Minecraft Wiki

Minecraft Wikiは、Microsoftから公式ウィキとみなされなくなったため、ウィキのロゴを含むいくつかの変更が必要となりました。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

もっと見る

Minecraft Wiki
Minecraft Wiki
4,156
ページ
1行目: 1行目:
{{要翻訳}}
 
 
{{ItemEntity
 
{{ItemEntity
 
|invimage=Camera
 
|invimage=Camera

2017年7月27日 (木) 12:06時点における版

カメラ
Camera.png
希少度

一般的

再生

不可

スタック

可 (64)

内部ID

62

エンティティID

camera

体力

2♥

データ値
アイテム
 dec: 498 hex: 1F2 bin: 111110010
エンティティ
 dec: 62 hex: 3E bin: 111110
名前空間ID

camera

Information icon.svg
この項目はEducation Edition限定の要素です。 
カメラブロック
Camera Block.png
再生

不可

スタック

可 (64)

回収道具

?

爆発耐性

?

硬度

?

発光

いいえ

透過

いいえ

可燃性

?

溶岩からの引火

?

カメラ(Camera)は、画像を取り込んで保存することの出来るエンティティである。Education Editionでは、ポートフォリオと同じように画像のコレクションを作成出来る。[1]

入手

カメラは、/giveコマンドを使うことで入手できる。

用途

Education Editionでは、カメラを使用してスクリーンショットを撮ることが出来る。また、ユーザーを追跡することができるカメラエンティティを作成し、カメラの視点から写真を撮ることもできる。カメラで撮影した写真はポートフォリオに表示される。

地面のアイテムのクローズアップスナップショットは、Shiftキーを押しながら右クリックすることで撮影することができる。

トリビア

  • カメラの下のテクスチャは正しく動作しない。
  • カメラはエンティティであるため、他のMobと同様にダメージを受ける。彼らはノックバックの影響を受ける。
  • 高い高度の場所からカメラをカメラを落とすことで、カメラを殺すことができる。カメラはエンティティであるため、落下死のアニメーションを表示する。

歴史

Pocket Edition Alpha
0.1.0カメラはPocket Editionの.apkファイルで最初に見つかった。[2][3] カメラを使うには、まず手に持って、写真を撮りたい方向を見る。そして画面を長押しすると、プレイヤーが立っている地点にカメラが落ちる。そこで後ろに下がり、煙のパーティクルが出てくるまでカメラを押し続ける。煙が出たら撮影は完了で、その後すぐにカメラは消える。カメラは何回でも使用できる。
May 17, 2012カメラのアイテムID(456番)が発見され、初めてゲーム内でカメラのオブジェクトが確認された。
0.2.0オリジナルのカメラの三脚のテクスチャが削除された。
0.5.0カメラが不可視になり、プレイヤーの通常のダメージ音を出すようになった。
0.7.0「F1キー」の機能(GUIを隠す)が追加され、カメラを使う意味が無くなった。
0.8.0カメラがインベントリ内では卵のように描画されるようになった。
0.9.0build 1カメラが削除された。Tommasoはこう述べている:「永遠に消えたままにするわけじゃなく、本当はカメラに関するアイデアが色々あるんだ! シェーダー、共有、それにレッドストーン関連の機能が追加されて戻ってくると思うよ。[4]
0.14.0build 1カメラが再追加されたが、現在入手は不可能となっている。
テクスチャが変更された。
0.14.2カメラのアイテムIDが498に変更されたが、現時点では使用できない。ただし、カメラのエンティティ自体はデータ値62のスポーンエッグを使えばスポーン可能である。
MCPEの言語ファイルによれば、カメラの上に指を持って行ったときに表示されていた何も書いていないラベルは現在「Take Picture(写真を撮る)」となっているようである。しかし、そのボタンを押しても何も起こらない。
0.15.0build 1ラベルに「Take Picture」と表示されるようになった。
カメラのエンティティの体力が4♥♥から2♥に変更された。
0.16.0build 1カメラはインベントリ内ではブロックの形をとるようになったが、まだエンティティとして設置されていた。しかし、ブロックはコマンドやワールド編集で設置可能だった。
「写真を撮る」ボタンが機能するようになったが、画像ファイルは保存されなかった。
最初期のカメラのID(456番)がポートフォリオを指定するようになった。
build 2アイテムとしてのカメラが追加され、ブロックは削除された。
ポートフォリオが削除された。
build 4アイテムとしてのカメラが削除され、コマンドを使ってもカメラの入手と設置が不可能になった。
Education Edition
1.0カメラがポートフォリオと共に追加された。

将来

MineCon 2012のMinecraft Pocket Editionパネル、及びJbernhardssonの生放送の1つで、将来的にはカメラの正しい使い方を実装しようとしており、スクリーンショットを簡単に撮って他の人と共有する手段となるかもしれないと述べられた。[5] BlockTalkのQ&Aで、カメラはMCPEの「共有」のテーマを今後拡張していくという計画の一環として軽く言及された。[6]

問題点

「カメラ」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

ギャラリー

脚注