探検家の地図

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
探検家の地図
Ocean Explorer Map JE2 BE2.pngWoodland Explorer Map JE2 BE2.pngMap (item) JE2 BE2.png
Ocean Explorer Map BE3.pngWoodland Explorer Map BE3.pngBuried Treasure Map BE3.png
希少度色

一般的

再生

: 不可
森の洋館と海洋: 可

スタック

可(64)

この記事では、探検家の地図について説明しています。通常の地図については「地図」をご覧ください。

探検家の地図(英:Exploration Map)は、珍しい構造物を見つけるための特殊な地図である。

入手[編集 | ソースを編集]

探検家の地図は製図家の村人の第4段階の取引を解放することで買えるようになる。海洋探検家の地図はエメラルド12~20個とコンパス、森林探検家の地図はエメラルド16~28個とコンパスで売られる。

用途[編集 | ソースを編集]

構造物の座標[編集 | ソースを編集]

探検家の地図には森林探検家の地図と海洋探検家の地図が存在する。地図はそれぞれ森の洋館海底神殿を含んだ地域を表示する。構造物は小さなアイコンで表示される。探検家の地図は通常の地図と違って陸地と水の境界線を表示しており、海抜より低い部分はオレンジの縞模様、海抜より高い部分は空白の地図と同じテクスチャで表示される。プレイヤーが地図が示す地域から非常に遠い場合、プレイヤーアイコンが通常の地図より小さく表示される。プレイヤーが地図の端から1027ブロック未満の範囲にいる場合、プレイヤーアイコンは通常の地図と同じ大きさになる。プレイヤーが地図が示す土地の範囲 (512 × 512) に到達すると通常と同じように地図が入力される。

複製[編集 | ソースを編集]

材料 クラフトのレシピ 説明
白紙の地図 +
海洋探検家の地図または
森林探検家の地図または
宝の地図

23456789
複製は原本と同じ点を中心としており、同じ海底神殿森の洋館埋もれた宝 のマーカーが記載されている。しかし元の地図の名前は失われる。複製された地図はそれぞれスタック可能だが、使用した地図とはスタックできない。

元の地図で探検済みだった範囲の記入も同時に複製され、新規に探検された地域は元の地図と複製の両方に記載される。クリエイティブモードでは、複製された探検家の地図は額縁上に表示されている探検家の地図にブロック選択(ホイールキーでクリック)することで入手できる(ブロック選択時には地図がインベントリにないように注意すること、さもないと地図はアクティブなホットバースロットに移動するだけになる)。

技術的情報 [編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

探検家の地図は、通常の地図と同じく filled_map のアイテムIDを使用している。

アイテムデータ[編集 | ソースを編集]

探検家の地図は、display タグが設定されている点で地図と異なる。 MapLocName を含む。その Decorations リストには、ターゲットモニュメントや館のエントリーも含まれている。その地図アイテムエンティティはノーマルマップのものと全く同じだが、プレーヤーが見るときには colors 探検家の地図の特徴的な陸水境界線と水の陰影があらかじめ埋め込まれている。

  • アイテム情報
    •  tag:
      •  display: アイテムスロットでの地図の見た目。Player.datフォーマット#表示用プロパティも参照。
        •  LocName: 翻訳する地域化文字列。この場合filled_map.monumentfilled_map.mansionのいずれか。
        •  Mapcolor: 色コードは赤、緑、青から次の式を使って計算される。:
          <<16 + <<8 + [注釈 1] 海底神殿の地図は
          rgb(58,114,101)
          の3830373を使用している。森の洋館の地図は
          rgb(82,76,68)
          の5393476を使用している。
      •  Decorations:
        • : 地図上の各アイコンに1つずつ配置。探検家の地図には、対象を表す1つ以上のアイコンが常に存在する。ne of these for each icon on the map. Explorer maps always have at least one representing their target.
          •  id: 探検家の地図の対象構造物の場合は「+」。
          •  rot: アイコンの回転。探検家の地図の対象構造物の場合は常に180。
          •  type: /assets/minecraft/textures/map/map_icons.pngで使用されているスプライトの0ベース指数: 海底神殿の地図は9、森の洋館の地図は8。
          •  x: 地図上の対象構造物のアイコンのX座標。
          •  z: 地図上の対象構造物のアイコンのZ座標。
注釈
  1. 0x00FFFFFFより大きい正の値の場合先頭桁は無視される。負の値はすべて白になる。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.1116w39a探検家の地図が追加された。
16w41a探検家の地図がズームアウトできなくなった。
Pocket Edition
1.1build 1サバイバルモードでは入手できないが、探検家の地図が追加された[1]
build 3探検家の地図が製図家との取引で入手できるようになった。
Legacy Console Edition
TU54CU44 1.52 Patch 24Patch 4探検家の地図が追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「探検家の地図」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 製図家の村人が探検家の地図の取引を生成したとき、未生成チャンクにある該当構造物(森の洋館海底神殿)のうち最も近いものの1つを地図の表示先として選択する。つまり、探検家の地図に表示される構造物は(取引開始時点で)まだ誰も訪れていないものである。この事実は、SMP においてスポンジを得るために未攻略の海底神殿を探すときに特に役立つ。
  • 上記の理由から、一人の製図家から得られる探検家の地図は常に同じ地域を示す。また、もし二人の製図家がほぼ同じ場所でほぼ同時に探検家の地図の取引を解放した場合、その二人から得られる地図は基本的に同じ構造物を示す。
  • 探検家の地図は、手に持ってその地域に行くことではなく、チャンクが生成されることで埋まっていく。探検家の地図を家に掛けたままであっても表示地域を探索すれば地図が埋まる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]