Minecraft Wiki
Advertisement
Minecraft Wiki
4,140
ページ
Dark Oak Sapling JE2 BE2.png
この記事は書きかけです。 
あなたが内容を拡充してみませんか?
この記事は内容の改訳が必要な可能性があります。 
執筆されている内容は不適切、不正確な翻訳かもしれません。

ホッパーは、アイテムを管理するレッドストーン回路/レッドストーンの構成部品

ホッパーとは[]

レシピは下の通りです。


このレシピを覚えればホッパーは作れます。さて、ホッパーを使ってみましょう。

自動製錬装置[]

A
B
C

基本的な自動製錬装置

1-wide, tileable
transfer rate: 0.1 ips
詳細は「Tutorials/Automatic smelting」を参照

製錬システムをより便利なものにするためには、かまどが空にならないようにホッパーを使用する必要があります。ここでは、Aは素材、Bは燃料、Cは出力されたアイテムが入ります。この装置は、燻製器溶鉱炉でも使用することができます。

かまどはホッパーでアイテムを取り出した場合でも経験値は保持するので、複数装置を作成することで、経験値を大量に入手することができます。かまどからアイテムを取り出した際に、すべての経験値を受け取ることができます。

このようま装置を使用することで、大量のアイテムを製錬することができます。それでも、さらに大量のアイテムを製錬したいというときは、これらの装置を複数個接続することで、一般的に「furnace array」と呼ばれるものを作成する必要があります。規模は小規模なものから100台近いものまであります。


お試し[]

さて、ホッパーを使ってみましょう。材料の情報はブロックをタッチしてください。

では、下の様にブロックを配置してください。


配置したらホッパーの上にを投げてください。土が消えた様に見えますが、実はホッパーの中には土が入り、チェストに送られます。さて、チェストの中身を見てみましょう。中には土が入っているはずです。 では、次の場合はどうでしょう。

上のチェストに土を入れましょう。すると、下のチェストに土が入っているはずです。


注意[]

先ほどの実験にレッドストーントーチを足し、下の様にしましょう。

あなたは上のチェストに土を入れました。が、土は下のチェストに入っていません。そうなんです、レッドストーンがホッパーに入力されると、ホッパーの輸送が止まります。これを使えば仕分け装置を作れるので、チャレンジしてください。

Advertisement