Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,139
ページ

養卵のチュートリアル

養卵は、ニワトリを大量に集める作業です。ここでは、卵の自動供給から生の鶏肉焼き鳥羽根などを追加で生産する養鶏場の構築方法を紹介します。

ニワトリは、マインクラフトで最も飼いやすい動物です。ウシヒツジとは異なり、繁殖や成長に餌を必要としないからです。どのような場所でも、自動的に成長が進みます。また、焼き鳥の満腹度を回復させる量は、他の調理済みの肉と比べても、大差がありません。

ニワトリの捕獲・孵化[]

一般的には、まずニワトリを飼うための囲いを作ります。高さ1マスのフェンス(または、小さな穴)で十分ですが、どちらの方法にしても「エントリーロック」を設置することをお勧めします。囲いと外との出入り口にフェンスゲートを置くことなどです。これで脱走を防ぐことができます。片側のフェンスゲートが常に閉まっている場合、ニワトリは脱走の道すじを探しません。

ニワトリを捕まえる最善の方法は、いずれかの種をもってニワトリの前を横切ることです。こうすることですぐに囲いの中に入れることができるでしょう。もし、スライムボールを持っているのであれば、リードクラフトして引っ張っていくこともできます。この場合、一匹一匹にリードが必要となります。これらの方法を使用することで、ほとんどの場合ニワトリは迷子にならないでしょう。ボートに乗っていても、ニワトリは従っていきます。

他の方法は、卵を入手し囲いの中に投げることです。卵を投げてニワトリがスポーンする確率は8分の1しかないので最低1スタックは用意しておきましょう。スポーンしたニワトリは、大人になるまで時間がかかりますが、1匹でも成鳥がいれば卵を産み落とし始め、2匹以上成鳥がいる場合は、いずれかの種を使用して繁殖させることができます。

大量のニワトリをスポーンさせる場合、成長時間も含めて、ニワトリが孵化するために使用した卵が元を取れるようにするためには、実際の時間で1時間以上が目安になります。夜ベッドで寝た時間は成長せず、ニワトリがいるチャンクを読み込み続ける必要がある(つまり、プレイヤーの近くやスポーンチャンクにニワトリがいなければならない)。これは、卵を入手していることが前提である。卵のようなアイテムは、5分でデスポーンすることを忘れないでください。

農場の設置[]

あなたは卵を伝統的に走り回って回収することもできます。

あるいは、下記のチュートリアルに従い、一点に回収することもできます。そのようなもののほとんどが、鶏肉や羽根、さらには経験値オーブまで同様に回収することができます。

3x3x4 自動牧場[]

これは、8個のブロック、ホッパー、チェストで構成された小規模な牧場です。しかし、1.11以前は1x1の範囲に何百匹のもニワトリを飼うことができたので、とても効率的でした。Java Edition 1.11以降からgamerule maxEntityCramming が追加されたため、24匹まで制限されました。この牧場を建築する前に、まずはこれを確認してください(bedrock editionではこの設定はない)。これはニワトリがいる空間にツタを置くことで窒息ダメージを回避することができる。

上部の空いている部分は、一方通行の入り口としても、単に密封することもできます。餌を与えたり、内壁に卵を投げることで使用することができます。

改造[]

複数の装置を1つのチェストなどに接続することでさらに生産数を増加することができます。Mobがスポーンすることがあるので、ホッパーの上にハーフブロックを置くことも有効です。(ホッパーは、間にハーフブロックがあってもアイテムを回収できます。) 多くのホッパーを使用するとコストがかかるため、以下の構造には水流が用いられています。

11x11x6 自動牧場[]

牧場にホッパーを使用することで、ネザークォーツを使用しない簡単な仕組みになります。メインの層では、ニワトリは成長して卵を産むまでの間水に流され続け、産み落とした卵は、ホッパーまで流されます。その後牧場のチェストに戻っていきます。このチェストは、繁殖層にニワトリを孵化させるための卵を供給し続けます。孵化させるディスペンサーはタイマーによって制御され、ニワトリが無限に孵化しないようになっています(サーバーが落ちない限り)。

この農場は、周りを11×11のフェンスまたは壁で囲み、側面の中央またはその近くにドアまたはフェンスゲートを設置することが好ましいです。中央に柱と最小限の屋根を設置し、その下には3ブロックほどの「卵を保管する部屋」があります。卵を保管する部屋と柱は他の牧場と接続することができます。他には、卵を保管する部屋につながる通路、鶏肉や羽根を入手するための装置、ディスペンサーを起動させるスイッチが必要になります。この牧場では、ニワトリが水に流されているので、壁やフェンスを通り抜けるといった問題を軽減させることができます。設計図は以下のとおりです。金ブロックと石レンガは、「様々な固体ブロック」を指していますが、金ブロックの部分は、不透明ブロックである必要があり、石レンガの部分は、不透明ブロックや透明ブロック、時には空気の場合もあります。

[図面の使用法]

材料[]

  • 元となる素材には、ドロッパー3個、ディスペンサー1個、ホッパー3個、チェスト1個、スイッチ2個、レッドストーンリピーター2個、レッドストーントーチ2個、レッドストーンダスト6個がある。原材料から建築するためには、最小でも滑らかな石6個、鉄15個、丸石29個、原木10個(少し余る)、レッドストーンダスト18個、糸3個が必要になります。そして不透明ブロック7個、固体ブロックを大量に用意することも重要になります。オプションでラージチェストにすることもできます(原木が追加で2個必要)が、卵は牧場以外の場所で保管する方がいいと思うかもしれません。
  • 繁殖層の床9×9ブロックには、78個のブロックやハーフブロックが必要になります(オプションを追加した場合、床はハーフブロックでなければいけない)。管理のため繁殖層から卵を保管する部屋までの間に、トラップチェストを設置することが望ましいこともある。この場合も水とニワトリはトラップドアを通過しない。
  • 柱は、ブロックやハーフブロックなどで作る必要がありますが、そのうちの1ブロックをジャック・オ・ランタンなどの光源にする必要があります。ブロックに松明を4本設置することもできるのですが、端にドラウンドがスポーンすることを防ぐことができません。
  • 屋根には少なくとも10個の固体ブロックが必要になります(ディスペンサーの上に3×3個、柱の上に1個)残りの部分は、ハーフブロックで代用可能である。
  • 壁は最低2ブロックの高さが必要です(天井は3ブロック目)。なので、丸石やガラスが80ブロック必要になる(または、原木20ブロックを板材にクラフトする必要がある)ドアは、すべての壁の中心に設置することが最適です。クリーパーによる被害を考えると、最低でも床と壁の一段目を爆破されない石材やレンガ、粘土、黒曜石などにした方が安全になります。この工夫で爆破時の混乱を最小限にし、修理を簡単にすることができます。壁の一列をガラスに変えることで農場の中を見ることができるようになり、クリーパーの爆破を避けることができます。他にも壁などで囲むことで、さらにクリーパーの爆破を避けることができます。

建築手順[]

先に壁を設置し、上から建築していく方法が一番簡単です。回収するホッパーが中心で、繁殖層に十分の明るさレベルがあることに注意してください。他の建築物と向きをそろえる場合は、通用口をどこに設置するかを確認してください。この図の通用口は全てのスイッチとチェストを使用することができます。

孵化装置は、ドロッパー2個とディスペンサー1個を上に向けて設置することで作製できます。孵化装置は、クロック回路で作動し、卵はホッパーを通じて供給され、余分な卵はチェストに自動保管されます。クロック回路は、図のレバーがあるところの下にあります。レバーを使用することでクロック回路を停止させることができます。

デスポーンタイマー(図の上端)はドロッパーと感圧板を使用する装置です。感圧板の上にアイテムを置くことで、レッドストーントーチが消え、アイテムがデスポーンするまでタイマーが有効化します。感圧板の前にあるブロックは、落ちているアイテムを拾ってしまうことを防ぎ、感圧板にアイテムが落ちるようにするための物です。落ちているアイテムを拾ってしまった場合は、タイマーが無効化されます。デスポーンタイマーのドロッパーに入れるアイテムは、余った種や卵などの不要なアイテムにすることを推奨します。

卵を保管する部屋を建築し終えたら次は中央の柱を設置します。まずホッパーの上に、上側に設置したハーフブロックを設置し、その上に2ブロック設置します。この際、下側のブロックをジャック・オ・ランタンにすることを推奨します。その後、最上段のブロックからディスペンサーの上まで屋根を広げます。敵対的Mobがスポーンしないように屋根の上に松明も設置しましょう。屋根にハーフブロックを使用した場合、幼鳥が屋根の上に出てしまう可能性があります。一部分のみ屋根を設置する場合は、幼鳥が繁殖層に落ちるので支障はないが、屋根で完全に覆ってしまう場合は、不透明ブロックを使用しましょう。

ディスペンサーは、中央のホッパー、柱から完全に分離されているため、設置位置を自由に変更することができます。ホッパーとディスペンサーの間にあるハーフブロックは、ラージチェストを使用する場合のみ必要です。不透明ブロックにした場合は、ラージチェストが使用できなくなります。1.14から、チェストを分離して設置することができるので注意。卵だけの場合チェスト単体でも保管可能ですが、羽根や肉などを保管する場合は、ラージチェストでないと不十分になります。

最後に、すべての角に水を設置しましょう。その後柱に向かって水が流れていきます。この水が中央のチェストに卵や肉などを流してくれます。水を流した後、動作を確認するため卵を水に流してください(少なくとも十数スタックほど)。(もし数羽の卵やニワトリしか手元にない場合も、牧場を早急に稼働させることで多くの卵を入手することができる。) 多く卵を持っている場合は、リスポーンタイマーを使用しないでレバーを使用し、孵化装置を作動させることができます(NOT回路のレッドストーントーチをレバーに変える)。または、単にアイテムがデスポーンした直後にアイテムを落とすこともできます。

養鶏場の運営[]

クロック回路は通常非起動タイマーまたはレバーのいずれかで無効化されます。クロックが無効になっている場合、入ってきた卵は最初に底部のドロッパー、次に底部のホッパー、次にチェスト、そして最後に取り入れホッパーに入ります。これで合計52スタック、任意で2つ目のチェストを使用すると79スタックが収納可能となります。

さて、79スタック卵があれば、近くにいるとゲームが深刻なほど遅延するくらいの平均163羽のニワトリが生まれます。さらに悪い事に、ホッパーがクロックより遅いため、通り抜けるのに15分以上かかる。それより長く孵化装置を実行しっぱなしにする場合は、最初のニワトリが成長し、卵を産み始めます!その時点で、ホッパーの速度に制限され指数関数的成長に直面することになります。第一世代が成長した後不可装置を稼働させたままにしておくと、最初は1分間に2.6羽のニワトリを生産することになるが、ゲームがクラッシュしなければ最終的には1分間に18羽、1日に363羽のニワトリを生産することになる。これだけの数になると、どの筐体にもニワトリが溢れてしまい、膨大な数になるとゲームの遅延がひどくなってしまいます。ただし、「トリマゲドン」のリスクを気にしないのであれば、卵室の上2列を形成するデスポーンタイマーを飛ばすことができます。Minecraftの直近のバージョンでは、密集は最終的にニワトリが窒息し始める原因となりますが、この設計の場合は問題を防ぐのに十分ではないかもしれません。

このデスポーンタイマーとNOT回路は5分間だけクロックを有効にして一度に500個の卵をふ化させてくれます(約31スタック、平均64羽のニワトリを生産)。これにはちょっとしたコツがあります:クロックの周期は0.6秒なので、300秒で500周期になりますが、クロックとディスペンサーは、ディスペンサーに供給するホッパーよりも早いのです。ホッパーだけでは375個以下の卵をディスペンサーに届けられますが、底部のホッパー内の卵は500回分を賄うのに十分な量を与えてくれます。上述のように、ニワトリは使用した卵を補充するのに現実時間で1時間以上必要になるため、それを待ちたくない場合は、成熟したとたんにニワトリを収穫できますし、その後再び卵器を実行すれば、他のことをしている間に2回目がチェストに補充されます。

池の設計[]

養鶏場

養鶏場の最下層。

11×11ブロックの四角い穴を1ブロックの深さで掘り、さらに1層を円状に掘るだけです。水と卵が洗い流される中心には、さらに1ブロック分の穴が必要になります。

また、ニワトリが流されるのを防ぐため・ゆっくり養鶏場でニワトリの総数を拡大するため孵化させる卵を産む地面を確保するため、「小島」を構築する必要があります。

中央の水切り穴を下から装置に接続し、角に水を入れれば完了です。

塹壕農場[]

14秒小型養鶏場は、MinecraftmaximizerがMinecraft 1.5リリース用に設計した、わずか14秒で作れる養鶏場です。費用は、原木8本、鉄インゴット10本、任意のブロック2個、任意ではしごです。これは基本的には縦穴に入れた3×3×4の養鶏場です。

この養鶏場は、深さ3、長さ4、幅1の穴を掘ることから始まります。チェストとホッパーを底に置きます(片側にラージチェスト、もう片側に2つのホッパーが入るようになっている)。はしごはチェストの上を通る容認します。次に、チェストの横のホッパーの上に2ブロック置いてニワトリを固定します。その後露出したホッパーの上にニワトリを孵化させ、最終的にはチェストから卵を集められます。

体積はわずか12ブロックであるため、この農場は、特にホッパーを含むものでは、可能な限り最も小刀農場の一つです。これを実演する動画と回路図:

ホッパー付き小型縦穴養鶏場

チュートリアル/卵の生産/小型縦穴養鶏場を表示 [編集]

水養鶏場[]

現在のほとんどの養鶏場では、ニワトリは水に支えられており、卵は水を通って下の採集層に落ちてきます。水は看板やはしごなどで支えられており、採集層に流れ込まれないようになっています。

かなり空間効率のいい設計の場合は、2×2×2の柱の周りに壁を構築します。下の2つの場所は採集層(ドアを残すようにします)で、その上部には水を支える看板が4枚あります。次の2層は流れのない水たまりで、特に下には流れません。水たまり全体を水源ブロックにした方が良いかもしれません。ニワトリは水の中に入り、水の上にはニワトリが呼吸できる1~2ブロックの高さの隙間があります。水の周りと上にある壁はガラスブロックにして、ニワトリが壁に埋まって窒息しないようにします。

これが構築できたら、卵を採集場所から直接投げ上げられます。ニワトリは水に浮かび、卵は床に落ちて回収しやすくなり、底に投げ返すことでより多くのニワトリをふ化させられます。肉や羽毛が必要なときは、剣を使って下からニワトリを採集できます。採集場所に水流を設置して卵を1ブロックに集めることもできませんが、卵を投げたり、肉や羽根を採集したりするのが難しくなります。

自動養鶏場

上の設計の静水では、看板に卵が引っかかってしまうことがあります。水たまり層(「水流養鶏場」)を拡張することで、水流が卵を中央に集め、水流が内向きに流れることでニワトリが壁を通って「貫通」するのを防げ、より多くのニワトリを飼えるようになります。この設計は中央の2×2の穴に流れるように「四角く」でき、もしくは単に水平方向に拡張することもでき、その場合は別の水流で卵を運ぶ「最終水流」を下に設置します。水流が出会う場所の下に採集場所がある限り、18ブロックの全幅である必要はありません。

基本水養鶏場ギャラリー

チュートリアル/卵の生産/水養鶏場Aを表示 [編集]

他の大養鶏場:

現実的な鶏舎[]

ホッパーの上にニワトリを置きます。それぞれの鶏舎は6羽のニワトリを収容できます。また、バイオームや自身の選択によって、オークの板材丸石に変えてよい見た目にすることもできます。

InsideCoop.png
OutsideCoop.png

設計8[]

4ツ角に水源がある4×4のニワトリ穴を作って始めます。これは、中央の4ブロックで形成された正方形に向かって流れが形成されます。図1を参照してください。

図1

示されているよりも高い4×4の側面を構築する必要があり、そうしないとニワトリが逃げます。また、非常に高密度にニワトリを飼おうとしている場合は、窒息を防ぐため囲いの壁にガラスを使用しましょう。

卵や鶏肉を2×2の正方形ではなく1つの収集地点に集めたい場合は、2×2の穴の下に梯子を置き、水が落ちてこないようにします。採集穴の下の2×2を囲み、1つの角を通じさせて下に穴を作製します。これが収集地点に繋がります。穴の対角線上の角には水ブロックを置くか水が上から落ちてくるようにします。

鶏肉の生産と調理[]

養鶏場は生の鶏肉焼き鳥羽根などのニワトリ製品を生産します。一般的に言えば、このような農場は、卵の供給源、ニワトリを生成するディスペンサー、成熟したニワトリから戦利品を取るため殺す機構を組み合わせています。

3×3×4の養鶏場を拡張[]

卵や葉ねホッパーを用いた簡単な修正として、クロック短信号回路の下で卵のディスペンサーに戻るように指すドロッパー・ホッパー経路があります。ディスペンサーがニワトリの場所に卵を再投入してヒヨコを生成すると、卵とヒヨコがどんどん生成されていくという閉ざされた循環が形成されます。管理されていないままにしておくと、ゲームは膨大な数のニワトリにより遅延が発生し、ゲームルールのmaxEntityCrammingが発動する前に遅延が発生する可能性があります。

バケツ付きディスペンサーで制御された空気で制御された空気ブロックの上に水ブロックを敷きつめると、焼き鳥を入手する「殺害スイッチ」として使用できます。下へ流れる水は、ニワトリが泳ぎ上るのを止め、トラップドアで作られた上蓋は窒息を保証します。水ブロックを溶岩ブロックと交換して焼き鳥農場を手に入れましょう。

未熟な雛の選別[]

戦利品を生産しない未熟な雛を選別するには、ホッパーの上に下付きハーフブロックを敷きます。子のハーフブロックは水や溶岩の侵入を防ぎ、背の高い成長したニワトリだけを窒息させたり焼いたりできます。his slab would stop water or lava from invading, while still allowing taller, grown-up chicken to suffocate or burn.

全自動[]

完全自動化手順の明白な最初の修正としては、殺害機構をほとんど永久的な死亡源に置き換えることが挙げられます。したがって、ハーフブロック構造を使用して未熟な雛が成長するのを待つ必要があります。しかし、この機構は成熟したニワトリを即座に殺し、卵の供給を補充する機会を提供しないため、これでは十分ではありません。

対策としては、専用の養鶏場をもう一つ追加しましょう。閉鎖循環の卵ディスペンサーの入力を、独立した通常の養鶏場の収集ホッパーに置き換えるだけで、準備が整います。ラージチェストを使って余った専用農場で生産した卵を採卵用と養鶏用に均等に分けられます。卵の投入量を制御することで、生成率を制御できます。養鶏場のポイントは、養鶏場にいる成鶏が無限に卵を供給してくれることです。この卵を別の農場のディスペンサーに送り、そこで殺されて食肉にされます。

溶岩焼き鳥の製造に使用する卵の生産量が半分の農場例:xample farm with 1/2 of the egg output used for making lava-roasted chicken:


ディスペンサーはクロック回路に繋ぎます。

タイミング:ヒヨコは成長するのに20分、鶏が卵を産むのに5~10分かかり、卵がヒヨコを産むのは8分のいくらかの確率です。卵給餌ホッパーのレッドストーン制御をいくつか使うと、各循環で機構に入れた量の卵の量を制限できます。い

養鶏場例[]

  • Friliothの鶏肉調理器

    • 食肉農場のハーフブロック(ニワトリ)層にディスペンサーを置きます。これにより、使用される構造の層が少なくなり、設計がより小型になりました。
    • もう一つの革新点は、機構が自家発電であることです。コンパレーターが最初の(卵を運ぶ)ホッパーを分析し、オブザーバーが信号を増幅させることで、クロック回路を常に作動させなくても、卵ディスペンサーが自動的に(2回)発射されるようになります。
    • 溶岩は常にあるのではなく、別のディスペンサーで制御されて2ティックの間だけ現れるようになっています。少なくとも1.14以前には、この程度の注意をしても実益はありません。
    • 1.14以降では、溶岩は落ちた焼き鳥をほぼ瞬時に破壊します。養鶏場を更新する方法が公開されています。それは、同じハーフブロックの仕組みを維持しつつ、ホッパーをホッパーに直接乗せたホッパー付きトロッコに置き換えるというものです。トロッコははるかに速くアイテムを集めるため、全ての生産物を炎から守れます。
  • Dis_CyaNのニワトリ溺死機
    • 2つの副農場が相対的に異なる形で設計されていますが、ハーフブロックの層にディスペンサーを置くという案も採用されています。
  • Java 1.16以降の小型設計
    • Cheesedud6の設計は、焼き鳥と羽根と卵の切り替えレバーが付いています。的ブロックのおかげで小型設計となっています。
Advertisement