Minecraft Wiki
Advertisement

この記事では全種のコマンドの引数を紹介している。

Java Edition[]

brigadier:bool[]

ブール値(true または false)を指定する。

brigadier:double[]

倍精度浮動小数点数を指定する。

それぞれの倍精度引数は特定の最大値・最小値が設定されている場合がある。

精度は値によって異なり、最大の絶対値は約1.8×10308である。

brigadier:float[]

単精度浮動小数点数を指定する。

それぞれの浮動小数点数は特定の最大・最小値が設定されている場合がある。

値によって精度は異なり、最大の絶対値は約3.4*1038である。

brigadier:integer[]

32ビットの整数値で指定する。また、値は-2,147,483,648以上2,147,483,647以下で指定する。

それぞれの整数引数は特定の最大・最小値が設定されている場合がある。

値域は−(231) ~ (231 − 1)、即ち(−2,147,483,648) ~ (2,147,483,647)である。

brigadier:long[]

64ビットの整数値を指定する。

注:brigadierには64bit式表記の整数引数が存在するが、Minecraftでは使用されていない。

各64bit式整数引数は特定の最大・最小値が設定されている場合がある。

値域は−(263) ~ (263−1)、即ち(−9,223,372,036,854,775,808) ~ (9,223,372,036,854,775,807)である。

brigadier:string[]

文字列を指定する。

文字列引数には、スペースを含まない1単語、クォーテーションマークで囲まれた文字列(1単語またはクォーテーションマークで囲まれた文字列)、包括的な文字列(コマンドの残りすべてが引数になる)が代入可能である。

minecraft:angle[]

ヨー角(Y方向を軸としたときの回転角)を、浮動小数点数を用いて度単位で指定する。-180.0が真北、-90.0が真東、0.0が真南、90.0が真西であり、179.9は真北からほんの少し西側となる。チルダ表記法を使用することができ、コマンドの実行者のヨー角を基準とする相対値を指定できる。

minecraft:block_pos[]

の整数またはチルダ・キャレット表記法で表記された<x>、<y>、<z>でブロック座標を指定する。

minecraft:block_predicate[]

block_predicateパラメータ(ブロックの状態を叙述する)のフォーマット形式はblock_id[block_states]{data_tags}である。なお、block_statesとdata_tagsは不要な場合には省略が可能である。

  • block_idは必須であり、名前空間IDのフォーマットに従わなければならない(指定しない場合はデフォルトでminecraft:が適用される)。
    • block_idには#から始まるブロックタグを指定することも可能である(例:#minecraft:planks)。
  • block_states[]内に(二つ以上なら,で並列して)記述される必要があり、指定するブロック状態はblock_idで指定したブロックが対応しているものでなければならない。なおこの項目は省略が可能である。
    • minecraft:stone[doesntexist=purpleberry]は認識不能な構文である(stoneにはブロック状態doesntexistが存在しないため)。
    • minecraft:redstone_wire[power=tuesday]は認識不能な構文である(redstone_wirepowerは0~15の数値でなくてはならないため)。
  • Data_tags{}内に表記されなければならない。なお、この項目は省略が可能である。
  • 実行すると、指定したタグのみがテストされる。
    • redstone_wire[power=15]でテストした場合、powerに関してのみテストされ、その他のnorthなどのタグは無視される。

minecraft:block_state[]

block_stateパラメータのフォーマット形式はblock_id[block_states]{data_tags}である。なお、block_statesとdata_tagsは不要な場合には省略が可能である。

  • block_idは必須であり、名前空間IDのフォーマットに従わなければならない(指定しない場合はデフォルトでminecraft:が適用される)。
    • block_idには#から始まるブロックタグを指定することも可能である(例:#minecraft:planks)。
  • block_states[]内に(二つ以上なら,で並列して)記述される必要があり、指定するブロック状態はblock_idで指定したブロックが対応しているものでなければならない。なおこの項目は省略が可能である。
    • minecraft:stone[doesntexist=purpleberry]は認識不能な構文である(stoneにはブロック状態doesntexistが存在しないため)。
    • minecraft:redstone_wire[power=tuesday]は認識不能な構文である(redstone_wirepowerは0~15の数値でなくてはならないため)。
  • Data_tags{}内に表記されなければならない。なお、この項目は省略が可能である。
  • ブロックを設置する際、指定したブロック状態以外はそのブロックの種類に基づいたデフォルトの値が適用される。
    • redstone_wire[power=15]を実行した際、powerは15に設定されるが、northは指定されていないのでデフォルトの値(この場合はnone)が適用される。

minecraft:color[]

チームカラー(resetまたはチャット用の色16色のいずれか)で指定する。

minecraft:column_pos[]

<x>、<z>で柱状物体の位置を指定する。座標はチルダ・キャレット表記法で表記された値または整数で表記する。

minecraft:component[]

Raw JSONテキストで指定する。

minecraft:dimension[]

ディメンション名前空間IDで指定する。

minecraft:entity[]

プレイヤー名、ターゲットセレクターまたはUUIDで指定する。

それぞれのentity引数は、選択するエンティがティの数(単数・複数)や、種類(プレイヤーのみ・全エンティティ)が制限されている場合がある。

minecraft:entity_anchor[]

eyesまたはfeetの値で指定する。

minecraft:entity_summon[]

召喚可能なエンティティの種類から、名前空間IDの形式で指定する。

minecraft:float_range[]

浮動小数点数の範囲の形式で指定する。(例:0.1 - 丁度0.1。..0.1 - 0.1以下。0.1.. - 0.1以上。0.1..1 - 0.1~1の間の開区間。)

minecraft:function[]

名前空間IDで特定の関数を指定するか、#から始まる関数のタグを指定する。

minecraft:game_profile[]

ゲームプロファイル(プレイヤープロファイル)の集合によって指定する。これにはプレイヤー名(サーバーがオンラインの場合は実在する名前である必要がある)やプレイヤーのターゲットセレクターなどを用いることができる。

minecraft:int_range[]

値域内の整数で指定する(例:0―ちょうど0、..0―0以下、0..―0以上、0..1―0以上1以下)。

minecraft:item_enchantment[]

エンチャント名前空間IDで指定する。

minecraft:item_predicate[]

item_predicateパラメータのフォーマットはitem_id{data_tags}である。不要な場合はdata_tagを省略することができる。

  • item_idは必須であり、名前空間IDのフォーマットに従う必要がある(指定しない場合はデフォルトでminecraft:が適用される)。
  • Data_tags{}内に表記されなければならない。なお、この項目は省略が可能である。
    • アイテムをテストまたは削除する場合には指定したタグのみが参照され、その他のタグは無視される。

minecraft:item_slot[]

インベントリ内の特定のスロットに対応する文字列表記で指定する。

アイテムスロットは対応する整数で参照される。

スロット名[1] 対応する有効な
slot_numberの値
配置された索引
armor.chest
(防具スロット:チェストプレート)
102
armor.feet
(防具スロット:ブーツ)
100
armor.head
(防具スロット:ヘルメット)
103
armor.legs
(防具スロット:レギンス)
101
weapon
(武器スロット)
98
weapon.mainhand
(武器スロット:メインハンド)
98
weapon.offhand
(武器スロット:オフハンド)
99
container.slot_number
(チェスト、樽等のスロット)
0-53 0-53
enderchest.slot_number
(エンダーチェストのスロット)
0-26 200-226
hotbar.slot_number
(ホットバーのスロット)
0-8 0-8
inventory.slot_number
(インベントリのスロット)
0-26 9-35
horse.saddle
(ウマ:鞍のスロット)
400
horse.chest 499
horse.armor
(ウマ:馬鎧のスロット)
401
horse.slot_number
(ウマ、ラマ:チェスト用スロット)
0-14 500-514
villager.slot_number
(村人のアイテムスロット)
0-7 300-307

配置された索引には以下のように制限がかかる。

配置された索引 制限
0-53 インベントリ全般
98-103 Mobプレイヤー防具立て
200-226 プレイヤー
300-307 村人ピリジャー
400-401 ウマラバ
499-514 チェスト付きのロバ

minecraft:item_stack[]

item_stackパラメータのフォーマットはitem_id{data_tags}である。なおdata_tagsは不要ならば省略が可能である。

  • item_idは必須であり、名前空間IDのフォーマットに従う必要がある(指定しない場合はデフォルトでminecraft:が適用される)。
  • Data_tags{}内に表記されなければならない。なお、この項目は省略が可能である。
  • コマンドでアイテムを与える際、指定したタグ以外はアイテムの種類に基づくデフォルトになる、

minecraft:message[]

プレーンテキストである必要がある。スペースやターゲットセレクターを含めることができる。 ゲームはテキスト内のセレクターを選択されたエンティティの名前の一覧に置き換える。エンティティが2体の場合では "name1 and name2"と、n体の場合では"name1, name2, ... and namen" となる。

minecraft:mob_effect[]

ステータス効果名前空間IDで指定する。

minecraft:nbt_compound_tag[]

SNBTフォーマットのcompound NBTで指定する。

minecraft:nbt_path[]

NBTパスで指定する。

minecraft:nbt_tag[]

SNBTフォーマットでのNBTタグで指定する。

minecraft:objective[]

スコアボードのオブジェクト名で指定する。

minecraft:objective_criteria[]

スコアボードの条件で指定する。

minecraft:operation[]

/scoreboardの算術演算子で指定する。
有効な値は=(代入記号)、+=(加法)、-=(除法)、*=(乗法)、/=(切り捨て除法)%=(剰余除法)、><(交換)、<(最小値選択)、>(最大値選択)。

minecraft:particle[]

パーティクルの名前空間IDで指定し、その後ろに特有のパーティクルのパラメータが続く。

  • dustには各色の値域が0~1の三原色のパラメータと、サイズを指定する0~1のパラメータが必要である。
    例えば/particle dust 1.0 0.5 0.5 1.0ならサイズが1.0のピンク色のパーティクルが発生する。値をどれか一つでも1以上に設定した場合パーティクルは色が変化し、このとき1以上のパラメータは色の範囲を指定する。
  • blockfalling_dustは、対象のブロックを指定するためにnamespaced_ID[block_state=foo]内にパラメータを組み込む必要があり("foo"には任意の変数を代入する)、またブロック状態は不要な場合省略が可能である。例:/particle block minecraft:grass_block[snowy=true]
  • itemはパラメータとしてアイテムの名前空間IDが必要である。例:/particle item minecraft:apple

minecraft:resource_location[]

名前空間IDで指定する。

minecraft:rotation[]

ヨー角(y方向を軸とした回転角)およびピッチ角(水平方向を軸とした回転角。仰角・俯角のこと)を、倍精度浮動小数点数を用いて度単位で指定する。

  • 水平方向の回転角(ヨー角)は、-180.0が真北、-90.0が真東、0.0が真南、90.0が真西であり、179.9は真北からほんの少し西側となる。
  • 垂直方向の回転角(ピッチ角)は、-90.0が真上、90.0が、真下となる。

チルダ表記法を使用することができ、コマンドの実行者のヨー角を基準とする相対値を指定できる。

minecraft:score_holder[]

スコアホルダーを選択する。ターゲットセレクター、プレイヤー名、UUID またはすべてのスコアホルダーを指定する*の値をとる。

それぞれのscore holder引数は、引数が特定のスコアホルダーしか選択できないのか、あるいは複数のスコアホルダーを選択できるのかが指定されている場合がある。

minecraft:scoreboard_slot[]

minecraft:swizzle[]

x、y、zの文字の組み合わせで指定する。順番は問わないが重複は不可能である(例:x、code>xz、zyxyzなど)。

minecraft:team[]

引用符を伴わない文字列でチーム名を指定する。使用できる文字は-, +, ., _A-Za-z0-9のみである。

minecraft:time[]

Minecraft時刻で指定する。単精度浮動小数点数の末尾に単位を付けて表現される。
使用できる単位は以下の通り

  • d:ゲーム内での1日。24000ティックに相当する。
  • s:現実世界での1秒。20ティックに相当する。
  • t(デフォルト、省略可):1ティック。デフォルトの単位である。

単位をティックに変換したのち、最も近い整数ティックで時間が設定される。例えば、.5dは12000 に相当する。

minecraft:uuid[]

ハイフン付き16進法形式で表現されたUUIDで指定する。使用できる文字は以下の通り。

  • -
  • A-F
  • a-f
  • 0-9

minecraft:vec2[]

浮動小数点数で構成される2次元座標で指定する。チルダ・キャレット表記法を使用できる。

minecraft:vec3[]

浮動小数点数で構成される3次元座標でなければならない。チルダ・キャレット表記法を使用できる。

Bedrock Edition[]

bool[]

ブール値(true または false)を指定する。

BlockStateCommandParam[]

Arg desc: Illegal parameters

CommandFilePath[]

名前空間IDで特定の関数を指定するか、#から始まる関数のタグ It must be of the format path/to/function/file, which refers to a function located at [behavior_pack]/functions/path/to/function/file.mcfunction.

CommandMessage[]

プレーンテキストである必要がある。スペースやターゲットセレクターを含めることができる。 ゲームはテキスト内のセレクターを選択されたエンティティの名前の一覧に置き換える。エンティティが2体の場合では "name1 and name2"と、n体の場合では"name1, name2, ... and namen" となる。@hereは全てのプレイヤーとして解釈される。

CommandOperator[]

/scoreboardの算術演算子で指定する。
有効な値は=(代入記号)、+=(加法)、-=(除法)、*=(乗法)、/=(切り捨て除法)%=(剰余除法)、><(交換)、<(最小値選択)、>(最大値選択)。

CommandPosition[]

<x>、<y>、<z>の各値は、浮動小数点数またはチルダ・キャレット表記法で表記された3次元座標を指定する。

CommandPositionFloat[]

浮動小数点数で構成される3次元座標でなければならない。チルダ・キャレット表記法を使用できる。

CommandRawText[]

[情報提供依頼]

CommandSelector<Actor>[]

エンティティの状態を記述する。 プレイヤー名またはターゲットセレクターで指定する。

CommandSelector<Player>[]

プレイヤーの状態を記述する。 プレイヤー名またはターゲットセレクターで指定する。

CommandWildcardInt[]

32bitの整数または最小の整数(-2,147,483,648)を意味する*でなければならない。

float[]

単精度浮動小数点数を指定する。

int[]

32ビットの整数値で指定する。

Json::Value[]

JSON オブジェクトで指定する。

RelativeFloat[]

単精度浮動小数点数または チルダ・キャレット表記法でなければならない。

std::string[]

文字列を指定する。

std::unique_ptr<Command>[]

完全なコマンドを代表する。

WildcardCommandSelector<Actor>[]

スコアホルダーを選択する。ターゲットセレクター、プレイヤー名、エンティティのスコアボードID、 またはすべてのスコアホルダーを指定する*の値をとる。

  1. ()内はスロットの説明
Advertisement