Minecraft Wiki

Minecraft Wikiは、Microsoftから公式ウィキとみなされなくなったため、ウィキのロゴを含むいくつかの変更が必要となりました。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

もっと見る

Minecraft Wiki
Advertisement
シーピクルス
Sea Pickle 1 JE1 BE1.pngSea Pickle 2 JE1 BE1.pngSea Pickle 3 JE1 BE1.pngSea Pickle 4 JE1 BE1.png
Sea Pickle 1 Dry JE1 BE1.pngSea Pickle 2 Dry JE1 BE1.pngSea Pickle 3 Dry JE1 BE1.pngSea Pickle 4 Dry JE1 BE1.png
再生

スタック

可(64)

回収道具

すべての道具

爆発耐性

0

硬度

0

発光

可;6、9、12、15 (水没時)

透過

する

可燃性

なし

溶岩からの引火

しない

シーピクルス[Java Edition限定]またはナマコ[Bedrock Edition限定](英:Sea pickle)は、水中で見られる発光する小型動物である。

入手[]

シーピクルスのコロニーは即座に破壊することができ‌[Java Edition限定]、どの道具を使って破壊してもそれ自身をドロップする。シーピクルスの下のブロックを破壊すると、その上にあるシーピクルスが壊れてドロップする。

Bedrock Edition では、Java Edition とは異なり、ナマコのコロニーを破壊するのに数秒を要する。それ以外は Java Edition と同様である。

自然生成から[]

シーピクルスのコロニーは、ぬるいの海底にあるサンゴブロックの上に生成される。

用途[]

シーピクルスはカメの卵と同様、固体ブロックおよび非固体ブロックの上に4つまで設置することができる。水中に置くと、1つあたり明るさ3の光を放つ。このとき、端が淡い緑色に輝く。

水中であり、かつ生きたサンゴブロックの上なら、骨粉使用することで、ピクルスの数を増やすことができ、何もないサンゴブロックの上にも拡がる。これは2ブロックまで拡がる。新しいピクルスの数は元のものと同じか1つ少なくなる。シーピクルスが水中やサンゴブロックの上になくても骨粉を使用することはできるが、これらのことが起きることはない。

製錬材料として[]

名前 材料 製錬のレシピ
黄緑色の染料 シーピクルス +
いずれかの燃料


0.2

技術的情報[]

ID[]

Java Edition:

名称名前空間ID翻訳キー
シーピクルスsea_pickleblock.minecraft.sea_pickle

Bedrock Edition:

名称名前空間ID数値ID 翻訳キー
ナマコsea_pickle411tile.sea_pickle.name

データ値[]

データ値」も参照

Bedrock Editionでは以下のデータ値が使用される。

データ値 説明
0 水の中にある1つのシーピクルス
1 水の中にある2つのシーピクルス
2 水の中にある3つのシーピクルス
3 水の中にある4つのシーピクルス
4 水の外にある1つのシーピクルス
5 水の外にある2つのシーピクルス
6 水の外にある3つのシーピクルス
7 水の外にある4つのシーピクルス

ブロック状態[]

ブロック状態」も参照
名前 初期値 説明
pickles1 1–4ピクルスの数。
waterloggedfalsetrue
false
ピクルスが水中に設置されているか。


実績[]

詳細は「実績」を参照
アイコン 実績 ゲーム内での説明 実際の条件(異なる場合) 得られるゲーマースコア トロフィーの種類(PS)
One Pickle, Two Pickle, Sea Pickle, Four.pngナマコが 1 つ、2 つ、3 つ、4 つ…4つのナマコをまとめて置こう20Gブロンズ

歴史[]

Java Edition
1.1318w14bシーピクルスが追加された。
18w16a非固体ブロックの上に設置できるようになった。
18w22aプレイヤーがシーピクルスの当たり判定内におり、別のプレイヤーが設置しようとしても設置は出来なくなった
量が増加した際の設置音を追加
隣接するブロックを狙ってもシーピクルスを追加できるようになった
シーピクルスの下にブロックが必要になった
Bedrock Edition
1.4beta 1.2.20.1ナマコが追加された。

問題点[]

「シーピクルス」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[]

  • 現実世界の被嚢類で青緑色の生物発光を伴うPyrosomesに基づいているようである。一般的にシーピクルスと言われ、それがおそらく名前の由来である
  • 「moody」な明るさ設定(または30%などの低い明るさの割合)で発生すると海底のシーピクルスは赤橙色の光を放つ。

ギャラリー[]

Advertisement