Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,143
ページ
Information icon.svg
この項目はBedrock Edition、およびEducation Edition限定の要素です。 
Hydrogen.png
このページでは、Education Edition関連の要素について説明しています。 
この要素はEducation Editionでのみ利用可能であるか、Bedrock Editionでは「Education Edition」を有効にした場合に利用可能となります。
化合物作成器
Compound Creator.png
再生

不可

スタック

可(64)

回収道具

爆発耐性

?

硬度

?

発光

しない

透過

しない

可燃性

なし

溶岩からの引火

しない

化合物作成器(英:Compound Creator)は、30種類以上の化合物を作成することのできるブロックである。作成できる化合物の中には、通常のプレイで使用できるアイテムも一部含まれている。また、溶岩流で破壊される。

入手[]

ブロック 化合物作成器
硬さ 2.5
採掘時間
デフォルト 3.75

用途[]

詳細は「化合物」を参照

化合物作成器では、通常の作業台と同じように、3×3の9マス分がクラフトスペースとなる。マス内に要素(元素など)を適切に配置すると、生成された化合物が右側のスロットに表示される。

作業台と異なる点としては、数量配分を間違えるとクラフトが出来ないという点が挙げられる。

例えば、作業台だとアイテムの置き方さえ合っていればアイテムを何個設置してもクラフトが可能であるが、化合物作成器の場合にはアイテムの置き方に加えてアイテムの数量をしっかりと合わせる必要がある。

(水を作成する場合には水素×2個+酸素×1個、アンモニアを生成する場合には窒素×1個+水素×3個など。個数が指定されているので、1スタック丸ごとを置いてクラフトをする事ができない)

技術的情報[]

ID[]

名称名前空間ID数値ID 翻訳キー
化合物作成器chemistry_table238tile.compoundcreator.name

データ値[]

データ値」も参照
Bits Values

0x1
0x2

ブロックの向きを格納する 2 ビットのフィールド。:
0: 北
1: 東
2: 南
3: 西

0x4
0x8

ブロックのタイプを格納する 2 ビットのフィールド。:
0: 化合物作成器
1: 物質還元器
2: 元素構成器
3: 実験テーブル

ブロック状態[]

ブロック状態」も参照
名前 初期値 説明
chemistry_table_typecompound_creator compound_creator化合物作成器
element_constructor元素構成器
lab_table実験テーブル
material_reducer物質還元器
direction00
1
2
3
ブロックの正面の方向。
ブロックを配置するときにプレイヤーが向いている方向とは反対側になる。


歴史[]

Education Edition
1.0.27化合物作成器が追加された。
Bedrock Edition
1.4beta 1.2.20.1化合物作成器が追加された。
beta 1.2.20.2Pocket Edition の UI 専用の GUI が追加された。

問題点[]

「化合物作成器」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

脚注[]


Advertisement