Minecraft Wiki

Minecraft Wikiは、Microsoftから公式ウィキとみなされなくなったため、ウィキのロゴを含むいくつかの変更が必要となりました。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

もっと見る

Minecraft Wiki
Advertisement
Information icon.svg
この項目はLegacy Console Edition、およびNew Nintendo 3DS Edition限定の要素です。 
Paeonia (texture) TU1.png
このページでは、 Minecraftの古いバージョンに存在する要素について説明しています。 
これらの要素はゲーム内に存在していましたが、後に削除されています。

ワールドサイズ(英:World Size)はNew Nintendo 3DS EditionLegacy Console EditionPlayStation 4 EditionXbox One EditionNintendo Switch Editionに特有)での有限ワールドの大きさを変える設定である。既定では、ワールドはそれぞれのEditionで利用可能なもっとも大きいサイズで生成される。


Legacy Console Edition[]

ワールド設定画面で選択された、ワールドタイプ「中」。

Legacy Console Editionの有限ワールドでは、オーバーワールドの端は限りないの海に囲まれており、その手前には見えない壁がある。使用できるワールドの外側2チャンクは通常は主要な地塊・音声生成から水の海へと滑らかに移行している。ネザーの端は岩盤の壁に囲まれている。ジ・エンドはワールドサイズの影響を受けない。ワールドには現在のバージョンで利用可能なバイオーム生成される構造物なら何でも生成できる。オーバーワールドやネザーの各辺のブロックは無効なため、有効な面積はどちらの軸でも2ブロック少なくなる。

ワールドが作成された後により大きなサイズに拡張することもできる。大きなワールドはより大きなサイズに戻すことはできない。この処理では、「ワールドの端を上書き」という設定があり、既定では無効である。この設定の説明には:「有効にすると、ワールドの端の周りの外側の32ブロックが、新しく生成されたブロックに上書きされ、ワールドサイズの拡張が滑らかになります。無効にすると、ワールドサイズの増加により全ての元のブロックがそのまま残ります」。アップデートによりワールド生成に変更が加わった際、徐々に拡大することもできるため、新しい機能がある新しいチャンクを生成できるため、小さなワールドから始めるのは有益な場合がある。

Xbox 360 EditionPlayStation 3 EditionPlayStation Vita EditionWii U Editionにはワールドサイズの設定はない。これらのEditionで生成されるワールドはすべて「クラシック」の大きさであるが、ワールドサイズを大きくできるEditionに転送された場合は拡張することができる。「クラシック」では大きなサイズのワールドよりも海底神殿森の洋館が多く生成される。

ワールドサイズ オーバーワールドの領域 地図の数 ネザーの領域 ネザーとオーバーワールドの比 PlayStation 4 Xbox One Nintendo Switch
クラシック 864×864(54×54チャンク) 1×1 288×288(18×18チャンク) 1:3 はい はい はい
1024×1024(64×64チャンク) 1×1 352×352(22×22チャンク) 1:3 はい はい はい
3072×3072(192×192チャンク) 3×3 512×512(32×32チャンク) 1:6 はい はい はい
5120×5120(320×320チャンク) 5×5 640×640(40×40チャンク) 1:8 はい はい いいえ

New Nintendo 3DS Edition[]

New Nintendo 3DS Editionの有限ワールドはBedrock EditionのワールドタイプOldを基にしている。オーバーワールドもネザーも橋が見えない壁に覆われており、ネザーのオーバーワールドに対する比はワールドサイズに関わらず1:3である。作成後にワールドの大きさを変更することはできない。

ワールドサイズ オーバーワールドの領域 地図の数 ネザーの領域
672×672(42×42チャンク) ?×? 224×224(14×14チャンク)
1344×1344(84×84チャンク) ?×? 448×448(28×28チャンク)
2016×2016(126×126チャンク) ?×? 672×672(42×42チャンク)

歴史[]

Java Edition Classic
0.0.12aクラシックレベルフォーマットの領域を256×256と高さ64に修正。地図の外の領域には入れない。
0.0.12aある時点で一番下のブロックを採掘したり積み上げたりできなくなった。
不明ある時点で、マップサイズの選択に「小」(128×128)、「通常」(256×256)、「巨大」(512×512)の設定を追加。ゲームは他のディメンションのマップを読み込むことはできたが、マップのディメンションはワールドファイルを外部から編集することでしか変更できない。
不明ある時点で、マップの外側のブロックを採掘したり構築したりできなくなり、Legacy Console Editionと同様に、有効な構築面積が各軸で2ずつ減少する。ただし、外側のブロックにはMobが出現し、その先の空間にも入れるようになった。
Java Edition Indev
0.3120100106マップ形状が追加され、マップサイズを超えてワールドのディメンションを変えられるようになった。
Java Edition Infdev
20100227Indevレベルフォーマットが無限ワールドのあるAlphaレベルフォーマットに置き換えられたため、マップサイズとマップ形状を削除。
Legacy Console Edition
CU1 1.0 1.0.1ワールドタイプ「小」、「中」、「大」を追加。大ワールドは現在はNintendo Switch Editionでは利用不可。
CU6 1.11 小さなサイズのワールドを大きく拡大する、ワールドサイズ再設定を追加。
New Nintendo 3DS Edition
0.1.0ワールドタイプ「小」「中」「大」を追加。
Advertisement