Minecraft Wiki
Advertisement
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。 
forceload
必要権限レベル

2

実行制限

なし

Clock JE3.gif
この記事は内容の更新を必要とします。 
この記事を更新して、最近のアップデートや新たな情報を反映してください。

チャンクを常時読み込むか制御する。forceload addforceload queryforceload removeの3つのコマンドが用意されている。

構造[]

forceload add <from> [<to>]
現在のディメンションにある <from> の常時チャンク読み込みを強制する。
(<to> を指定すると範囲指定できる。)

forceload remove <from> [<to>]
現在のディメンションにある <from> の常時チャンク読み込みの強制を無効化する。
(<to> を指定すると範囲指定できる。)

forceload remove all
現在のディメンションの全ての常時チャンク読み込みの強制を無効化する。

forceload query [<pos>]
<pos>が与えられた場合、 現在のディメンションの指定された座標の常時チャンク読み込みが行われているか表示する。
与えられていない場合は、現在のディメンションの常時チャンク読み込みが行われている座標の一覧を表示する。

引数[]

<from>column_pos<to>column_pos
対象とするチャンクを指定する。
<x>、<z>で柱状物体の位置を指定する。座標はチルダ・キャレット表記法で表記された値または整数で表記する。


<pos>column_pos
問い合わせるチャンクを指定する。
<x>、<z>で柱状物体の位置を指定する。座標はチルダ・キャレット表記法で表記された値または整数で表記する。


結果[]

コマンドトリガーJava Edition
任意引数の指定が正しくない場合 構文解析不能
/forceload add ...256よりも多くのチャンクが指定されている場合 失敗
指定されたチャンクにワールド外の範囲がある場合
/forceload add ...指定された全てチャンクがすでに常時読み込みが行われている場合
/forceload remove <from> [<to>]指定されたチャンクに常時読み込みが行われているものがなかった場合
/forceload query <pos>指定されたチャンクが常時読み込みされていない場合
任意成功時常時読み込みを有効/無効にする。
または 常時読み込みされているチャンクの状態や一覧を表示する。

出力[]

コマンドエディション状況成功回数/execute store success .../execute store result ...
任意Java Edition失敗時000
/forceload add ...成功時11新しく常時読み込みされるチャンクの数
/forceload remove <from> [<to>]成功時11無効化された常時読み込みされていたチャンク
/forceload remove all成功時110
/forceload query成功時11現在のディメンションで常時読み込みされているチャンク数
/forceload query <pos>成功時111

注意[]

  • 強制読み込みされているチャンクは31レベルのロードチケットが与えられます。これは、プレイヤーが存在するチャンクと同レベルで、そのチャンクは全て正しいゲームの振る舞いをするということです。隣接するチャンクもレベルの拡散によって読み込まれますが、離れるほどに高レベルになるので、全て正しい振る舞いを行うわけではない。詳しくは チャンク を参照。
  • 作物はプレイヤーが近くに存在しない限り成長しない。 骨粉を使用しない作物の成長はチャンクティック に依存している。
  • このコマンドで使用される座標は実際には ブロック座標 である。0,0 から 1,2 のチャンクの読み込みを強制するには、player/forceload add 0 0 31 47 を実行しなければならない。これは 0,0 から 1,2 のチャンクが 2×3 チャンクを含むからである。
  • /forceload add 0 0 10 30 を実行した場合は実際には 0,0 から 0,1 が読み込まれる。(1チャンクはx/z平面で 16×16 ブロック)。しかし、 /forceload query はチャンク座標での表記を行う。

歴史[]

Java Edition
1.13.118w31a/chunk が追加された。
pre1/chunk/forceload に置き換えられた。
1.14.4pre4/forceload が権限レベル2で実行可能になった。
1.17チャンクの読み込みは非同期で実行されるようになり、/forceload での有効化は、コマンドが実行されたティックに有効化されたチャンクが読み込まれる保証がなくなった。
Advertisement