Minecraft Wiki
Advertisement

アメジストジオード。

アメジストジオード(英:Amethyst Geode)は、地中に生成される構造物である。滑らかな玄武岩方解石から成り、アメジストアイテムブロックの唯一の供給源となる。

生成[]

アメジストジオードはY=-64からY=30の間で、チャンクあたり124の確率で自然生成される。生成時に洞窟や廃坑などの構造物を上書きする。時折、深海の海底など、表面に露出していることがある。

構造[]

アメジストジオードはアメジストブロックと、ランダムに存在する芽生えたアメジストからなる空洞と、それを取り囲むように生成される方解石の層、それらの外殻となる滑らかな玄武岩の層から構成される。アメジストジオードは95%の確率でひび割れた状態で生成される。

洞窟はアメジストジオードのひび割れた部分が洞窟に面している稀なケースを除いてアメジストジオードと接続されない[1]

歴史[]

2020年10月3日アメジストジオードがMinecraft Live 2020で発表された。
Java Edition
1.1720w45aアメジストジオードが追加された。
21w08a外殻層を構成する岩石が凝灰岩から滑らかな玄武岩に変更された。
空中に浮いて生成されなくなった。[2]
21w20a生成頻度が、チャンクあたり130から153に減少した。
1.1821w41aY=30より上の場所に生成されなくなった。
生成頻度が1.17の水準に合うように調整された。
Bedrock Edition
1.17.01.17.0.50試験的なゲームプレイでのみ、アメジストジオードが追加された。
1.17.0.52アメジストジオードが試験的なゲームプレイから外れた。
beta 1.17.0.56生成頻度が、チャンクあたり148から153に減少した。
1.18.0beta 1.18.0.20Y=0より下の場所にも生成されるようになった。[3]
beta 1.18.0.21Y=30より上の場所に生成されなくなった。
生成頻度が1.17の水準に合うように調整された。

問題点[]

「アメジストジオード」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[]

  • 生成される構造物にもかかわらず、「構造物の生成」オプションがオフになっていても生成される。
  • アメジストジオードの形状や層の重なり方が、現実世界のアメジストジオードのものと同じようである。

脚注[]

  1. MC-205854
  2. MC-214782 – "Geodes can generate floating in caves" – resolved as "Fixed"
  3. MCPE-141326 – "[Experimental] Amethyst Geode doesn't generate on negative Y levels / below Y=0" – resolved as "Fixed"
Advertisement