Minecraft Wiki
(ページの作成:「要翻訳 {| class="wikitable" style="float:right;margin:0 0 1em 0.5em" ! Block Images !! Meaning |- |{{SchematicSprite|size=24|SB}} |Stationary solid block<br />You...」)
 
Horikou (トーク | 投稿記録)
(翻訳)
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
[[要翻訳]]
 
 
{| class="wikitable" style="float:right;margin:0 0 1em 0.5em"
 
{| class="wikitable" style="float:right;margin:0 0 1em 0.5em"
  +
! ブロック画像 !! 意味
! Block Images !! Meaning
 
 
|-
 
|-
 
|{{SchematicSprite|size=24|SB}}
 
|{{SchematicSprite|size=24|SB}}
  +
|静止した固体ブロック。<br />ここでは、任意の固体不透明ブロックを使用することができる <br />(石、クォーツのブロックなど)
|Stationary solid block<br />You can use any solid opaque block here <br />(stone, block of quartz, etc.)
 
 
|-
 
|-
 
|{{SchematicSprite|size=24|MB}}
 
|{{SchematicSprite|size=24|MB}}
  +
|移動できる固体ブロック。<br />ここでも、どのような固体不透明ブロックを使用しても構わない
| Mobile solid block<br />Again, you can use any solid opaque block for this
 
 
|-
 
|-
 
|{{SchematicSprite|size=24|ts}}{{SchematicSprite|size=24|ts-$}}
 
|{{SchematicSprite|size=24|ts}}{{SchematicSprite|size=24|ts-$}}
  +
|上付きハーフブロック(透明ブロック、上面と側面を示す)
|Top slab (transparent block, shown top and side)
 
 
|-
 
|-
 
|{{SchematicSprite|size=24|AB}}
 
|{{SchematicSprite|size=24|AB}}
  +
|固体ブロックなら何でもよい
|Any solid block will do.
 
 
|-
 
|-
 
|{{Schematic|float=left|size=24|rd-sw||rd-se!|- |rr-s1||rr-s2!}}
 
|{{Schematic|float=left|size=24|rd-sw||rd-se!|- |rr-s1||rr-s2!}}
  +
|レッドストーンダストとリピーター。<br>左画像はオフの遅延1とオンの遅延2である
| Redstone dust and repeaters. <br>The repeaters have delay 1 (unlit) and 2 (lit).
 
 
|-
 
|-
 
| {{Schematic|float=left|size=24|lr-s1}}
 
| {{Schematic|float=left|size=24|lr-s1}}
  +
|ロックされたレッドストーンリピーター([[レッドストーンリピーター#信号のロック|信号のロック]]を参照)
| Locked redstone repeater (see [[Redstone_Repeater#Signal_locking|Signal Locking]])
 
 
|-
 
|-
 
| {{Schematic|float=left|size=24|SB+rd-se!|MB+rd-ew!|-|BR+rd-ns!|SB+darker}}
 
| {{Schematic|float=left|size=24|SB+rd-se!|MB+rd-ew!|-|BR+rd-ns!|SB+darker}}
  +
|レッドストーンダストが敷かれた静止した固体ブロック、移動できる固体ブロック、レッドストーンブロック、<br>2つ重ねた静止した固体ブロック
|Stationary, mobile, and redstone blocks under<br>redstone dust, and a stack of two stationary blocks.
 
 
|-
 
|-
 
| {{Schematic|float=left|size=24|rd-se!+SB-u|rd-sw!+MB-u|-|rd-ne!+BR-u|rd-nw!+ts-u}}
 
| {{Schematic|float=left|size=24|rd-se!+SB-u|rd-sw!+MB-u|-|rd-ne!+BR-u|rd-nw!+ts-u}}
  +
|点いたレッドストーンダストの上にある<br>静止した固体ブロック、移動できる固体ブロック、レッドストーンブロック、上付きハーフブロック
|Stationary, mobile, redstone, and top-slab blocks over<br>lit redstone dust.
 
 
|-
 
|-
 
| {{SchematicSprite|size=24|input+A}}{{SchematicSprite|size=24|bW}}{{SchematicSprite|size=24|output}}
 
| {{SchematicSprite|size=24|input+A}}{{SchematicSprite|size=24|bW}}{{SchematicSprite|size=24|output}}
  +
|入力Aと出力があり、それらの間は両方の役割を果たす
|Input A, and an output, with a duplex point between them.
 
 
|-
 
|-
 
| {{Schematic|float=left|size=24|rs-e}}
 
| {{Schematic|float=left|size=24|rs-e}}
  +
| レッドストーンコンパレーター
| Redstone comparator
 
 
|}
 
|}
   
  +
このページでは、レッドストーンの新しいスタイルの回路図の基本的な概要を説明する。回路図テンプレートの書き方については、[[Template:Schematic/doc|テンプレートドキュメント]]を参照。
This page gives a basic overview of the new style of redstone schematics. It does not give details on writing schematic templates, for that see [[Template:Schematic/doc|the template documentation]].
 
   
  +
これらの回路図は、問題の回路の上面図または側面図を示している。複雑な回路は、複数の図で示されることがあり、それぞれが回路の1つまたは2つの層のブロックと部品を示している。
These schematics represent a top or side view of the circuits in question. Complex circuits may be presented in several diagrams, each showing the blocks and components for one or two layers of the circuit.
 
   
  +
レッドストーン回路のほとんどのブロックは、固体ブロックであればどれでもいいという意味で、「一般的な」ブロックである。そのため、通常は回路を建築するために選択するものではなく、視認性のために選択されたブロックとして表示されている。
Most blocks in a redstone circuit are "generic", in that any of several solid blocks will do. Therefore, they are shown as blocks chosen for visibility, rather than what you'd normally choose to build a circuit.
 
   
  +
一般的な[[不透明]]ブロックを代表するのが、金とダイヤモンドのブロックである。金は、回路によって必要とされる静止したブロックに使用される。ダイヤモンドは、回路の動作の一部としてピストンによって移動される「移動可能な」ブロックに使用される。
Gold and diamond blocks represent generic [[opaque]] blocks. Gold is used for stationary blocks which are required by the circuit. Diamond is used for "mobile" blocks, which will be moved by pistons as part of the circuit's workings.
 
   
  +
レッドストーンのワイヤーを置ける[[透明]]ブロックは3つある:上付きハーフブロック、逆さ階段、グロウストーン。よほどの理由がない限り、これらは上付きハーフブロックで表現される。
There are three [[transparent]] blocks which can hold redstone wire: top slabs, upside-down stairs, and glowstone. Unless there's good reason otherwise, these will be represented by top slabs.
 
   
  +
特定のブロックの種類が実際に問題となる任意のブロックは、それ自体が表示される:''例えば''砂(落下挙動)、黒曜石(TNT大砲で)、ガラス、レッドストーンブロック、''など''。
Any block for which the particular block type actually matters, will be shown as itself: ''e.g.'' sand (falling behavior), obsidian (in a TNT cannon), glass, blocks of redstone, ''etc.''.
 
   
  +
つくる目的のためにそこに存在する必要があるが、''どのような''建築ブロックでもよいブロックは、石レンガで表示される。これらのブロックには、土、ガラス、黒曜石、羊毛、あるいは石のレンガを使用することができる。
Blocks which need to be there for structural purposes, but could be ''any'' building block, will be shown as stone brick. For these blocks, you could use dirt, glass, obsidian, wool, or even stone brick.
 
   
  +
入力と出力の位置を示すために羊毛ブロックが使われている:入力は黄緑、出力は桃色。複数の入力または出力がある場合は、これらにラベルを付くことがある。これは、信号が緑から黄色(金)、「赤」(桃色)となっていることに注意。水色は「二重」接続を示し、入力と出力の両方を兼ねることができる。複雑な回路図では、複数の回路間の接続、または回路の異なる部分の接続を示すため、他の色の羊毛を使用することがある。
Blocks of wool are used to show input and output locations: lime green for input, pink for output. These may be labelled if there is more than one input or output. Note that this has the signals going from green through yellow (gold) to "red" (pink). Light blue will indicates a "duplex" connection, which can serve as both input and output. In complex schematics, other colors of wool may be used to indicate connections among multiple circuits, or different parts of the circuit.
 
   
  +
レッドストーン「ワイヤー」(ダスト)は、定型化された線として示され、オフの場合は暗赤色、オンの場合は明るくなる。ワイヤは、図の見栄えを良くするために延長したり、I/Oブロックを便利な場所に置いたりすることがあることに注意。
Redstone "wire" (dust) is shown as stylized lines, dark red if unpowered, brighter if powered. Note that wires may be extended to make the diagram look better, or put the I/O block somewhere convenient.
 
   
  +
ほとんどの部品や機構はそのまま表示されているが、画像にいくつか手を加えている(より識別しやすく、回路をより分かりやすくするため)。機構が向いている方向はアイコンに表示されるが、時折矢印が表示されることもある。リピータとコンパレータの設定も同様に、リピータのスライダー(固定されたリピータの場合はバー)の位置や、減算モードのコンパレータの場合は点灯している第3トーチが表示される。
Most components and devices are shown as themselves, but with some tweaks to their sprites (to make them more identifiable, and the circuits more comprehensible). The direction that devices are pointing is shown in the icon, occasionally by arrows: So are repeater and comparator settings: The position of the repeater's slider (or bar, for a latched repeater), or the lit third torch for a comparator in subtraction mode.
 
   
  +
ブロック(固体、移動可能、石のハーフブロック、またはレッドストーン)の半透明の「画像」は、ブロックが現在の「基準」の高さのすぐ上にあり、その下に表示されるものの上にあることを示す。
Translucent ''sprites'' of blocks (solid, mobile, stone slab, or redstone) indicate that block is just above the current "main" level, over the components that show beneath it.
 
  +
「明るくなった」ブロックは、高さのある図で現在の高さにはなく、通常は表示されない入力、出力、または部品の位置を示すため使用される。
A "lightened" block is used in multi-level diagrams to show the location of an input, output, or component, which is not on the current level and would not normally be shown.
 
  +
「暗くなった」ブロックは、空間に1つの固体ブロックが別のブロックの上にあることや、部品が現在の高さの下にある穴の中にあることを示すために使用される。「暗くなった」ブロックは他の特殊なケースを示すこともあるが、これについては付属の文章で説明する。
A "darkened" block may be used to indicate that the space has one solid block atop another, or that a component is in a hole beneath the current level. Darkening can also mark other special cases, which should be described in the accompanying text.
 
   
== Examples ==
+
== ==
 
{{Schematic|float=left
 
{{Schematic|float=left
  +
|caption=リピーターとピストンを備えたXORゲート(H)<br>部品の選択もよい。
|caption=XOR gate with repeaters and piston (H)<br>A nice selection of components.
 
 
|rt-s!|rr-e1!||rd-ns|-
 
|rt-s!|rr-e1!||rd-ns|-
 
|SB|rr-e1|MB|rd-ne|output|-
 
|SB|rr-e1|MB|rd-ne|output|-
68行目: 67行目:
 
}}
 
}}
 
{{Schematic|float=left
 
{{Schematic|float=left
  +
|caption=シンプルなレッドストーンRSラッチ。ラベル付きの入力と出力に注意。
|caption=Simple Redstone Block RS latch. Note the labeled inputs and outputs.
 
 
|||output+Q&#x305;||||-
 
|||output+Q&#x305;||||-
 
|input+S|pi-e|BR||pi-w|input+R|-
 
|input+S|pi-e|BR||pi-w|input+R|-
77行目: 76行目:
 
{{-}}
 
{{-}}
 
{{Schematic|float=left
 
{{Schematic|float=left
  +
|caption=4入力のNORゲート、高さ1-2(B-1)<br>ブロックの上にレッドストーン、その上にブロックを乗せたレッドストーンに注目。
|caption=4-input NOR gate, levels 1-2 (B-1)<br> Notice the redstone on blocks, and redstone with blocks over it.
 
 
|||input|||-
 
|||input|||-
 
|||rd-ns+SB-u|||-
 
|||rd-ns+SB-u|||-
86行目: 85行目:
   
 
{{Schematic|float=left
 
{{Schematic|float=left
  +
|caption=4入力のNORゲート、高さ2-3(B-2)<br>これで「上の」ブロック(回路の高さ2)は「下」になり、回路の高さ1のブロックは見えなくなった。しかし、入力ブロックと出力ブロックの位置はまだ表示されているが、明るくなっている。
|caption=4-input NOR gate, levels 2-3 (B-2)<br>Now the "over" blocks (level 2 of the circuit) are "under", and the blocks from level 1 of the circuit are invisible. However, the positions of the input and output blocks are still shown, but lighter.
 
 
|||input+lighter|||-
 
|||input+lighter|||-
 
|||SB|||-
 
|||SB|||-
94行目: 93行目:
 
}}
 
}}
 
{{-}}
 
{{-}}
{{Schematic|float=left|caption=Vertical Compact Clock (D)<br />A vertical circuit.
+
{{Schematic|float=left|caption=縦型コンパクトクロック(D)<br />縦型の回路。
 
|SB|rr-$e2!|SB|-
 
|SB|rr-$e2!|SB|-
 
|rt-$e|SB|rd-$|-
 
|rt-$e|SB|rd-$|-
 
|||SB
 
|||SB
 
}}
 
}}
  +
この縦型クロックは、入力(スイッチを切る)や出力(クロック信号)は、ほとんどどこにでも持っていけるため、入力と出力のブロックが表示されていない。詳しい説明は[[クロック回路|クロックのページ]]にある。
This vertical clock has no input or output blocks shown, because input (switching it off) or output (the clock signal), can be taken almost anywhere. Full discussion is at its home in the [[Clock circuit|Clocks page]].
 
 
{{-}}
 
{{-}}
   
105行目: 104行目:
 
{{Redstone}}
 
{{Redstone}}
   
  +
[[カテゴリ:ガイド]]
[[Category:Guides]]
 
  +
[[カテゴリ:レッドストーン回路]]
[[Category:Redstone circuits]]
 
   
  +
{{デフォルトソートキー:かいろす}}
  +
 
[[en:Help:Schematic]]
 
[[fr:Aide:Schéma]]
 
[[fr:Aide:Schéma]]
 
[[nl:Hulp:Schema]]
 
[[nl:Hulp:Schema]]
[[pt-br:Ajuda:Esquema]]
+
[[pt:Ajuda:Esquema]]
 
[[zh:Help:红石图例]]
 
[[zh:Help:红石图例]]
[[en:Help:Schematic]]
 

2020年3月24日 (火) 04:00時点における最新版

ブロック画像 意味
静止した固体ブロック。
ここでは、任意の固体不透明ブロックを使用することができる
(石、クォーツのブロックなど)
移動できる固体ブロック。
ここでも、どのような固体不透明ブロックを使用しても構わない
上付きハーフブロック(透明ブロック、上面と側面を示す)
固体ブロックなら何でもよい
レッドストーンダストとリピーター。
左画像はオフの遅延1とオンの遅延2である

ロックされたレッドストーンリピーター(信号のロックを参照)
レッドストーンダストが敷かれた静止した固体ブロック、移動できる固体ブロック、レッドストーンブロック、
2つ重ねた静止した固体ブロック
点いたレッドストーンダストの上にある
静止した固体ブロック、移動できる固体ブロック、レッドストーンブロック、上付きハーフブロック
A 入力Aと出力があり、それらの間は両方の役割を果たす

レッドストーンコンパレーター

このページでは、レッドストーンの新しいスタイルの回路図の基本的な概要を説明する。回路図テンプレートの書き方については、テンプレートドキュメントを参照。

これらの回路図は、問題の回路の上面図または側面図を示している。複雑な回路は、複数の図で示されることがあり、それぞれが回路の1つまたは2つの層のブロックと部品を示している。

レッドストーン回路のほとんどのブロックは、固体ブロックであればどれでもいいという意味で、「一般的な」ブロックである。そのため、通常は回路を建築するために選択するものではなく、視認性のために選択されたブロックとして表示されている。

一般的な不透明ブロックを代表するのが、金とダイヤモンドのブロックである。金は、回路によって必要とされる静止したブロックに使用される。ダイヤモンドは、回路の動作の一部としてピストンによって移動される「移動可能な」ブロックに使用される。

レッドストーンのワイヤーを置ける透明ブロックは3つある:上付きハーフブロック、逆さ階段、グロウストーン。よほどの理由がない限り、これらは上付きハーフブロックで表現される。

特定のブロックの種類が実際に問題となる任意のブロックは、それ自体が表示される:例えば砂(落下挙動)、黒曜石(TNT大砲で)、ガラス、レッドストーンブロック、など

つくる目的のためにそこに存在する必要があるが、どのような建築ブロックでもよいブロックは、石レンガで表示される。これらのブロックには、土、ガラス、黒曜石、羊毛、あるいは石のレンガを使用することができる。

入力と出力の位置を示すために羊毛ブロックが使われている:入力は黄緑、出力は桃色。複数の入力または出力がある場合は、これらにラベルを付くことがある。これは、信号が緑から黄色(金)、「赤」(桃色)となっていることに注意。水色は「二重」接続を示し、入力と出力の両方を兼ねることができる。複雑な回路図では、複数の回路間の接続、または回路の異なる部分の接続を示すため、他の色の羊毛を使用することがある。

レッドストーン「ワイヤー」(ダスト)は、定型化された線として示され、オフの場合は暗赤色、オンの場合は明るくなる。ワイヤは、図の見栄えを良くするために延長したり、I/Oブロックを便利な場所に置いたりすることがあることに注意。

ほとんどの部品や機構はそのまま表示されているが、画像にいくつか手を加えている(より識別しやすく、回路をより分かりやすくするため)。機構が向いている方向はアイコンに表示されるが、時折矢印が表示されることもある。リピータとコンパレータの設定も同様に、リピータのスライダー(固定されたリピータの場合はバー)の位置や、減算モードのコンパレータの場合は点灯している第3トーチが表示される。

ブロック(固体、移動可能、石のハーフブロック、またはレッドストーン)の半透明の「画像」は、ブロックが現在の「基準」の高さのすぐ上にあり、その下に表示されるものの上にあることを示す。 「明るくなった」ブロックは、高さのある図で現在の高さにはなく、通常は表示されない入力、出力、または部品の位置を示すため使用される。 「暗くなった」ブロックは、空間に1つの固体ブロックが別のブロックの上にあることや、部品が現在の高さの下にある穴の中にあることを示すために使用される。「暗くなった」ブロックは他の特殊なケースを示すこともあるが、これについては付属の文章で説明する。

[]

リピーターとピストンを備えたXORゲート(H)
部品の選択もよい。
S
R
Q
シンプルなレッドストーンRSラッチ。ラベル付きの入力と出力に注意。
4入力のNORゲート、高さ1-2(B-1)
ブロックの上にレッドストーン、その上にブロックを乗せたレッドストーンに注目。
4入力のNORゲート、高さ2-3(B-2)
これで「上の」ブロック(回路の高さ2)は「下」になり、回路の高さ1のブロックは見えなくなった。しかし、入力ブロックと出力ブロックの位置はまだ表示されているが、明るくなっている。
縦型コンパクトクロック(D)
縦型の回路。

この縦型クロックは、入力(スイッチを切る)や出力(クロック信号)は、ほとんどどこにでも持っていけるため、入力と出力のブロックが表示されていない。詳しい説明はクロックのページにある。