コマンド/entitydata

提供: Minecraft Wiki
< コマンド
2020年4月21日 (火) 01:29; Horikou (トーク | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定なら UTC)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
Paeonia (texture) TU1.png
このページでは、 Minecraftの古いバージョンに存在する要素について説明しています。 
このコマンドはJava Edition 1.13dataに置き換えられました。
entitydata
必要権限レベル

不明

実行制限

なし

エンティティのデータタグを変更する。

構文
entitydata <エンティティ> <データタグ>
引数
エンティティ
変更するエンティティを指定する。エンティティのUUIDまたはターゲットセレクター@e
データタグ
指定されたエンティティに追加する、または指定されたエンティティのエレメントを上書きするデータタグエレメントを指定する(データタグは削除できず、文字列をNull値に設定することもできない)。 複合NBTタグである必要がある(例:{CustomName:Fred})。
結果
引数が正しく指定されていない場合や、プレイヤー以外のエンティティへの実行が1回でも失敗した場合に失敗する(プレイヤーを変更することはできない)。
成功すると、対象となるエンティティのデータタグが変更される。
現在のゾンビがアイテムを拾わないようにする。
entitydata @e[type=zombie] {CanPickUpLoot:0}

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.814w32b/entitydata が追加された。
1.1317w45b/entitydata が削除された。