Minecraft Wiki
Advertisement
この記事では、Minecraft 1.19 The Wild Updateの敵対的Mobについて説明しています。Minecraft Dungeonsトゥルースシーカーの説明で言及されているゲームに存在しない邪悪な村人については「MCD:番人」を、Minecraft Dungeons古代のモブについては「MCD:フロストワーデン」を、Minecraft: Story Modeのキャラクターについては「Minecraft Story Mode:The Warden」をご覧ください。
ウォーデン
Warden.gif
体力値

500♥ × 250

振る舞い

敵対的

攻撃力

近接攻撃
イージー:16♥ × 8
ノーマル:30♥ × 15
ハード:45♥ × 22.5
遠隔攻撃(衝撃波)
イージー:6♥♥♥
ノーマル:10♥♥♥♥♥
ハード:15♥ × 7.5
(防具・盾を貫通)

大きさ

高さ: 2.9ブロック
幅: 0.9ブロック

スポーン条件

明るさレベルが11以下の状態でスカルクシュリーカーが4回以上起動したとき

ウォーデン(英:Warden[訳註 1])は、スカルクシュリーカーによって召喚される敵対的なMobであり、近接攻撃と遠隔攻撃の両方の攻撃手段を持つ。ウォーデンは完全に盲目であるため、振動や嗅覚によってプレイヤーや他のMobの動きを認識する。ウォーデンは全てのモンスターの中で最も強力な存在であり、爆発を除けばボスMobを含むゲーム内のMobの中で攻撃力が最も高い。

スポーン[]

ウォーデンは従来のMobとは異なる仕組みでスポーンする。周囲48ブロック以内に別のウォーデンが存在せず、かつ明るさレベルが11以下の状況で自然に生成されたスカルクシュリーカーが4回起動したとき、地面からウォーデンが出現する。ウォーデンはスカルクシュリーカーを中心とした11×13×11の範囲内にスポーンし、スポーンの試行は最大で20回行われる。

スカルクシュリーカーの起動回数は、各スカルクシュリーカー毎ではなく各プレイヤー毎に計上されている。このため、1人のプレイヤーが別々のスカルクシュリーカーを1度に4個起動させた場合、1回の振動でウォーデンが召喚することもある。

ドロップ[]

ウォーデンは死亡時にスカルクカタリストをドロップする。また、プレイヤーや飼い馴らされたオオカミに倒されたときには5ポイントの経験値をドロップする。

振る舞い[]

ウォーデンは盲目であり、あてもなく彷徨っている。幅1ブロック・高さ3ブロックの空間を通ることができるため、狭い洞窟の中へでも標的を追跡することができる。またノックバック溶岩に耐性がある。振動を感知すると、ウォーデンは振動が発生した場所に向かって移動する。また、周囲の匂いを嗅ぐことで振動の発生源を絞り込むこともできる。Mobやプレイヤーが振動を出せば出すほど、その対象に対するウォーデンの怒りが高まる。

ウォーデンは6秒ごとに半径20ブロック以内にいる全てのプレイヤーに12秒間の暗闇のステータス効果を付与する。胸にある魂のような物体は、暗闇の効果の脈動と同期して低く鼓動を打つ。ウォーデンの怒りが高まるにつれて、アニメーションと鼓動は徐々にスピードアップする[1]。ウォーデンは最も近くにいるMobではなく、最も怪しいと感じたMobを追いかける傾向にある[2]

ウォーデンは半径16ブロック以内で発生した全ての振動(翼の羽ばたきを除く)を感知する。他のウォーデン、防具立て、死亡しているMob、クリエイティブスペクテイターモードでのプレイヤーは無視される。スカルクセンサーと同様に、スニークしているプレイヤーが歩いたり、落下したり、発射物を撃ったりした場合は感知しない。ウォーデンが振動を感知すると2秒のクールダウンが発生する。

ウォーデンは対象ごとに怒りの度合いを0から150の数値で把握している。ウォーデンが振動を感知すると、その発生源となったMobに対する怒りに数値を加算する。振動が発射物由来であれば10、それ以外では35が加算される。ただし、ウォーデンが5秒以内に発射物に2回気付いた時は35が加算される。発射物を撃ったMobが30ブロックより遠くにいる場合は、5秒以内に2回発射したのでなければウォーデンの怒りに加算されない。怒りは毎秒1ずつ減少していき、標的が死亡したり、クリエイティブやスペクテイターモードに移行した場合は怒りは完全になくなる。

ウォーデンは攻撃あるいは接触してきたMobに敵対する。Mobに直接、あるいは5ブロック以内で間接的に攻撃されると、ウォーデンのそのMobへの怒りに100が加算され、Mobが接触した場合は35が加算される。接触による怒りには1秒のクールダウンが発生する。

ウォーデンは何もしていない時は5秒から10秒ごとに周囲の匂いを嗅いでMobを探し出す。嗅ぐ動作は4.2秒続く。嗅ぎ終わると、ウォーデンは水平方向に半径6ブロック、垂直方向に半径20ブロックの範囲内にいる中で最寄りのMobを感知する。この時そのMobに対する怒りに35が加算される。

怒りが80に達するとウォーデンは咆哮を上げ、標的への怒りに20を加算しターゲットを追跡し始める。この状態では、ウォーデンは他の振動を無視してターゲットへと向かっていく。

ウォーデンはプレイヤーをひいきしており、他のMobに怒っている時でも、プレイヤーの発した振動や、プレイヤーの攻撃や接触を受けた場合にはプレイヤーを優先して標的にする。他のMobの場合はこのようなことはない。ウォーデンは他のウォーデンを除く全てMobを追跡し攻撃する。ウォーデンは発射物やトロッコなどの非Mobエンティティが発した振動も追跡することができる。

「興奮が収まって」から60秒経つまでの間に一切振動を感知しなかった場合、地面の上にいるウォーデンは地面に潜ってデスポーンする。液体中にいる場合は潜りもせず即座にデスポーンする。潜っていく動作は5秒間続く。出現時と地面に帰っていく間は、/killコマンドを除き一切のダメージを受けないが、エンティティやピストン、液体に押されることはある。名前をつけたウォーデンは潜りもデスポーンもしない。

ウォーデンの近接攻撃は0.9秒のクールダウンを持ち、を5秒間使用できなくする。ターゲットが索敵範囲内にいるが、地上高くや壁の向こう側など近接攻撃が使用できる位置まで近づけない場合は、強力な衝撃波の溜め動作を行う。具体的にはウォーデンが標的を感知してから10秒、ウォーデンが近接もしくは遠隔攻撃を行ってから5秒経過し、さらに標的が水平方向に半径15ブロック、垂直方向に半径20ブロックの衝撃波が届く範囲にいると、衝撃波を使うようになる。衝撃波はブロックや他のMobをダメージ無くすり抜け、標的のみを直に攻撃する。溜め動作に1.7秒かけた後、攻撃を展開し、射程内にいる標的に即座にダメージを与える。衝撃波を放つと1.3秒のクールダウンが発生し、再び近接攻撃を使えるようになるまで合計3秒かかる。衝撃波は胸部から即座に放たれる青緑色の音波のパーティクルとして視認できる。衝撃波は盾や防具、エンチャント、さらにはウィザーの防具をも貫通する。耐性のステータス効果のみが唯一ダメージを軽減することができる。

サウンド[]

サウンド字幕分類説明名前空間ID字幕キー音量ピッチ減衰
距離
ウォーデンが怒って唸る敵対的生物索敵中にランダムに鳴るentity.warden.agitatedsubtitles.entity.warden.agitated1??
ウォーデンが鼻息を立てる敵対的生物ウォーデンの出現時と、ランダムに鳴るentity.warden.ambientsubtitles.entity.warden.ambient1??
ウォーデンが激怒する敵対的生物ウォーデンがターゲットを定めた時に鳴るentity.warden.angrysubtitles.entity.warden.angry1??
ウォーデンが打撃を与える敵対的生物ウォーデンの近接攻撃時に鳴るentity.warden.attack_impactsubtitles.entity.warden.attack_impact1??
ウォーデンが地面を掘る敵対的生物ウォーデンがデスポーンする時に鳴るentity.warden.digsubtitles.entity.warden.dig1??
ウォーデンが死ぬ敵対的生物死亡時に鳴るentity.warden.deathsubtitles.entity.warden.death1??
ウォーデンが出現する敵対的生物ウォーデンが地面から現れる時に鳴るentity.warden.emergesubtitles.entity.warden.emerge1??
ウォーデンの心臓が鼓動する敵対的生物ランダムに鳴るentity.warden.heartbeatsubtitles.entity.warden.heartbeat1??
ウォーデンがダメージを受ける敵対的生物ダメージ時に鳴るentity.warden.hurtsubtitles.entity.warden.hurt1??
ウォーデンが気付く敵対的生物ウォーデンが振動に気づくentity.warden.listeningsubtitles.entity.warden.listening1??
ウォーデンが怒って気付く敵対的生物ウォーデンが振動源に向かっていく時に鳴るentity.warden.listening_angrysubtitles.entity.warden.listening_angry1??
ウォーデンが近づく敵対的生物ウォーデンがスカルクシュリーカーに1度呼ばれたときに鳴るentity.warden.nearby_closesubtitles.entity.warden.nearby_close1??
ウォーデンが前進する敵対的生物ウォーデンがスカルクシュリーカーに2度呼ばれたときに鳴るentity.warden.nearby_closersubtitles.entity.warden.nearby_closer1??
ウォーデンが近くに迫る敵対的生物ウォーデンがスカルクシュリーカーに3度呼ばれたときに鳴るentity.warden.nearby_closestsubtitles.entity.warden.nearby_closest1??
ウォーデンが咆哮を上げる敵対的生物エンティティをターゲットするentity.warden.roarsubtitles.entity.warden.roar1??
ウォーデンが嗅ぐ敵対的生物近くのエンティティを探すentity.warden.sniffsubtitles.entity.warden.sniff0.75??
ウォーデンが衝撃波を放つ敵対的生物ウォーデンが衝撃波で遠隔攻撃するentity.warden.sonic_boomsubtitles.entity.warden.sonic_boom1??
ウォーデンが攻撃を溜める敵対的生物ウォーデンが衝撃波の準備をするentity.warden.sonic_chargesubtitles.entity.warden.sonic_charge1??
ウォーデンが歩く敵対的生物歩行entity.warden.stepsubtitles.entity.warden.step0.3??
ウォーデンが触角を打ち鳴らす敵対的生物振動を検知するentity.warden.tendril_clickssubtitles.entity.warden.tendril_clicks1??

技術的情報[]

ID[]

Java Edition

名称名前空間ID翻訳キー
ウォーデンwardenentity.minecraft.warden

Bedrock Edition

名称名前空間ID数値ID 翻訳キー
ウォーデンwarden131entity.warden.name

エンティティデータ[]

ウォーデンは、様々な状態に結びついたエンティティデータを持つ。 Java Edition

詳細は「エンティティフォーマット」を参照
  • エンティティデータ
    • すべてのエンティティに共通するタグ
    • すべてのMobに共通するタグ
    •  anger: ウォーデンの敵対状況。
      •  suspects: ウォーデンと敵対しているMobの一覧。
        • 敵対しているMob
          •  anger 怒りのレベル。最大値は150で、毎秒1ずつ減少する。
          •  uuid: The UUID of the entity that is associated with the anger, stored as four ints.

進捗[]

ウォーデンは「逃げることが最良の手段であり倒すことは不可能に近い天災」として追加された[3] ため、ウォーデンを倒すことに関する進捗は存在せず、モンスターハンターの討伐種数にも計上されず、モンスター狩りの達人の達成要件にも含まれていない[4]。その代わり、ウォーデンから逃げることを目的とした進捗が存在する。

詳細は「進捗」を参照
アイコン 進捗 ゲーム内での説明 前提条件 実際の条件(異なる場合) 名前空間ID
Advancement-plain-raw.pngスニーク100スカルクセンサーまたはウォーデンの近くでスニークして感知されないようにする 冒険スカルクセンサーから3ブロック以内、あるいはウォーデンから5ブロック以内でスニークする。adventure/avoid_vibration

歴史[]

2020「Stalker(ストーカー)」という名称の初期案を元にコンセプトアートが作成された。
Warden (pre-release 1).png 初期の「Stalker」のデザインがゲーム内で再現された。
Warden (pre-release 2).png Warden (pre-release 2 alternate).png 「Stalker」のデザインには2つ目のバージョンがあり、この案の場合エンティティやプレイヤーを追いかける際に高さと幅が低くなるように変形したり、通常時は財宝のトーテムに擬態することができていた。見た目が間抜けすぎるように見えあまり怖くなかったため、このアイデアは廃案となった。
2020「Hollowed(ホロウド[訳註 2])」という名称の初期案を元にコンセプトアートが作成された。
Warden (pre-release 3).png 初期の「Hollowed」のデザインがゲーム内で再現された。
見た目がおぞましくMinecraftには合わないと判断されたため、このアイデアは廃案となった。
2020年3月10日Warden (pre-release 4).png ウォーデンがMinecraft Live 2020で発表された。
2020年10月6日ウォーデンのサイズと行動のティーザー画像がBrandon PearceのTwitterに投稿された。
2021年10月16日Warden.png Minecraft Live 2021でウォーデンの新しいテクスチャと行動が発表された。
2021年11月26日ウォーデンに嗅覚がある事が発表され、「匂いを嗅ぐ」動作を通じてプレイヤーやMobの大まかな位置を感知し、追跡・到達できることが判明した。また、最も近くにいるプレイヤーやMobよりも、匂いの源として最も疑わしい方を優先して追いかけることが判明した[5][6]
2021年12月18日ウォーデンの出現時の様子が発表された。
Java Edition
1.19Deep Dark Experimental Snapshot 1Warden JE1.png ウォーデンが追加された。
22w11aこの非実験的スナップショットではまだウォーデンは追加されていなかった。
22w12aウォーデンが再び追加された。
ウォーデンはアンデッドではなくなったことに加え、近接攻撃の範囲が垂直方向に広がり、新しい攻撃のアニメーションが追加され、水中で減速しなくなり、溶岩や炎に耐性を持つようになった。
22w13aレールの上を歩けるようになった。
22w14aウォーデンに接触した生物にはプレイヤー以外も怒るようになった。
22w15aウォーデンは、プレイヤーが壁の裏にいたり高いところにいるなどして近接攻撃が届かない際に、壁を貫通する衝撃波を放って遠隔攻撃ができるようになった。
より遠くからプレイヤーの匂いを検知できるようになった。
ウォーデンの怒りに干渉するMobの範囲が、上6ブロックから上20ブロックに広がった。
22w17aウォーデンが死亡時にスカルクカタリストをドロップするようになった。
遠隔攻撃のダメージ値が30♥ × 15から10♥♥♥♥♥に抑えられた。
遠隔攻撃のクールダウンが5秒から2秒に変更された。
衝撃波が盾や防具を貫通するようになった。
22w18a衝撃波のパーティクルのテクスチャが変更された。
22w19a衝撃波でのダメージが難易度に依存するようになった。
ウォーデンを召喚するのに必要なスカルクシュリーカーの起動回数が4回になり、未使用サウンドentity.warden.closestが使用されるようになった。
Pre-release 3衝撃波でのダメージがダメージ軽減のエンチャントで軽減されなくなった。
Bedrock Edition
2021年12月9日Warden.png ウォーデンのコードがJava Editionから移植された。
2021年12月17日ウォーデンがブロックに潜るアニメーションが新しく発表された。
Wild Update
(Experimental)
beta 1.18.30.32「Wild Update」の試験的なゲームプレイの下で、ウォーデンが追加された。
1.19.0beta 1.19.0.20試験的なゲームプレイが無効でもウォーデンが利用可能になった。
ダメージを受けた時、死亡時、怒って気付く時のサウンドが追加された。
デスポーンしたエンティティに対する怒りレベルが保持されるようになった。
他のウォーデンや無生物に対して怒らなくなった。
beta 1.19.0.26近接攻撃の範囲外の標的に対して、壁をすり抜ける衝撃波攻撃を行うようになった。
より遠くからプレイヤーを嗅ぎ分けられるようになった。
垂直方向に気付ける範囲が6から20ブロックに増加した。
プレイヤーのみならず接触したMob全てに怒るようになった。
他のMobよりプレイヤーを優先して攻撃するようになった。
beta 1.19.0.28死亡時にスカルクカタリストを1個ドロップするようになった。
衝撃波によるダメージが30♥ × 15から10♥♥♥♥♥に減少した。
衝撃波のクールダウンが5秒から2秒に短縮した。
衝撃波が盾や防具をすり抜けるようになった。

トリビア[]

  • ウォーデンの名前の候補としては、他に「Stalker(ストーカー)」や「Hollowed(ホロウド[訳註 2])」があった[7]
    • Stalkerは背が高く非対称で、光るコアを有しており、Deep Darkバイオームの至る所でトーテムのようにして出現する予定だった。コアでプレイヤーをおびき寄せて困らせるために、Stalkerはコアが奪われようとするまでの間完全に静止していた。また、コアを奪われないようにするために、高さ1ブロックの形態に変形することができた。この案は、特にその外見と変形の様子が怖いというよりも間抜けであったため、廃案となった[8]
    • Hollowedは集合体恐怖症を煽ることを目的として設計されており、穴の開いた白い肉を有していた。この案はあまりにもおぞましすぎると開発者に判断されたため、もう少し怖さを和らげる必要があった[9]
    • 「The Secrets of Minecraft」の第6話において、エンダードラゴンウィザー、プレイヤーキャラクターがジョークの個人名を持っているのと同様に、ウォーデンの個人名がWilliam(ウィリアム)であることが冗談半分で明らかにされた。またこのエピソードにおいて、Wardenという単語は「War」と「Den」という単語に冗談めかして分割された[7]
  • Brandon Pearce(kingbdogz)は自身のツイートにおいて、ウォーデンの胸の魂はその言い伝えにおいて非常に重要であると述べた[10]
    • Kingbdogzはウォーデンは「11」(音楽ディスク)の終盤で聞こえる「モンスター」に触発されたものであるとも述べた[11]
  • 偶然にも、スピンオフゲームのMinecraft: Story ModeにもWardenという名前のキャラクターが存在する。ただし、このキャラクターを基にウォーデンというMobが作成された可能性は低い。
  • ウォーデンは盲目であることが意図されているが、スペクテイターモードでウォーデンの視点を見ても視界は通常通りである。

ギャラリー[]

アニメーション[]

開発者によるスクリーンショット[]

コンセプトアート[]

このギャラリーにおけるいくつかのコンセプトアートは、元々は洞窟と崖アップデートのために作成されたものである。

動画[]

ゲーム内の様子[]

脚注[]

  1. “Currently the Warden's heartbeat gets faster the more angry or "close" it is to finding its prey. In real time, this has really felt like it mimics the panic level of the player itself — the closer the Warden is to finding you, the more anxious you're probably going to be.”@kingbdogz、2021年10月17日
  2. “Also currently it sniffs out the mob/player that it is most suspicious of, rather than the nearest mob/player.”@kingbdogz、2021年11月26日
  3. “You shouldn't be killing Wardens, they are designed to be unkillable”@kingbdogz、2021年8月17日
  4. “No”@kingbdogz、2021年7月7日
  5. “Kinda. Wardens have no capability to detect players through vision. It technically has no idea where the player is, a system tells the Warden a general location that the player MIGHT be, not exactly. Only when the Warden suspects a mob enough that it knows their exact position”@kingbdogz、2021年10月16日
  6. “Also currently it sniffs out the mob/player that it is most suspicious of, rather than the nearest mob/player.”@kingbdogz、2021年10月16日
  7. a b "The Secrets of How We're Making the Warden" – Minecraft – YouTube、20221月21日
  8. “Some ideas we had for early iterations of the Warden. stalkers were going to have a glowing item in the middle of its chest that you would also randomly find throughout the biome floating on totems. The idea was stalkers would stand perfectly still to "fake" those glowing items.”@kingbdogz、2022年1月22日。
  9. "146 - From Modding to Mojang with Kingbdogz // The Spawn Chunks: A Minecraft Podcast" – The Spawn Chunks @ 2:55 – YouTube、2021年6月21日。
  10. “In terms of character, the souls in its chest were incredibly important to its lore and, likewise with the color palette. It all comes together to tell a story that I think can be really more unsettling than any of these previous iterations, despite it being less "gory".”@kingbdogz、2022年1月23日
  11. "Ask Mojang #11: All About Caves & Cliffs" – Minecraft – YouTube、2020年10月30日
  12. “Looking kinda short there, Iron Golem.”@kingbdogz、2020年10月6日
  13. “warden x ancient city sneak peak”@cojomax99、2022年2月15日
  14. “Warden whines”@kingbdogz、2022年2月17日
  15. “And here is another version which was what Sculk looked like with the Stalker iteration”@kingbdogz、2022年1月22日
  16. “That Sculk with a version of the Stalker”@kingbdogz、2022年1月22日

注釈[]

  1. 日本語で「番人」を意味する。
  2. a b 「空洞」という意味。
Advertisement