Minecraft Wiki
(作成)
 
 
(3人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
<includeonly>{{ #ifexist: File:{{PAGENAME:{{{2}}}}} }}{{ #widget: FileUrlStyle | class = {{{1}}} | url = {{ #sub: {{filepath: {{PAGENAME:{{{2}}}}} | {{{3|}}} }} | {{ #len: {{ #explode: {{filepath: Wiki.png}} | b/bc/ }} }} }}{{#if: {{{query|}}} | ?{{{query}}} }} }}</includeonly><noinclude>
+
<includeonly>{{ #ifexist: File:{{PAGENAME:{{{2}}}}} }}{{ #widget: FileUrlStyle | class = {{{1}}} | url = {{ #sub: {{filepath: {{#titleparts: {{PAGENAME:{{{2}}}}}}} | {{{3|}}} }} | {{ #len: {{ #explode: {{filepath: Wiki.png}} | b/bc/ }} }} }}{{#if: {{{query|}}} | &{{{query}}} }}&format=original }}</includeonly><noinclude>
 
{{documentation}}
 
{{documentation}}
  +
<!-- カテゴリと言語間リンクはここではなく、解説ページに追加してください -->
<!-- Put categories/interwiki on the documentation page -->
 
  +
</noinclude>

2021年6月24日 (木) 18:04時点における最新版

このテンプレートは、Widget:FileUrlStyleを使用して、ローカルファイルをクラスに割り当ててCSS中で利用できるようにします。大量に使用する場合に {{FileUrl}} の代わりに使用して、ファイルのURLが繰り返されることでページが肥大化するのを避けることができます。

ウィキではファイルが「使用されている」とみなされないため、通常の [[ファイル:]] 構文でファイルを埋め込んだページが存在しない場合、特別:使われていないファイルに分類され、削除される可能性があります。したがって、ファイルが使用されているテンプレートのドキュメントページのように、ファイルをどこかで正しく使用するようにしてください。

使用例

リンク中のテキストに背景画像を追加する:

{{FileUrlStyle|diamond-icon|Grid Diamond.png|16px}}
[[ダイヤモンド|<span class="diamond-icon" style="padding-left:18px;background-repeat:no-repeat">ダイヤモンド</span>]]

ダイヤモンド

[閲覧 | 編集 | 履歴 | キャッシュ破棄]上記の解説は、テンプレート:FileUrlStyle/docから参照されています。