Minecraft Wiki
Advertisement

モールス信号は長点と短点の連続で情報を伝達する方法です。短点は短いレッドストーン信号、長点は長いレッドストーン信号です。長点は単点の約3倍の長さです。Minecraftでは情報伝達をするための、面白い実験ができます。

前提知識[]

Minecraftでモールス信号を送信するには、レッドストーン回路が必要になります。信号をデコードするにはANDゲートとNORゲートの2つを使用します。これらには3つの構造に分かれていて、信号を作る送信部、信号をデコードする変換部、変換されたものからライトを点滅させる出力部になります。

入力部[]

これは3つの構造の中でも最もシンプルなもので、のちに長点と短点にデコードできるようにしなければなりません。そのためには、長点を短点よりも長く入力できるようにしなければならないです。これを実現するためには、パルス回路を使用しますが、レッドストーンリピーターを使用することで簡単に作成することができます。レッドストーンリピーターには遅延機能があるので、メッセージが送られる時間を長くすることができます。

単安定回路・パルス伸長器(長)

この構造は長点と、この後に作成するリセット構造で使用します。短点は延長されていないかで検出するため、遅延や延長の必要はありません。

デコーダー[]

さて、「送信者」の後、これははるかに複雑になります。ここでやりたいのは、ドットとダッシュを理解し、それをライトディスプレイに変換できるシステムです。これを説明するには、画像から説明するのが最善です。 300px | thumb | right |単安定回路/パルス延長装置(長い) ここでは、デコードシステムの1つのセクションを見ることができます。最初のデコーダーは最初のANDゲートを必要とせず、代わりに入力「I」から直接取得されます。最初の入力が通過すると、長さ検出ゲート'B'またはリピーターとゲートに送信されます。信号が十分に長い場合は、これを通過してゲートし、rs-nor'Cに電力を供給できます。 '、これによりダッシュのQをオンにすることができます。信号の長さが「B」を通過するのに十分な長さでない場合、Rs-norはアクティブになりません。代わりに、信号が進む場所に移動し、次の「C ^」、rs-norに丸められます。これを切り替えると、信号が「B」に送られるため、それ以上信号を通過させることはできません。これが発生すると、3入力'および'ゲート'B'の3番目の入力からの電力がQ(ドット)に送られます。ダッシュの電源がオンの場合、ドットがオフになります。オンの場合、ダッシュがアクティブになっていて信号がドットを通過する場合もオンになるため、ドットを作成する必要があります。ダッシュがオンのときにオフにすると、図のようにこれを実行して、電源をQドットにフィードバックできます。 'B'には、メッセージを3番目の入力に遅延させる4つのリピーターがあることに気付くでしょう。これは、ダッシュが通過するのに時間がかかるため、影響を受けないようにゲートをブロックする必要があるためです。他の衝動によって。 3番目の入力をアクティブにするrs-nor'C^'も別のゲートに入り、次のインパルスが通過すると、信号が通過して以前と同じプロセスに戻ることができます。 デコーダーについてはこれで終わりです。

リセッタを構築するには、すべてのrs-norsの下にレッドストーントーチを配置し、リピーターを配置する必要があります。ゲートの後も、システムを介してリセットを送信するときに他のものが変更されないことを確認します。また、ライトをオフにし、デフォルトにしてから、リセットするときにオンにすることを忘れないでください。

===翻訳者=== 300px | thumb | right これは、レッドストーンリピーターを使用する通常のデコーダーシステムとほぼ同じように機能します。前に述べたように、リピーターには電力をブロックに渡す機能があります。これは、トランスレーターで活用するものです。 トランスレータにすべての異なる信号を送るには、位置を選択する必要があります。デコーダの横のどこかに配置することをお勧めしますが、どのライトがどちらを意味するかを覚えておく必要があります。線が互いに干渉しないようにするには、線を別のレベルに配置する(ブリッジを作成する)のが最善です。信号が16ブロックを超えていないことを確認するために、ワイヤをチェックすることを忘れないでください。ここで、最初の段階はすべての信号をまとめることです。これを行うには、信号干渉を防ぐ独自の機能を備えたリピーターを使用します。 300px | thumb | right 以前にデコードを行ったことがある場合は、リピーターに信号を受け取ったときに信号を反転したときに信号の方向が間違っていることに気付いたかもしれません。そのため、信号に到達する前に、信号を反転する必要はないと考えているかもしれません。リピーター、まあ答えはほとんどの信号と同じですモールス信号はAとEのようにたくさん重なります、Eはドット、Aはドットダッシュです。この理由でEがAに含まれていることがわかるので、必要になります要件をさらに定義できるようにするために、これを行うには、基本的に各文字に2つのゲートがありますが、後で詳しく説明します。

まず、リピーターのラインをずっと作成し、システムを介して信号を送信していないか、最後に記載されるようにリセットしたかどうかを覚えておいてください。そうすれば、すべてのリピーターが正しくなります。今はオンになっているはずです。そうでない場合は、戻って確認する必要があります。まず、リセットしたことを確認してから、トランスレータへの配線を確認します。あなたがそれらをすべて持っているなら、それは今のところ良いはずです。ブロックのラインを作成したいリピーターのラインの後で、砂岩または苔むした丸石を使用することをお勧めしますが、それは個人的なものであり、配線には影響しません。これを続けて、英語のアルファベットの文字数である26行のブロックを作成します。これで、翻訳者が形を整えて、後で自分でプロセスを簡単に行えるようになりました。後で理解できるように、すべての行のブロックに沿ってレッドストーントーチを配置することをお勧めします。少し時間がかかりましたね。このチュートリアルでは、そのようなタスクがいくつかあることに注意してください。すべてのレッドストーントーチをセットアップしたら、ブロックの列を全員の上に配置して、最終的な信号が必要な最後に2つの追加ブロックをパルスします。これで、行は次のようになります。 300px | thumb|left。 リピーターとライトのセットアップが完了したので、ブロックの上部に沿って最後までワイヤーを配置し、入力元の側に向かって下がるトーチを配置します。ご覧のとおり、この信号は下に移動され、反転されてから、文字が表示されるライトに置かれています。 300px | thumb | left | Above View of rows これが最初でゲートダウンです。ブロックとそのブロックの隣のワイヤーに電力を供給することができるだけでなく、ネザーの下のワイヤーにも電力を供給することができます。この機能を使用して、次のゲートを作成できます。ある種ですが、その前に、最初のゲートを通過してプログラムします。すでにすべてのトーチを配置しているので、プログラムするのは非常に簡単です。基本的に、モールス信号をプルアップして、異なる信号を送信してから、本来のトーチを削除します。これは、ダッシュドット、ダッシュドット、ダッシュドットなどのペアになることを忘れないでください。したがって、ドットダッシュであるAでプログラムするには、2番目と3番目のトーチ。正しいエンドディスプレイを確実に取得することが非常に重要です。これはいつでも最後に、または次のステップである2番目のゲートを作成することで実行できますが、これは最終的に、すべての基準が満たされている場合にのみ信号がオンになり、停止することを意味します。表示されている誤ったライトのさて、これを行うには、たとえば、ギャップにすべての番号を付け、どの番号が空であるかを書き留めることによって、トーチのギャップがどこにあるかを覚えておきたいと思うでしょう。この行ごとに実行することをお勧めします。松明の真下に2つの深さの溝を作成し、今ではすべてのために ブロックとレッドストーンワイヤーをその上に配置し、それら全体のレッドストーンワイヤーを、ディスプレイがある場所から離れたトーチの反対側の端に送ります。これは、下の「A」がどのように見えるかを示しています。次に、このメッセージを、レッドストーンワイヤーがある行の最上層まで表示します。このように、垂直配線を使用してこれを行い、次にワイヤを供給して両方を接続します。 これがすべてそれぞれに接続されたら、これで完了です。システムの間違いをテストする必要があります。

Under the 'and' gate

Endofthetrans.png
Advertisement