年6月3日Swampの日本語名が「湿地帯」から「沼地」に変更された。
Swamp Hillsの日本語名が「湿地の丘陵」から「沼地の丘陵」に変更された。
1.18Experimental Snapshot 1沼地の丘陵が生成されなくなった。
沼地が正常に生成されていなかった。
experimental snapshot 2沼地が正常に生成されるようになった。
experimental snapshot 3沼地が冷帯や乾燥帯と重なりにくくなった。
源泉が生成されなくなった。
experimental snapshot 4海岸線から陸に向かって生成されにくくなった。
experimental snapshot 5僅かに内陸寄りに生成されるようになった。
オークの木が、以前より深い水域にも生成されるようになった。
experimental snapshot 6乾燥帯にも生成されるようになり、全体的に分断されにくくなった。
21w40a沼地の丘陵が削除された。
2021年10月16日The Wild UpdateがMinecraft Live 2021で発表され、以前に告知されていたBiome Voteの内容のゲーム映像が放送された。この映像では、泥やFirefly、オタマジャクシやカエルなどの新しい要素が映し出された。
1.1922w11a沼地にカエルがスポーンするようになった。
22w14aマングローブの沼地が追加された。
Pocket Edition Alpha
0.9.0build 1湿地帯と湿地の丘陵とその他のバイオームを追加。
0.10.0build 1湿地帯のが濃い灰色に色づけされるようになった。
巨大キノコが湿地帯に生成されるようになった。
0.14.0build 1湿地帯に生成されるウィッチの小屋を追加。
Pocket Edition
1.1.3alpha 1.1.3.0湿地帯で見られる化石を追加。
Bedrock Edition
1.4.0beta 1.2.13.8湿地帯で出現するドラウンドを追加。
1.10.0beta 1.10.0.3湿地帯では昼間にドラウンドが出現しなくなった。
Bedrock Edition
1.4.0beta 1.2.13.8ドラウンドが沼地にスポーンするようになった。
1.10.0beta 1.10.0.3ドラウンドが日中に沼地でスポーンしなくなった。
Wild Update (experimental)beta 1.18.10.24沼地にカエルがスポーンするようになった。
1.19.0beta 1.19.0.20マングローブの沼地が追加された。
Legacy Console Edition
TU5CU1 1.00 Patch 1湿地帯を追加。
TU9湿地帯内の色の移行が滑らかになった。
TU19CU7 1.12 湿地帯にのみ生成されるウィッチの小屋を追加。
TU31CU19 1.22 Patch 3湿地帯Mの亜種を追加。
湿地帯バイオームの沼地状の地域の生成を変更。
TU43CU33 1.36 Patch 13湿地帯に生成される化石を追加。

ギャラリー[]

関連項目[]

脚注[]

Advertisement